未分類

[ インタビュー ] 途上国の女性の「美」を支援する「Coffret Project」

スポンサーリンク
スクリーンショット 2012 05 10 9 04 35

現在Readyfor?でも資金調達中のCoffret Projectの代表、向田さんにメールインタビューをしましたのでご共有です。 美を通じて女性の自立を支援する、素敵なプロジェクトです。

Coffret Projectとは

スクリーンショット 2012 05 10 9 06 31 Coffret Projectはネパールにて化粧品を通じた女性のエンパワーメントを行っています。 女性はお化粧をすると、みんな笑顔をになります。でも、世界中には【装う】自由を持てない女性たちが数多くいます。 例えば、私たちが活動をするネパールのシェルターには、貧しさから売春を強いられた後、エイズなどが原因で売春宿にすらいられなくなった女性たちが暮らしています。 今回はReadyfor?を通じて、ネパールにてシェルターで暮らす女性向けにメイクアップの職業訓練を実施し、女性の自立を応援したいと考えています。
Coffret Projectは、トルコで途上国の人々の声を聴くフィールドワークを実施したことをきっかけに始まりました。 トルコで調査を行っていたある日、思い切って現地の女性に「もし、今あなたが何でもできるとしたら、あなたは何をしたい?」質問してみたところ、「お化粧がしたい」という答えを貰いました。 そのとき初めて、わたしは途上国の人たちは【装う自由】すら持てないことに気付いたのです。 スクリーンショット 2012 05 10 9 13 17 帰国後、薬局などでシーズンオフのために捨てられる予定の化粧品や、一般の女性から集めた未使用の化粧品を持ち、再度トルコを訪れ、化粧体験のワークショップを行いました。 2009年7月、わたしはこの活動にCoffret Projectという名前をつけ、継続的な活動をスタートしました。 これまでに、国外へは5,000点の化粧品を、また東日本大震災の被災地(宮城県石巻市、福島県福島市)へは、計10,000点の化粧品をお届けし、化粧を通じた支援活動を行ってきました。

Coffret Projectに掛ける想い・展望

スクリーンショット 2012 05 10 9 17 09 途上国の支援において、美や装いに関するものはこれまでにありませんでした。 私自身も既存の支援(医療、教育、雇用など)の重要性は理解しています。 でも、きれいな色の口紅をつけること、華やかな香りをまとうことは果たして先進国の女性達だけのものでしょうか。 化粧をする事で自尊心を取り戻した女性達は、自分の周りの女性達を助ける活動を始めるなど、さまざまな動きを見せています。 そのような女性達を今後も支え続けるために、今回は職業訓練のプロトタイプを実施を予定しており、また、現地でBOPビジネスを始めるための準備もしています。 より多くの「途上国」の女性が、自信を持っていきられるような社会を創るために、今後も活動を続けてゆきたいと思っています。 (インタビュー終わり)
…という感じで、非常に特色のある途上国支援プロジェクトとなっています。まさに今クラウドファンディング実践中なので、ぜひ共感する方はコミットしてみてください。僕も支援しました。
以前向田さんから伺ったのですが、「旬」が重要な化粧品って、かなりの割合でまだ使える消費が廃棄され、企業はそのために相当なコストを払っているとか。 Coffret Projectが素敵なのは、そうした先進国の「もったいない」化粧品を、途上国のニーズとマッチングしている点にもあります。先進国の過剰と途上国の不足を同時に解決する美しいモデルです。 Coffret Projectはこれから羽ばたこうとしているプロジェクトです。ぜひ一緒に支援しましょう。Readyfor?での出資はもちろん、まずはいいね!からでも最高の支援になると思います。

Coffret Projectが驚異の追い込みで目標金額達成—クラウドファンディングの成功要因を分析

前日の段階であと150万円が必要な状態だったので、正直達成は無理だろうなぁ、と思ってました…。

が!なんと驚異の追い込み(最後の13時間で150万追加!)でプロジェクト成立となりました。クラウドファンディング凄まじいですね。感動しました。

 

高額インセンティブとインフルエンサーが鍵

Ihayatoblog 2012 05 24 13 22 12

わずか13時間で150万円を調達という、まさに驚異の追い込み。

驚異の追い込みを実現した一つの要因は、プロジェクトのインセンティブ設計でしょう。

特にこちらの50万円の視察ツアーが、強力な資金追加になったことが想像されます。10万円の報告も4件出ているので、こちらもパワフルです。

Ihayatoblog 2012 05 24 13 04 19

ここから言えるのは、勇気を持って高額のインセンティブも用意しておくと良い、ということでしょう。特に今回のような寄付型のプロジェクトにおいては重要なポイントだと思います。

 

もう一点はインフルエンサーの支援が最後に爆発した、というのが大きいのではないかと推察します。

MOVIDA JAPANの孫泰三さんの支援砲!

Ihayatoblog 2012 05 24 12 59 58

1.4万人近いフォロワーを持つsakanoeさん。

「婚活時代」の白河さん。

若手の社会起業家として注目されている矢島さん。

他にも数千から数万のフォロワーを持つ方が何人も拡散支援をしてくださっています。

僕も誕生日と絡めて支援させて頂きました。14シェア、135いいね!なので、我ながら悪くないヒットを打てたと思います(ご協力頂いたみなさまありがとうございました!)。

Ihayatoblog 2012 05 24 13 10 34

というわけで、今回の追い込みは

・高額インセンティブの用意があったこと・インフルエンサーの多数の支援があったこと

が鍵になっているのではないかと感じました。

もちろん、その背景には向田さんの真摯な想いとこれまでの実績、共感に耐えうる素晴らしいプロジェクトがあります。言うまでもない前提ですが、それがあってこその成功でしょう。

 

本人は現在飛行機の中

で、ドラマチックなのが、24日13:00現在、向田さんはシアトルから日本に向かうフライト中で、まだプロジェクトが成立したことを知らないんです(!)。夕方頃には日本に着くようです。

書き込みを見ると成立を諦めている感じがするので、帰国した時の反応が楽しみです。いやー、絶対泣きますよね。これは僕でも泣きます。迎えに行きたいレベル。

Ihayatoblog 2012 05 24 13 00 09

支援は今日いっぱい集めているので、ぜひコミットしてみてください。

ネパールで売春宿から保護された女性達にメイクアップ職業訓練を(向田麻衣) Ihayatoblog 2012 05 24 13 20 40

お金以外にも、いいね!による支援もできます。ポチっといいね!

スポンサーリンク