未分類

[ インタビュー ] 福岡・太宰府で毎週ソーシャルメディアについて学び合う!「太宰府ソーシャル倶楽部」

スポンサーリンク


「太宰府ソーシャル倶楽部」という活動をなさっている山岸さんのお話をSkypeで伺ったので取材記事としてご共有。とっても素敵です。お楽しみください!

始めた理由

長らく東京でSEをやっていたが、体調を崩してしまい、療養も兼ねて九州に居を移した。いざ地方に来てみると、地方の方々は、まだまだインターネットやPCをうまく使えていないことに気付いた。

ソーシャルメディアひとつとっても、東京では自分と同年代の人はみんな使っているが、地方にはそもそも利用する文化がない。

太宰府は観光地で、歴史もある素敵な街。太宰府の参道は700万人の観光客が訪れる。

比較的恵まれた地域だとは思うが、太宰府をもっと盛り上げたいと思い、地域のために活動している方は少なからずいる。しかし、そういう素敵な取組みをしている方々は、インターネットを活用するという考え方を持っていなかったりする。

彼らの活動を見ていて、せっかく地域を盛り上げる素晴らしいことをやっているのなら、ソーシャルメディアを活用して、色々なプレーヤーとつながり、活動を広げていくとよいのではないか、と感じた。これが太宰府ソーシャル倶楽部を始めたきっかけ。

太宰府ソーシャル倶楽部の活動内容

スクリーンショット 2012 05 08 9 05 09

インターネット、パソコン、ソーシャルメディアについて学び合うリアルなコミュニティを運営している。週に一度地元の飲食店で集まり、知識や疑問を共有している。

当初は2〜3人でも来てくれたらいいな、と思って始めたが、色々な方のサポートも頂き、今では毎回5〜10人集まるようになった。去年の7月から始めて、昨日で31回開催した。毎回の参加者は、常連さんが半分、新規の参加者が半分という感じ。地元の自営業の方、太宰府を盛り上げたいと思っている志のある方が主に参加している。

「週に一度開催」を大切にしている。セミナーなんかに行くと、一回2時間で3000〜5000円取られる。しかも、使っているうちに分からないところが出てくるので、一回受けただけでは不十分。

ちょっと分からないとき、気軽に聞ける場所を作りたかった。月一回だと一回逃してしまうと聞けるのが2ヶ月後になる。週一なら一度逃しても2週間後には疑問が解決する。


今後の展望

スクリーンショット 2012 05 08 9 05 28

太宰府にもNPO/ボランティア団体が100以上ある。彼らの支援をしていきたい。

大きなNPOは情報をしっかりと発信しているが、小さなNPOはほとんど発信していない。せっかく良いことをしているのに、これはもったいない。地域のために頑張る方々こそ、地元の人たち、日本中の人たちに活動を知ってもらい、つながっていく必要がある。それが町づくり、地域づくりに繫がっていくと思う。

太宰府ソーシャル倶楽部は、そういう方々を繋げていく、サポートしていく立ち位置を目指していく。

また、引き続き「週に一度」は実践していく。一番上が本気さを見せないと誰も付いて来てくれない地域を盛り上げたいと言っている人は多いが、実際に継続的な行動を取っている人はそれほど多くない

教える側の仲間として、PC教室の先生や、ムードメーカーとなってくれる方もコミットしてくれている。多様な才能が集まり、順調にコミュニティが育っている。

先日体調を崩してしまったとき、会の中止を呼びかけたら、パソコン教室の先生が代わりに主催してくれ、問題なく会が開催された。コミュニティの主がいなくても回ることが理想だと考えていたので、これはとても嬉しかった。

先日「太宰府着物倶楽部」というプロジェクトも立ち上がった。太宰府を着物が似合う町にしていく、という目的のプロジェクト。太宰府はアジアからの観光客が増えている。着物を着て歩いている人がいれば魅力を感じてもらえるだろう。太宰府ソーシャル倶楽部は、そうしたプロジェクトのサポートを行っていく。

ソーシャル倶楽部をロールモデルにしていきたい。情報発信、集客、仲間集めの成功モデルとなり、「あの人たちができているのなら」という形で地域を元気にする取組みを波及させたい。まだ立ち上げて半年だが、継続して取り組み、目の見える結果を出していきたい。


今の課題は?

太宰府ソーシャル倶楽部は、仕事をしながら夜の時間を使ってやっている。今は難しいが、今後は一般の方向けに、昼の時間にも学びの時間を提供していきたい。普通の市民の方々、情報を受ける側の方々もインターネットを使えるようにならないといけないと思う。

また、デザイナーの手も不足している。もともとSEだったので、インターネットのインフラ部分は構築できるが、デザインは得意ではない。wordpressを使っているが作り込みまでは手が回っていない。協力してくれるデザイナーの方を探している。


以上、インタビュー内容でした。

働きながら継続して取り組まれていることに感銘を受けました。毎週実施というのはなかなかできません。山岸さんの熱意に応えるように、仲間も集まり活動が広がっているようですから、今後の発展がとても楽しみです。

デザイナー募集中とのことですから、現地、または遠隔でお手伝いできる方はぜひご連絡してみてください。


関心がある方はぜひいいね!を押して活動の情報をチェックしましょう。


スポンサーリンク