未分類

勉強会ブームの次は「”プロボノ”ブーム」?

スポンサーリンク

「プロボノ」という言葉、ご存じでしょうか?何かボノボ的な霊長類みたいですが、違います。

専門性のあるビジネスパーソンが、NPO/NGOなどのために無償で知識を提供していくことを指します。例えば僕なら、ソーシャルメディアについてのお話を無償でさせて頂いています。会計士なら経理を支援しても良いでしょう。(wikipedia日経ビジネスの記事などが参考になります)

昨日エイズ孤児支援NGO「PLAS」に、プロボノとしてソーシャルメディアについての簡単なプレゼンをさせて頂いたのですが、大変素晴らしい機会となりました。

ミーティングの帰り、ともにプロボノでPLASに関与している渡辺さん(@fwatanabe)から、良い刺激をたくさん頂けました。今回の記事を書くに至ったのは、その会話があったからです。(渡辺さん、色々と有り難うございました。)

さて本題です。昨今、勉強会がブームですが、次はプロボノがブームになる気がします。なぜならば…ということで以下メリットを羅列。

<個人のキャリアとして>

1.予行演習になる
プロボノとして社会貢献団体に関与することで、将来のビジネスの予行演習ができます。例えばWEBサイト制作にプロボノで関与するならば、新卒1年目であっても、プロジェクトマネージャーになることができます。無論これはキャリアに取って良い影響があるでしょう。

2.擬似的な転職ができる(独立の予行演習)
1と似ていますが、例えば普段はクライアントの立場にある人でも、プロボノで関わる際はエージェンシーの立場で問題に取り組むことができます。また、独立をしたいと考えている人には、プロボノは良い練習・市場調査になるでしょう。自分が会社の外でもやっていける人間かどうかを、ある程度見極めることができます。

3.人脈形成
プロボノで活動されている方は、意識の高い専門的な知識を持つ方が多いようです。そうしたプロたちと「一緒に仕事をする」ことで、ただの名刺交換よりも深い関係が構築できます。僕自身、今回の関与で渡辺さんという尊敬すべき方と知り合えたわけで…特に若い人にとっては、人脈や知識を得る本当に良い機会となると思います。

<社会への影響として>

1.社会を変える鍵
大仰な言葉ですが、プロボノは社会を変える鍵になり得ます。
NPOはNon Profitの名の通り、金銭的な利益を追求するわけではありません。しかしながら、多くの場合Non Profitであることは「慢性的な資金不足」の要因となっています。せっかく社会に良いことをしているのに「資金がないから人を雇えない、人を雇えないから資金が得られない」という悪循環に陥ってしまいます。そこでプロボノが無償で人的リソースを提供することで、そうした悪循環を断ち切るきっかけを与えることができます。

2.知識を広めることができる
プロボノ活動は言い換えれば、プロの知識を社会に広めることでもあります。僕はPLASという場でソーシャルメディアについて語り、僕がこれまで得た知識を広めています。多くの人たちがプロボノとして団体に専門知識を提供すれば、これまたきっと社会はよくなるでしょう。

一方でデメリットというか、問題もあるようです。

1.団体側がプロボノに関与を求めすぎてしまう
まだまだプロボノという概念は浸透していないため、団体側も「使えるものは使え」的に、つい求めすぎてしまうこともあるようです。あらかじめ、月にどのくらい時間を提供することができるか、関与する期間はどのくらいなのか、事前にある程度の合意を得ることが大切でしょう。

2.プロボノ側のモチベーションの維持
やはり無償でやっていますから「これ同じことを普段はお金取ってやってるのにな…」というケースも出てくるかと思います。ここら辺は本当に難しいですが、プロボノ側がメリットを感じられるように関与していける状況を、プロボノ・団体の双方が努力をして作り上げる必要があるのかもしれません。要研究です。

やってみて分かったのですが、プロボノは本当に良いです。一方で、色々と問題もあるので、プロボノで活動する際はそれなりに慎重になった方が良いとも思います。どこの団体でも良いわけではなく、無償でやっていくのですから「理念に共感できるか」「どういった人たちがいるのか」「提供する時間についての合意は形成できるか」といった点などは、しっかりとプロボノ側が精査した方が良いでしょう。後でこじれるのは良くないですから。

いずれにせよ、やってみた感じ、これはなかなかオススメです。特に経験を積みたい若いビジネスパーソンは是非考慮してみて欲しいです。この記事がプロボノ活動へのきっかけとなれば幸いです。ソーシャルメディアとの絡みはまだいずれ。プロボノ活動とソーシャルメディアは、繋がってくる話です。

 

「遊び」としてのプロボノ。遊ぶように仕事をする

来年度も引き続きPLASさんのウェブマーケティングのご支援をさせて頂くことになりました。

ウェブマーケティングだけでも、まだまだやりたいことがあるので楽しみです。彼らのスピード感は半端じゃないので、実験的に動いていくためのパートナーとしては最高です。

可能であれば、マーケターとしてがっつり入りたいところです。非営利のマーケティングを学ぶことは、自分のキャリアとしても重要だと考えています。

 

僕にとってプロボノは「遊び」です。

プロボノは自分の発言の影響が強いため、自己の力を如実に実感します。ここが楽しさの一つです。仕事では良くも悪くも、自分のインパクトはそのまま生きません。音楽で例えれば、ソロ(独演)と合奏の違い、という感じでしょうか。ソロも楽しいです。

またPLASは、一緒に動いていてめちゃくちゃ気持ちの良い人たちです。彼らの明るいエネルギーとスピード感に、強く惹きつけられています。

というわけで、プロボノは仕事では得られない楽しさを感じることができる、最高の遊びです。

 

プロボノに取り組んでいると、モチベーションについて深く考えます。

プロボノでやっていることは、「ソーシャルメディア活用のコンサルティング」という意味では、日中の仕事でやっていることは基本的に変わりません。コミットするレベルが低い今だからこそ言えるのかも知れませんが、プロボノは不思議とモチベーション高く取り組めます。ちょうどサークル活動みたいな感じですね。

 

僕にとってプロボノは「100%遊び」で、日中の仕事は「仕事が80%、遊びが20%」です。無給/有給を考えて、このバランスをもっと「遊び寄り」にしていきたいものです。

遊ぶように仕事をしたいなんてけしからん!と思われるかも知れませんが、その方が楽しいですし、僕の場合は仕事の質も高まります。

遊びだから無責任な仕事をするかというと、むしろ拘るので逆だったりします(もちろん時間との相談は必要ですが)。

 

皆さんは遊ぶように仕事をしていますか?プロボノをやっている方は、日中の仕事とのモチベーションの違いについてどう感じていますか?

コメントがありましたらフェイスブックページへお願いいたします。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange