未分類

トラフィックを生み出すエンジンとなりつつある「NAVERまとめ」

スポンサーリンク
スクリーンショット 2012 05 01 18 05 12


リファラの傾向が変わってきました。NAVERまとめが増えてきています。


バズるまとめに入れるか

スクリーンショット 2012 05 01 18 09 47

NAVERまとめのトラフィックは既にblogosを抜いて、8位となっています。先月の今頃は20位くらいだったので、大分リファラが増えてきているようです。

さらに深堀してみると、顕著にトラフィックの山が見られ、「バズる」まとめに掲載されることが重要であることを示唆しています。

直近の山は2,300はてブ、637RTの「【パワポ】&【keynote】の資料を作る時に、もの凄く勉強になる記事まとめ 」によって生み出されています。下記の記事を紹介して頂けました。

年間100回近く人前で話して分かった、プレゼンにおける5つの学び


セルフまとめによるトラフィック流入も?

一部の方はすでに始めていますが、自分のメディアへの流入を増やすために、自分でまとめを作成するという戦術も取りうるでしょう。

僕の場合なら、例えば「国内クラウドファンディングサイトまとめ」というまとめを作成し、関連リンクとして「マーケティングツールとしてのクラウドファンディング」「クラウドファンディングのKickstarterが絶好調—2012年は3億ドルを集めるプラットフォームに」という記事を紹介しても良いでしょう。まとめがバズれば、僕の記事にまでトラフィックが流入する可能性があります。

「ノマド」系のネタは最近受けやすいので「もう満員電車とはおさらば!ノマドワーカーになる人が読むべき記事・書籍まとめ」なんてまとめを作り、その中に「なぜ人はノマドに憧れるのか」という記事を入れ込んでもいいでしょう。


その気になれば、月間2〜3万UU程度の流入は獲得できそうです。まとめインセンティブもあるのでメディアのPRだけでなく、収益源にもなるでしょう。「ステマ」にならないよう、コンテンツ選定と情報開示はポイントになりそうです。

膨大なトラフィックを生み出すとなると、PR目的の質の悪いまとめも増えていくでしょう。ここら辺をどう規制していくのかに注目ですね。


スポンサーリンク