未分類

英会話に再挑戦するなら「Best Teacher」—Skype英会話の「一歩前」のソリューション

スポンサーリンク

先日も取材させて頂いたBest Teacherが本日オープンしました。


「本当に話せるようになる」ための特色あるプログラム

スクリーンショット 2012 05 11 9 40 50

Best Teacherは、本当に英語を話せるようになるためのサービス。寝ている間に聴くだけでペラペラになる、とかそんな夢物語ではなく、ちゃんと話せるようになるためのトレーニングを行うことができます。


そんなBest Teacher(以下BT)の特徴は学習プログラム。

まず、学びたい内容のコースを選択します。例えば「自分の会社について話せるようになる」「道に迷った外国人を案内できるようになる」など。

スクリーンショット 2012 05 11 10 03 23

まずは各テーマについて、テキストベースで英会話を練習します。ここがBTの特徴の一つで、非同期による学びとなっています。分からないところもじっくり調べながら学ぶことができるのです。

スクリーンショット 2012 05 11 10 03 41

書いた英文を、世界中にいる英語教師たちが添削してくれます朝、文章を提出して、昼休みに添削された文章をチェックする、といったスタイルの学習が可能になります。

スクリーンショット 2012 05 11 10 03 48

さらに、入力したテキストを英語教師が音声で入力してくれ、発音を学ぶこともできます。ここでもらった音声を、繰り返し発音し、学んでいくわけです。

スクリーンショット 2012 05 11 10 03 54

ここまでやって自信がついてきたら、実際にSkypeを通じて、先生と英会話を行います。会話の内容はこれまで取り組んできたプログラムに準じています。

スクリーンショット 2012 05 11 10 04 02


Skype英会話の一歩前

プロセスの最後にSkype英会話があることは象徴的ですが、BTは「いきなりSkype英会話はハードルが高い」と感じる初級者をメインターゲットにしています

その意味では現在主流のSkype英会話とのドンピシャの競合というわけではなく、もう一歩手前のエントリークラスを狙ったサービスとも言えるでしょう。

さらに、BTは「非同期・非対面」であるため、Skype英会話よりもフレキシブルな学習が可能になります。これまでに類似のものがない、新しい学習サービスであることが分かります。


月額3,980円で利用可能(現在キャンペーン中で初月は1,050円)

価格は英会話サービスとしては安価な、月額3,980円。20レッスンの受講が可能です。TechCrunchに100名分の招待コードが掲載されているので、英会話をちゃんと学びたい方はぜひ登録してみてください。

これまで英会話を学び、挫折してきた人は非常に多いと思います。僕自身もその一人です。BestTeacherはそういう「挫折組」を救うソリューションになるのではないか、と期待しております。


より詳しくは、こちらのコンセプト動画をぜひ。


スポンサーリンク