未分類

【年利300%】誰も知らない「PancakeSwap」でお金を増やす方法。

 

日本ではほっとんど解説がないんですが、最近はこれ使ってお金増やしてます。

 

年利300%も狙える「PancakeSwap

PancakeSwap」って……知らないですよねw

ブロックチェーンを使った資産運用の仕組みで、Binanceが開発する「Binance Smart Chain(通称BSC)」で動いています。

中央集権的ではありますが、それゆえにイーサリアムより手数料が安く、柔軟に運用ができて気に入ってます。

ふだんは「月利10%とか詐欺です」と言ってるんですが、このサービスは……なんと年利300%くらい出ます

イケハヤ基準なら詐欺ですが、とりま今回は詐欺ではないです。ぼくも……高級車が買えるくらいの資金突っ込んでますw

まずは論より証拠。「CAKE-BNB FLIP」は年利換算300%です。

スクリーンショット 2020 11 01 14 51 53

年利300%ということは、100万円が1年で400万円になる計算です。

が、もちろんそんな話は甘くなくて、さすがにこれはリスク(不確実性)が高いです。「CAKE-BNB FLIP」のリスクについては後述しますね。

ぼく自身は「USDC-BNB FLIP」で運用しています。こっちはミドルリスク・ミドルリターンです。
スクリーンショット 2020 11 01 14 56 16
「USDC-BNB FLIP」は年利25%程度を安定的に出してくれてますね。1000万円置いておけば、一年後に1,250万円になります。かなりの利回りです!

さて、ちんぷんかんぷんだと思いますので、もう少し説明をしていきましょう。

 

「イールドファーミング」という稼ぎ方。

どのようにしてお金が増えるのかというと……。

まず、「PancakeSwap」は、通貨の交換(Swap)サービスであることを理解するといいでしょう。

さまざまな通貨を、ブロックチェーンを使って簡単に交換できます。

スクリーンショット 2020 11 01 14 58 48

為替レートは自動で計算され、よほど特殊な売買を行わないかぎり、取引所と変わらない感覚で利用できます。

通貨の交換をどのように実現しているかというと、ここではユーザーが預けた資金が使われています。

ぼくは「USDC」「BNB」を預けていますが、誰かがこの通貨ペアを交換するときに、ぼくの資金の一部が使われているわけですね。

で、資金プールにお金を置いているぼくらは、このときの交換手数料(0.17%)をもらうことができます。もらえる手数料は、プールにどのくらいの割合でお金を提供しているかで変わります。

でで、さらにですね。

資金提供者には、交換手数料だけでなく、独自の仮想通貨も付与されちゃいます

PancakeSwapの場合は「CAKE」という仮想通貨がもらえます。CAKEは現在1単位あたり20〜25円ほどです。

先ほどお見せした高利回りは、このCAKEの分配によって実現されています。

勘がいい人は気づくと思いますが、CAKEの価格が下がれば、それだけ利回りも下がります

分配は売り圧になるので、実際に、CAKE価格は下がりつづけています。が、それでもなお年利換算では300%程度の数字が出ています。

いくら見た目の利回りが高くても、溜め込んだCAKE自体の価格が下がってしまえば、トータルのリターンは小さくなります。もちろん逆もしかりで、CAKEの価格が上がれば大きなプラスを得ることもできます。

ここらへんがなかなかゲーム性があって楽しいんですよね〜。

 

1. PancakeSwapの始め方。

ここでは、PancakeSwapの始め方をわかりやすく解説しましょう!ちなみにクソ難しいです!!!!

始めるにあたってはいろいろなルートがあります。

まずは「Binanceの口座を持っていて、しかもBinanceに資産がある人」について説明しましょう。

 

2. Metamaskをインストール&セットアップ。

この場合はかんたんです。まずは「Metamask」というChromeアドオンをインストールしてください。偽物がたまに出回っているので、こちらのリンクからクリックすると安全です。

Metamaskをインストールしてウォレットをセットアップしたら、ネットワークを選択し「カスタムRPC」を設定します。

スクリーンショット 2020 11 01 15 11 30

カスタムRPCの内容を、以下にセットします。

Network Name: BSC Mainnet
New RPC URL: https://bsc-dataseed1.binance.org/
ChainID: 56
Symbol: BNB
Block Explorer URL: https://bscscan.com/

これでBSCに接続できるようになります!

PancakeSwapを開いて「Unlock Wallet」を選択し、Metamaskを接続しましょう。問題なく繋がっていれば、利回り(APY)などが表示され、画面を操作できるようになります。

3. BinanceからMetamask(BSC)に資産を移す。

で、BinanceからBSCに資産を入れましょう!

Binanceの出金機能はBSCにももちろん対応しています。引き出し画面から、資産をMetamaskウォレットに移しましょう。

このとき、かならず「BEP20」という規格で、Metamaskのアドレスにトークンを送りましょう。紛らわしいですが、BEP2で送ると資金をロストします……。

スクリーンショット 2020 11 01 15 16 39

使い勝手的には、Binanceを使ってBNBに交換して送るのが早いでしょうね。もちろん、BTC、ETHなどもBSC版に変換して送ることができますが、それだけ送金回数が増えるので、少額ならまとめた方が早いです。

また、必ず送金テストをしてから送りましょう。ど素人が試すと、マジでミスりますw 送金ミスで消えたお金は取り戻せないので、ドキドキしながらテストしてください。

 

無事にMetamaskに資産が移り、PancakeSwapに接続できたら、あとひといき!

PancakeSwapのプールに資金を投入しましょう。

PancakeSwapの場合、必ず資金は「ペア」で入れる必要があります。「BNB+CAKE」のようなイメージですね。

スクリーンショット 2020 11 01 15 22 02

初心者におすすめなのは「BNB+BUSD」ペアです。BUSDはPancakeSwap上で簡単に手に入るので、手持ちのBNBを適当に交換しましょう。

なお、提供した資金はいつでも回収できます。手数料はかかりますが、1回の操作で10円程度なので、手数料負けすることはそうそうありません。ここらへんはBSCのいいところですね!イーサリアムだと1回の操作で1000円とかかかりますから……。

資金の提供が完了したら、その証明として「FLIP」というトークンがもらえます。

「Farm」から、預けた通貨ペアを選択し、FLIPをApprove&Stakeしましょう!
スクリーンショット 2020 11 01 15 25 29

正常にStakeができていると、リアルタイムにCAKEが増えていきます。「Harvest」でいつでも収穫可能。
スクリーンショット 2020 11 01 15 25 55

収穫したCAKEは、PancakeSwap上で任意の通貨に交換できます。

また、CAKEそれ自体をStakeすると、あらたにCAKEがもらえます。Pancake大好きなぼくは、ひたすらにCAKEを増やしまくってますw 

 

Binanceに口座がない場合。

「Binanceなんか使ってないし、仮想通貨持ってないっす」という人についても説明します。

いろいろなルートがありますが、まずはcoincheckで口座を作るのがいいでしょうね。

で、イーサリアム(ETH)を買います。ETH以外でも大丈夫ですが、以下はETHに合わせて解説していきます。

Binance BridgeでMetamask(BSC)に送金。

さて、ここからはちょっと難しいです!

まずは上で解説している「2. Metamaskをインストール&セットアップ。」を終えてください。

MetamaskにBSCがセットアップできたら、coincheckで購入したBTCを、MetamaskのBSCウォレットに送ります。

このとき、ETHは別のブロックチェーンに移動することになります(イーサリアム→BSC)。手続きがやや難しくなりますが、がんばりましょう。

異なるチェーンからの移動には、「Binance Bridge」を使います。

ここでETHを、BSCに「Peg-in」すると、PancakeSwapで扱えるようになります。

スクリーンショット 2020 11 01 15 32 41

Peg-inのやり方も書いておきますね。

  1. MetamaskをBSCに切り替える
  2. Binance Bridgeに接続
  3. ETHを選択
  4. 送付したい量(Amount)を指定
  5. Next→Confirm
  6. 提示されたアドレスに、coincheckから指定した量のETHを送付

この手続は時間がかかるので、のんびり待ちましょう。coincheckからの送金が遅いことがあるんで、1時間、あるいは数時間待つこともあります。

また、ミスする可能性もあるので、やはり少額で試してみてください。

特に、送金額を間違えると資金ロストする可能性があるので要注意です。

無事にウォレットに資金が着金したら、PancakeSwapにアクセスし、ETHが入っているか確認しましょう。「Balance: 」の横に数字が記載されていればOKです!

スクリーンショット 2020 11 01 15 39 50

あとは上で解説した「4. Poolに資金提供、FLIPをStake。」と同じ流れです。お疲れさまでした!

なお、資金を元のブロックチェーンに戻したい場合は、「Peg-out」を行います。基本的には同じ手続きなので、Peg-inのやり方がわかれば問題なく利用できるでしょう。

リスクは??

気になるのはリスクですよね。ハイリターンなだけあって、実はそこそこリスクがあります。

まずは「コントラクト(プログラム)のバグ」です。

PancakeSwapのコードは第三者機関に監査されているので、他のプロジェクトに比べてリスクは小さいですが、何が起こるかわかりません。今は良くても、今後追加される機能がバグを生む可能性もあります。

続いて「Binanceが規制されるリスク」です。

BSCは分散型っぽい仕組みですが、実態としてはBinanceが管理・運営している状況です。業界的には、Centralized-DeFi(中央集権的分散型金融)とか言われてますねw

Binanceが各国政府に規制された場合は、BNBの価格が急激に下落、そしてBSC自体も運用が破綻する可能性もあります。もしそうなりそうなら、急いでPeg-outしないとダメですねw

 

特に高利回りのプロジェクトトークンを購入する場合は「Impermanent Loss(IL)」にも注意してください。

これは説明すると長くなるので、参考記事を貼り付けておきます

ざっくりいうと「対象トークンの価格変動が大きい場合、預け入れた資産が実質的に目減りすることがある」という感じです。

高利回りに釣られてボラティリティが高いマイナートークンをプールに入れると、あとで引き出したときに大損する可能性があります。PancakeSwapなら「CAKE+BNB」ペアはILのリスクが高いので注意しましょう!

 

ユーザー目線で地味にでかすぎるのは「操作ミスによる資金ロスト」ですw

やってみるとわかりますが、まだまだネイティブにブロックチェーンを使うのは、かなり難しいんですよね……。

アドレスひとつ、ネットワークひとつ間違うと資金ロスト。実際、1億円くらいの送金ミスが最近あった記憶が……。きついですねぇ。

 

PancakeSwapは問題ないと思われますが、BSCには普通に詐欺プロジェクトも多く存在しています

つい先週も「Vice.Uno」というプールが、500万円くらいの資産を盗んで消えていきました。明らかに触っちゃダメだったのでぼくは避けてましたが、引っかかった人はそこそこいましたね……。

とはいえ、詐欺師の絶対数を見るとBSCよりイーサリアムのほうがヤバいので、イーサリアムのほうが怖いといってもいいのかも。いずれにせよご注意ください。

 

レッツファーミング!

というわけで、かなり面白いのでブロックチェーンでマネーゲームしたい方はぜひ。

BSC触ってる人は日本で100人もいない気がしますw 操作ミスに気をつけて試してみてください〜。

PancakeSwap

[PR]

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange