未分類

セルフブランディングのためのツイッター利用マニュアル

現在プロボノで関わっている、エイズ孤児支援NGO/PLASのメンバーに向けてツイッターの利用マニュアルを簡単に作ったので、内容を修正しつつブログにもポストします。
これはツイッターを用いてセルフブランディングをしていこう、と考えている方向けのマニュアルです。万人に推奨しているわけでもないですし、誰もがこんな使い方をできるわけもない、とも認識しています。ソーシャルメディアの使い方なんて、自由であるべきだと思います。

<追記>
また、“実体験の伴わないセルフブランディング”への懸念も抱いています。特に、若い学生の間で「セルフブランディング」という言葉が一人歩きしないよう、慎重に情報発信していきたいと思います(池田力哉さん、ご指摘ありがとうございました)

その上で、こんなマニュアルです。

【利用目的】

・関係の構築
セルフブランディングを意図したツイッターの利用においては、「関係の構築」を目標として意識すると良いかと思います。フォロワー数を増やすことを目的とするのは、ちょっと本質的ではありません。
・価値の提供
ソーシャルメディアの世界はフラットです。年齢、学歴などは関係なく、どんな「価値」を提供できているかが重視されます。あなたしか生み出せない、Authenticな価値を提供することで、普通に生きていては得られないような体験を得ることができるでしょう。
・学びの向上
ソーシャルメディアに飛び込むことは、集合知にアクセスすることでもあります。あなたが適切に価値を提供していき、向上心を失わなければ、ほとんど無限に学び続けることができるでしょう。

【実践編】

1.アカウントを作る
意外と重要なのが、アカウント名です。基本的には本名を使い、RTされることを考えると可能な限り短い方が良いと思います。
テクニックとしては、アカウント名で自分をアピールするという手段もあります。例えば社会企業家でネットスクエアード代表の市川さんは@SocialCompanyというアカウント名です。アカウント名は設定画面から変えることができるので、変える場合でも新しく作る必要はありません。

2.プロフィールを充実させる
160文字を可能な限り活用しましょう。これはマニフェストですから、第三者が「この人はどういう信念で活動しているのか」を分かるようにしましょう。自分の「テーマ」を掲げるつもりで書くと良いかと思います(僕は「日本にソーシャルメディアの風を!」です)。
アイコンはできれば自分の写真が良いと思います。アイコンで誰のツイートかを判断している人も多いので、あまり変えるのも良くないと思います。

3.個人的なことはあまりつぶやかない
プロが8割、パーソナルが2割程度の目安が良いと思います(プロが10割でも良いと思います)。友人との連絡など、どうしてもパーソナルな使い方がしたければ、別のアカウントを運用するのが良いでしょう。セルフブランディングにおいては「価値」を提供することが重要です。「風呂なう」「コーヒーなう」は、多くの場合価値がありません。

4.モニタリングして、フォローする。
ツイッター検索でキーワードをモニタリングして、興味深いツイートをしている人をフォローしましょう。フォローされたことは本人に通知が行くので、そこからつながりが生まれるかも知れません(実際、フォローがきっかけで知る/知ってもらうことは多いです)。ですが、過度なフォロー返しの期待は精神的に疲れるので止めましょう。貴重な言葉を購読する、というつもりで取組むと良いでしょう。

5.興味深い発言をRTする。@でやり取りをする。
関係を構築していくためには、積極的なRT、@を使ったやり取りは重要です。モニタリングの中で興味深い言葉や議論があったら、積極的にRTすると良いでしょう。その際、ただRTするだけではなく、一言でも自分の考えを付加すると良いでしょう。他人の生み出した価値をただ引用するだけでは、あまり価値はありません(一定の価値はもちろんありますが)。
同様に、@で意見を交換することも有用でしょう。ただし、ツイッターは議論には向いていないので、深い話をすることは難しいです(発言主がそれを望んでない場合もあります)。質問や異議を飛ばす際などは、考慮する必要があるでしょう。

6.ブログ・ニュースなどを購読し、自分の意見を発信する
RSSリーダーなどでブログやニュースを購読紙、感じたことを積極的につぶやいて行きましょう。これを日々のルーチンにすることをお勧めします。140字で収まらないのなら、それは自身のブログに書きましょう。

7.ブログとの連携
ブログを書いているのなら、積極的にツイッターと連動させましょう。ブログの更新をアナウンスする、ツイッター上の誰かのツイートをブログで紹介・考察する、などの取組みが良いと思います。

8.主要な専門領域以外の側面を
得意とする専門分野の範囲内で、可能な限り幅広くターゲットを設定するとなお良いでしょう。(僕の場合だと、「ソーシャルメディア」だけでなく、「社会貢献」というアプローチも取っています。)
もちろん+αで掲げるテーマは、自身の興味に即している必要があります。そうでないと、発信する情報の質も落ちてしまうと思います。

 

というような内容。実体験から考え出した内容ですので、あんまり普遍的ではないかも知れません。特に「8.主要な専門領域以外の側面を」は人によってはやらない方がいい場合もありそうです。絶対的のマニュアルであるつもりは毛頭無いので、ほんのご参考までに、という感じでどうぞ。

 

 

続いて、言葉の違和感についてのお話。

セルフブランディングという言葉

個人的には「セルフブランディング」という言葉に違和感は感じていなかったのですが、どうもこの言葉に、どこか引っかかる人がいるようです(そうした方を批判しているつもりは毛頭ありません、念のため…)。

僕はセルフブランディングについては、肯定派です。社会人であれ、学生であれ、現状をもっと良くしたいと考えているなら取組む価値のある課題です。もちろん全ての人ができるとは思ってはいませんが、基本的にはオススメしたいと考えています。

iPhoneとTwitterと”新聞テレビ断末魔”と”セルフブランディング”

そんな状況の中、ぼくらはiPhoneを手にしてTwitterで”ひとびと”とつながった。そして『ネットがあれば履歴書はいらない』から”セルフブランディング”という啓示を受けた。

“セルフブランディング”は決して、フリーランスになろう独立しよう、と言っているわけではない。これからは、会社にいてもセルフブランディングした方がいいよ、ネットの中での”じぶん”を確立していった方がいいよ、と説いている。会社員も、会社員である前に”ナニノナニガシ”さんなのだから、と、言っている。

ぼくたちはもはや、会社員である前に、個人なのだ。

この記事は非常に刺激的です。セルフブランディングという言葉に興味があれば、是非ご一読いただきたい内容です。

 

セルフブランディングにおいて重要なのは、自分がどういう「価値」を提供できるか、だと思います。
いみじくも、今日出会った起業家の学生、廣瀬高志君が(@takashi413)良いツイートをしてくれています。

今日思った仮説。「今就活してる大学3年生は、三井物産で10年働くより、10年間ひたすらスワヒリ語を勉強して『アフリカと日本なら自分』ブランディングをしていくほうが10年後の年収が高い」

http://twitter.com/takashi413/status/9206851907

 

関連書籍では下記の二冊が概要理解に繫がると思います。

Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」

 

オリジナリティのあるテーマを掲げて、それに見合った活動をして、自分をブランド化していく…普通に大企業に勤めるよりも、年収は確かに高くなるかも知れません(セルフブランディングは勤めながらでも勿論可能ですが)。

 

セルフブランディングという言葉の違和感は、もしかしたら「中身のないブランディング」への懸念から生じているのかも知れません。僕自身、特に学生にセルフブランディングを勧める機会がしばしばあるのですが、その場合は「セルフブランディングはまずコンテンツありき。オフラインの体験があって初めて可能です」と伝えるようにしています。

佐々木さんが刺激的な新書を出版なさったように「セルフブランディング」はこれからの時代、一つのキーワードになるだろうと考えています。そうした信念の下、僕自身もセルフブランディングに力を入れています。まだまだ実験途中ですが、かなり良い成果を得ることができています(転職が決まりましたし、ソーシャルメディアを通じて様々な人とつながることができました)。

セルフブランディングは素晴らしい活動ですが、言葉が独り歩きするのは、望ましくないです。「体験」と「熱意」が必要ですし、情報発信のための「技術」と「時間」も必要です決してハードルは高いものではないですが、楽な道ではないとも思います。

例えば、セルフブランディングには、何かしらのテーマを掲げる必要があります。僕は不相応ながらも「日本にソーシャルメディアの風を!」というものを掲げています。テーマを掲げるには覚悟が必要ですし、何よりテーマに見合った活動や能力が求められます。
「すごいテーマを掲げてるけど、ただPCの前でカタカタやってるだけじゃん」「情報発信はすごいけど、オフラインで会ったら全然仕事ができないやつだった」…なんてことではダメなわけです(自戒を込めて)。

セルフブランディングはオススメします。が、楽な道ではありません。それを理解した上で、ソーシャルメディアを用いてセルフブランディングを実践していきたい方がいらっしゃいましたら、是非ともに頑張って行きましょう。

実験段階ですが「セルフブランディングのためのツイッター利用マニュアル」というものも作成しています。何かのご参考になればこちらも是非。自分で言うのもなんですが、本気でやるならかなりストイックに使っていくことが求められそうです。

 

ソーシャルメディアは最良の「セルフブランディング」メディア

ここ2週間で僕の人生は少しだけ変わりました

graph

上のグラフはこのサイトのアクセス分析結果です。ご覧の通りものすごい山があります。これは以下の2つの記事が数多くRTされ様々なサイトで紹介された結果です。
「ケツの穴の小ささ」が企業のソーシャルメディア利用を失敗に導く
(要約記事)2010年、ソーシャルメディアの6つのトレンド

この2つの記事を書く以前は、サイトへのアクセスは一日0~10アクセスでしたが、現在では毎日100人以上の方々に訪れていただけています。ツイッターのフォロワーも2週間で300人以上増えました(現在420名)。

また、クマムラゴウスケさん、イケダノリユキさんを始めとする著名なソーシャルメディアマーケティングの専門家とも知り合うことができ、さらに主催する研究会では、多くの素晴らしい方々の参加を得ることができました。ちょっとしたアメリカンドリームならぬ、ツイッタードリームです。

中学生の時分から10年以上ネットを使って情報発信をしてきて、曲がりなりにもネットランナーで連載を書くに至った、という経歴を持っておりますが、こんなにも短期間にWEB上の活動が一定の成果に結実することに、改めて驚きを隠せません。

特にツイッターは圧倒的です。このツールなくしては、ここまで成果を出すことは不可能だったでしょう。このスピード感と影響力は、従来のメディアにはない力を持っています。ユーザー数の伸びしろはまだあるというから、なお末恐ろしい。

思うに、5年ほど前までは、WEB上の活動というものは所詮バーチャルであり「娯楽」の粋を出ないものだったように感じます。しかし今は、ソーシャルメディアでの活動が現実に直結しつつある。

ソーシャルメディアの力を「てこ」にすれば、あなたの現実生活は大きく向上するかもしれない。ソーシャルメディアを効果的に用いれば、あなたの生活はブーストアップされるのです。

もっとも、ただ漫然とソーシャルメディアを利用しているだけでは、ノイズ以上の価値は出ません。もしあなたが何らかの分野でプロフェッショナルを目指しているのなら、ソーシャルメディア上で確固たる意見を表明すると良いでしょう(これは昨日のセミナー@kjerが仰っていたことです)。またその意見は、他人が潜在的に持っている意見を代弁するようなものが望ましいと思います。その方がより「つながる」はずですから。

ノイズは日々増えていきます。ソーシャルメディアであなたをプロモーションするためには、観客にあなたの発信する情報の「純度の高さ」をアピールする必要があります。ソーシャルメディアを利用してプロフェッショナルになるためには、あなたが一見して分かりやすい存在である必要があります。

具体的には、ブログで情報発信をする。同時にツイッターも用いて、あなたの専門分野について語る。積極的に他人の記事を紹介する、先行する専門家の言葉をRTする。ブログの内容、ツイッターの自己紹介欄とタイムラインを一目見れば「この人は専門家だ」と思えるようにする。継続的に活動を続けていけば、従来では考えられないくらいの短期間に「プロフェッショナル」としての地位を築けるはずです。

ツイッターをはじめとするソーシャルメディアは様々な利用方法が考えられますが、一つにはこうした「セルフブランディング」の側面がある思います。僕は今年入社したての若造です。そんなチンチクリンがいっぱしのプロフェッショナルぶれるのは、ソーシャルメディアの力なしでは考えられないことです。

この強力なメディアをどう使うかはあなた次第です。ソーシャルメディアはあらゆる利用方法が考えられます。僕個人としては、引き続き「セルフブランディング」メディアとして用いて、当面の目標である「日本にソーシャルメディアの風を吹き込むこと」を強い信念の下、成し遂げたいと思います。

…偉そうなポストですみません。

そんなわけで、セルフブランディング関係の洋書をご紹介です。「Me 2.0: Build a Powerful Brand to Achieve Career Success

・Generation Y世代(1975年~1989年に生まれた世代)の70%は二年以内に仕事をやめている。

もはや企業が守ってくれる時代ではない。はしごを登るように昇進するなど、もうあり得ないのだ。そうした時代には、あなた自身のブランドは、キャリアと人生における重要な拠りどころとなるだろう。

・インターネットは様相を変化し、ビジネスにおける重要なコミュニケーション手段となっている。

・あなたが求職中であるならば、人事担当者はGoogleであなたの名前を検索しているはずだ。

パーソナルブランディングは求職者のためだけではない。あなたが今の仕事に満足していたとしても、仕事の幅を広げ、人生を楽しむために有効である。

・パーソナルブランディングはキャリアにおける革命である。

・あなたは自分自身のCMO(Chief Marketing Officer)だ。「自分が何を言うか」よりも、「他人にどう言われるか」をマネジメントすると良い。

Authenticity(正真正銘さ、正直さ、自分自身でいること)が求められる。

Visibility(行動をオープンにすること)はチャンスを与えてくれる。

・あなたが何に特化し、何を追及しているかを他人が分かるようにする。そうすれば、他人はあなたの才能が必要になった時、真っ先にあなたにコンタクトを取るだろう。

・Me1.0の時代は、人々は企業のブランドに隠れ、外界から守られていた。

Me2.0時代は、人々は自分自身でキャリアを管理する。自分の価値を表現し、それを売り物にして他人とコミュニケーションをとる。パーソナルブランディングは成功の機会と、人生の意味を見出す機会を与えてくれる

実はまだ半分も読んでないのですが、なかなか面白い本です。セルフブランディングに興味がある方はチェックしても良いでしょう。

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange