未分類

ここ最近ツイッターのバイラル力が向上している気がする

スポンサーリンク

ここ最近、ツイッターのRT数の伸び方が変わっている気がします。


こちらのオモコロの記事はなんと9,400RT。10,000届きそう。ネタコンテンツは広がりやすいとはいえ、この数字はすごい。

【Twitter実験】もしもの時にフォロワーは助けに来てくれるのか? | オモコロ特集


例えばこちらの記事。なんと7,600RTを超えてます。ビジネス系オンラインメディアでこの数字は見たこと無いです。ページ分割されているので、記事単体で200〜300万PVくらい行ってそう。

内田樹「呪いの時代に」 ネットで他人を誹謗中傷する人、憎悪と嫉妬を撒き散らす人・・・・・・異常なまでに攻撃的な人が増えていませんか  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]


シェアノサイトの創業者で、惜しくも先日亡くなられた各務さんの心を打つインタビュー記事も、3,500RTを超えています(直接お会いしたことはないのですが、とても素晴らしい方だと人づてに聞いておりました。ご冥福をお祈りいたします)。


亡くなる2日前に、友が残したメッセージです。「結婚未満」という朝日新聞の記事になりました。… on Twitpic


U2plusのリリース記事も、1,000RT超え。魅力的なサービスとはいえ、1,000RTはなかなか見ない数字。

患者だからこそ作れた–うつ病回復支援サービス「U2plus」 – CNET Japan


パッと思い付く想像としては、ツイッターのユーザー数自体の増加と、その使われ方が変化しつつあることが要因になっているのではないかと思われます。


元々ツイッター社も「ツイッターはinformation network」という表現を使っていますし(ソーシャルネットワークではなく)、ソーシャルネットワークの色が濃いフェイスブックとの住み分けが進んできたとも言えるかも知れません(?)。


ウェブマーケティング/オンラインメディアに関わる人間としては、この変化の動向はちょっと注目しておきたい感じです。詳しい分析などを既になさっている方がいらっしゃったら、ぜひ要因の考察をシェアして頂けると幸いです。


スポンサーリンク