未分類

iDeCo(確定拠出年金)マジでおすすめ…!今から始める人向けにいろいろ教えるよ

資産運用の方法ってホントいろいろありますよね。

これだけ選択肢が多いとどれを選んでいいのかで迷っちゃいそうですが、これ選んどきゃ間違いないっていうのが、iDeCo(確定拠出年金)です。

と言うか資産運用してるならiDeCo利用しない選択肢はマジでないと思うっていうぐらい、いろいろな点で優れている方法です。

すでに資産運用始めている人でiDeCo利用してない人は今すぐに検討始めるべきだし、これから資産運用始めようとしてる人はまずはiDeCoからスタートするのがいいでしょう。

今回は今から資産運用を始めてみようかと考えてる人向けに、iDeCoについて詳しく説明したいと思います。

そもそもiDeCo って何?

iDeCoとは、運用先や掛け金の金額などを自分で決められる個人向け年金制度のことです。

企業に勤めている人は厚生年金、自営業やフリーランスの人は国民年金に加入している人が多いと思いますが、これらの年金では年金加入者自身が資産を運用しているわけではありません。

iDeCoは自分の判断および自分の責任で運用できる年金だということが、厚生年金や国民年金とは大きく異なります。

資産運用の必要性や機運が高まっている現在において、イケハヤ的には非常におすすめの方法です。

iDeCo にはメリットがたくさん!

冒頭から繰り返し「iDeCoはおすすめ」ということをお伝えしていますが、それだけ強く推すほどのメリットがiDeCoにはあるんです。

以下では、iDeCoのメリットをまとめて説明していきますよ。

節税効果がすごい

iDeCoがすごいのは、数ある資産運用の方法の中でも節税効果が群を抜いていることです。

資産運用をするうえで税金は大きな敵ですが、iDeCoには以下に示すような3つの大きな節税効果があります。

掛け金が全額所得控除

iDeCoの掛け金は全額所得控除の対象になるため、所得税や住民税の支払い負担を軽減することができます。

そのまま遊ばせておくと税金がかかってしまうお金でも、iDeCoの掛け金として利用するだけで所得控除の対象になるというから驚きですよね。

iDeCoの掛け金は最大で毎月68,000円まで(職業によって上限金額は異なります)設定できるので、上限金額でiDeCoを利用した場合、毎年80万円ちょっとのお金が課税対象じゃなくなるのって大きすぎません?

運用益が非課税

普通、資産運用で得た利益(運用益)には20%ちょっとの税金がかかりますが、iDeCoの運用益はなんと非課税なんです。

たとえば資産運用で20万円の運用益を得たとしても、iDeCo以外の方法だと4万円近くが税金として持っていかれてしまうため、実際の利益は16万円近くになってしまいます。

運用益がもっと多くなると支払わなければならない税金もその分多くなることを考えると、運用益が非課税であることがどれだけありがたいことか分かりますよね。

受け取り時の税金も軽減してもらえる

iDeCoでは運用が終わった後のお金は、年金として定期的に受け取るか一時金としてまとめて受け取るかが選択できますが、残念ながら退職金や年金のようなお金にも税金はかかってきます。

ただ、年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金として受け取る場合は「退職所得控除」と、どちらの場合でも何らかの控除の対象になるので、支払う税金は比較的少なくて済みます。

受け取る金額が少ない場合を除いては税金をゼロにすることはできないものの、通常よりも少なくて済むのであれば、非常に助かる制度と言えるでしょう。

少額から始められる

資産運用と聞くと、ある程度まとまったお金がないと始められないようなイメージを持っている人もいると思いますが、iDeCoの掛け金は毎月5,000円から1,000円単位で設定できます。

毎月5,000円であれば、飲み会を1回不参加にするなどすれば十分捻出できる金額ですよね。

積立で運用できる分、初期投資が少なくてもOKなので、すぐに始めやすいのは大きなメリットです。

もちろん毎月の掛け金が多いほうが運用の効果は高いですが、掛け金を多くすることで今の生活が立ち行かなくなったら意味がありませんので、無理のない範囲で運用することが大事です。

選択肢がたくさんある

iDeCoを取り扱っている金融機関は多いので、まず金融機関選択の段階で、自分に合ったサービスを行っているところを選びやすいです。

続いてiDeCoでは、資産の運用先を数十個程度用意してくれていることが多いので、運用先に関しても自分の資産運用スタンスと合致するところを選べます(運用先の数は金融機関によって異なります)。

金融機関の選択肢も多く、その後さらに資産の運用先の選択肢も多いとなれば、文句のない選択ができる可能性は高いでしょう。

リスクとリターンを自分である程度調節できる

選択肢がたくさんあるということと多少関連しますが、リスクとリターンをある程度自分で調節しやすいのも、iDeCoの大きなメリットの1つです。

リスクを抑えながら堅実に運用したい場合は定期預金などを運用先に選べばいいですし、資産を増やすことに少し比重を置きたい場合は、投資信託などを運用先として選べばいいわけです。

資産運用の世界では、気に入った運用方法があったとしても、リスクとリターンの関係でその方法を断念せざるを得ないようなこともありえます。

自分のスタンスに沿ってリスクとリターンのコントロールができるiDeCoでは、そのような心配はあまりありません。

試しにシミュレーションしてみる

イケハヤ的iDeCoの一押しポイントは節税効果なんですが、では実際にどれぐらい節税できるのかということを、シミュレーションで確認してみましょう。

シミュレーションで用いる条件は以下の通りです。

  • 自営業者(30歳、課税所得400万円)
  • 毎月の掛け金3万円、運用利率3%で運用

30歳であればiDeCoで30年間の資産運用が可能ですが、毎月3万円を掛け金としてiDeCoを利用すると、毎年10万8,000円、30年間合計で324万円もの節税が可能になります。

運用期間・課税所得・毎月の掛け金・運用利率が変われば節税効果も多少変わりますが、これだけ大きな効果があるんですから、やらないほうが損ですよね?

また、この条件で30年間の運用を終えると、最終的な運用成績は以下のようになります。

  • 積立合計:1080万円
  • 運用益:約668万円

積み立てた金額の6割以上の利益が出るのが、長期で積み立てる資産運用の強みですよね~。

運用益として得られた668万円には一切税金がかからないということも、忘れちゃいけません。

ほかの資産運用の方法だと、この668万円には20%近い税金がかけられるので、135万円ぐらいは税金を支払わなきゃならないんですが、iDeCoならその必要もありません。

これだけ優れた資産運用の方法であるiDeCoをやらない理由、何かあります?

注意点も多少はある

とまぁここまでiDeCoを過剰なほどヨイショしては来ましたが、iDeCoを利用するにあたって注意しなければならないことがまったくないかと聞かれれば、さすがにそうは言えません。

もちろんイケハヤがiDeCoを推している立場であることは間違いないのですが、実際にiDeCoを利用する場合は、以下で挙げるようなことには注意しておいてほしいですね。

原則60歳まで引き出せない

iDeCoは年金制度として運用されることを目的としているので、原則として60歳にならないと引き出すことができません。

株式投資やFXの自動売買のような他の資産運用の方法であれば、生活資金がピンチになったときには最終手段として、資産運用に回しているお金を切り崩せますが、iDeCoではそうもいきません。

お金はあるものの手を付けられないという状態で、苦しい生活をなんとかしのぎきらなければならないのです。

特に個人事業主は、iDeCoの毎月の掛け金の上限が他の職業よりも高めに設定されていますし、収入が不安定になりやすいこともあって、多めの掛け金でiDeCoを利用しがちです。

掛け金を多くすると資産運用の効果を高められる反面、手元の資金繰りがピンチになりやすいことは、しっかり念頭に置いておきましょう。

掛け金の上限が決められている

iDeCoでは職業によって、ひと月の掛け金の上限が1万2,000円~6万8,000円と決められています。

上限が1万2,000円なのは、公務員や企業年金がある会社に勤めている会社員ですが、このような人は年間で14万4,000円しかiDeCoで資産運用できません。

自営業の方はもっとも多い6万8,000円を毎月掛け金にできますが、それでも毎年81万6,000円の運用にとどまります。

金額を多くすればするほど資産運用の効果は高まるので、できる限り多くの金額をiDeCoで運用したいところではありますが、公務員や会社員の方は別の方法での運用も視野に入れる必要があるでしょう。

もちろん資産は分散させることが重要なので、イケハヤもiDeCo一本での資産運用を勧める気はさらさらありませんが、これだけ優秀なiDeCoを投下金額的に資産運用のメインとできないのは、少々物足りないところです。

手数料が必要

資産運用を長期で行う場合、定期的に発生する手数料の影響はバカにできません。

iDeCoを利用する場合は、iDeCoを取り扱っている金融機関で口座を開設する必要があり、開設時には口座開設手数料が発生することが多いです。

この手数料は一回きりのものなのでそこまで気にする必要はないのですが、資産運用中は毎月一定の手数料を必要とする金融機関が多いので、こちらには注意しておかなければなりません。

たとえばiDeCoを30年間運用する場合、毎月200円の手数料が発生したとすると、30年間で支払わなければならない手数料は総額で7万2,000円にもなります。

「毎月200円」と聞くと全然大きな金額にようには思えないのですが、「塵も積もれば山となる」という言葉通り、ずっと支払い続ければその金額は決して無視できるものではありません。

利用する金融機関を選ぶ場合は、手数料金額にも十分注意しておく必要があります。

イケハヤ的おすすめは楽天証券

iDeCoのおすすめポイントおよび注意点は分かってもらえたと思いますので、ここまで読んでくれた人には今すぐにでもiDeCoでの運用にチャレンジしてほしいと思っています。

iDeCoはいろいろな金融機関で取り扱っているので、会社からの給料振り込みに利用している金融機関や証券口座を開設している金融機関など、自分が普段利用している金融機関でiDeCoを取り扱っていないか確認してみましょう。

ちなみにイケハヤがiDeCoを運用しているのは楽天証券ですが、楽天証券はiDeCoの口座を開設するのには非常におすすめです。

なにせ楽天証券では、先ほどiDeCoの注意点として挙げた手数料が一切発生しないんです!(事務委託先金融機関が設定する口座管理手数料などは発生する場合があります)

これは長期投資を見据えるうえでは非常に大きなメリットなので、今から運用を始めようかと考えていて金融機関には特にこだわりがないという人は、楽天証券一択といっても過言ではありません。

もちろん他の金融機関も独自の強みを持っているので、それぞれ比較したうえで最終的な結論を出してもらえばいいですけどね。

まとめ

繰り返しになりますけど、資産運用するならiDeCoは絶対にやるべき!

昔は余ったお金はとりあえず金融機関の口座で貯金しておけば、金利のおかげで利息が増えてウハウハって時代もあったけど、超低金利の現在ではそんなことは期待できません。

余ったお金を運用に回すことで節税効果も期待できるiDeCoこそが、今後の新たなスタンダードになるとイケハヤはにらんでいます(もうすでにある程度市民権得てる感はあるけどね)。

誰でも無理なく効率的に資産運用が行えるiDeCo、ぜひ試してみてくださいね。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange