未分類

情報収集ツールの使い分け

整理したくなったので、僕の情報発信ツールの使い分けを書いてみます。

 

1. ツイッター
2. ブログ
3. フェイスブック
4. 連載・寄稿(greenz/ソーシャライズ!など)
5. 紙の書籍

 

1. ツイッター

・実況中継含めたニュースの共有
・ブログ更新のお知らせ
・日々のメモ(後でTwilogで検索できるようにしてます)
・熱量重視の即興ツイート

という使い分けです。文字数制限もあり、かなり文脈を端折ってしまうこともあるので、たまに意味不明だと思います。その意味では、一番批判や誤解を受けやすいメディアとなっています。

 

2. ブログ

ツイッターと役割はほぼ同じですが、こちらはもう少し丁寧に書いています。読者層としては、僕と価値観が近い(=共通言語の多い)人たちをイメージしています。

なのでこちらも説明を端折ることがままあります。例えば「評価経済」「シェア経済」という言葉については、ブログでは特段の説明を加えません。たまたま訪れた読者の方からは、意味不明だという意見をしばしば頂きます。

 

3. フェイスブック

上手く活用できていないメディア。ブログの更新情報の発信くらいにしか使えていません。玉置さんのようにセミクローズドコミュニティを設けて、オープンな発信を抑えるのもありだなぁ、とか考えています。

 

4. 連載

こちらは読者層が根本的に違うこともあり、かなり丁寧に書いています。特に講談社のソーシャライズ!は、「ウェブに詳しくないおじさん」でも分かるように心がけています。

そのため執筆に掛かる労力は、上3つと比べると圧倒的に大きくなります。ブログやツイッターはフリースタイルな即興演奏、連載記事はオーケストラでの演奏という感じ。どっちも楽しいですが、他者との調整なども含めて、連載系は色々タフです。

 

5. 紙の書籍

一番丁寧に書いているのが紙の書籍。「ウェブはよく分からない」という人が読んでも分かるように、意識して書いています。なので時間も掛かりますし、書いてて説明を端折りたい欲求に駆られます笑

かなり労苦が掛かるので、今年は書籍はそんなに出さない予定です(昨年は4冊書きました)。年末に余裕ができれば新書サイズを一冊書きたいところです。

 

僕の課題はフェイスブックの位置づけが明確でないことですね。

アップデートのコメント欄やグループを使った議論などに使うことができそうです。うまいやり方を考えたいと思います。

 

ライターとしては、上から下にいくにつれて、書く負担も読者の幅も小さくなります。こうした小さく、負荷の少ない圏域で創作活動を行うのも一つの手段なのかも知れません。

多くの人に言論を知ってもらいたい、ということであれば、下の方のツールにも頼らざるを得なくなるでしょう。ツイッターやブログの「楽さ」に慣れてしまうと精神的にきつかったりするんですが、そこは努力でカバーですね…。

 

皆さんはどんな使い分けで情報発信を行っていますか?他のツールも含めて、ぜひ自分のポートフォリオを見直し、それについてご自身のツイッターやフェイスブックで情報共有してみてください。

 

 

こちらに続いて、講演などでたまに聴かれるのでもう少し書いてみます。

 

情報受信ツールとしては、下記のものを利用しています。

1. ツイッター
2. フェイスブック(特にグループ)
3. RSSリーダー
4. vingow
5. zite
6. Gunosy
7. オフラインイベント、Meetup
番外. 自分で情報発信する

 

1. ツイッター

いわゆるキュレーターを中心にフォローしているリストで、最新のニュースを受信しています。佐々木俊尚さんユリコカイさんtommyさん西村さんがテック系だとおすすめです。

 

2. フェイスブック(特にグループ)

なるべく距離を置くようにしています。見るとハマっちゃうので…。

ただ、グループに関しては素晴らしい情報収集ツールとなっています。下記、僕が参加しているグループです。特に行政/政治のグループは情報の質がハンパないです。関心がある方ぜひ。

Social Business Lab(ソーシャルビジネス ラボ)
国際協力ネットワーク
CSRコミュニケーションを考える
行政/政治分野のソーシャルメディア活用を研究する会

 

3. RSSリーダー

あまり巡回できてませんが、友人や、本ブログ読者の方のブログはRSSで閲覧しています。週に2回ほど15分ほど時間を取ってざーっと拾っています。

昔はニュースサイトを全てRSSで見ていたのですが、量が処理しきれないので止めました。ニュースサイト系は、下記に紹介するキュレーション系のツールに頼っています。

 

4. vingow

国内情報の収集ならvingowが一押し。精度の良いGoogleアラートという感じ。

特に収集に手間が掛かるニッチな情報(僕の場合「CSR」「復興支援」「NPO」とか)はかなり強みがあります。まだβ版ですが、十分使える完成度です。モバイルアプリも開発するというお話だったはずなので、心待ちにしています。

 

5. zite

vingowの英語ニュース版という印象。トピックごとに読むべきニュースを自動的にキュレーションして表示してくれるiPhoneアプリです。

ソーシャルメディアとの連携もスムーズで、UXが優れているアプリです。この分野だとFlipboardが有名ですが、ziteはより精度が高い印象。どちらも使いましたが、僕は断然zite派です。

 

6. Gunosy

昔ははてブのホットエントリーを全て拾っていたのですが、量が多いので止めました。その代わりに使っているのがGunosy。印象的には、はてブのホットエントリーを集約して毎日メールで届けてくれるツール、という感じ(もちろんはてブに掛からないニュースも表示してくれます)。

 

7. オフラインイベント、Meetup

情報収集という意味では、オフラインの場は非常に重要です。各種ピッチイベントや、少人数のMeetupにはなるべく出席するようにしています。

生で聞くことで、ファウンダー・チームメンバーの人柄や、オンラインでは知ることができない課題なども聞くことができます。時間に余裕のある限り、人には会っていきたいですね。

 

番外. 自分で情報発信する

逆説的ですが、情報を発信することによって、情報は自分のところに集まってくるようになります。特に7.に関しては顕著で、僕はブロガーなので様々な「タレコミ」や「記者限定イベント」への招待を頂く機会があります。

扱うテーマに関して、本当に深い情報を得たいのなら、自分でも積極的に情報発信をしていくと良いでしょう。継続的にコンテンツを作り続けるのはかなり難しいことなので、真似できる人は少ないです。ぜひトライしてみてください。

 

仕事柄、情報は命綱なのでかなり意識的に最適化しています。日々スタイルは変わっているので、今のやり方も来月には変わっているかも知れません。

皆さんは情報収集にどのようなツールを使っていますか?ぜひソーシャルメディアで知見を共有してみて下さい。

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange