未分類

「名刺」を持たない生活を半年して気付いた3つのこと

スポンサーリンク

半年ほど前から、印刷するのが面倒になってしまい、名刺を持ち歩くのを辞めてしまいました。

現代日本のビジネスパーソンにおいては貴重なサンプル?かと思うので、気付いたことをまとめてみます。

 

名刺が無くても別に困らない

名刺を持っていなくても、これといって困ったことはありませんでした。今はツイッター/フェイスブックで繋がっているので、仕事の中で名刺を参照する機会もお互いにありません。

誰かに迷惑を掛けているかというと、基本的にそれも無いと思っています。相手から「連絡先教えて」と言われた時は、頂いた名刺を見て、こちらからすぐにご挨拶のメールを送っています。初対面でお互い名刺持ってない場合は、その場でフェイスブックで繋がります。

名刺の持つ「連絡先交換」という機能が、ソーシャルメディアによって価値を失いつつある、と指摘できると思います。

 

最初は気まずかったけど、もう慣れました

名刺交換って一種の儀式なので、特に最初の頃は名刺を持っていないとなんだかバツが悪い感じを抱いていました。ドレスコード気にしないでパーティに来ちゃったような。

なんですが、振り返ると、いつの間にかそうしたバツの悪さは無くなっていきました。僕が日々名刺交換する相手は、大抵僕の事を知ってくださっているのが大きいと思います。(初対面で、相手が僕を知らない場合はちょっと気まずいです。)

名刺文化が廃れないのは、こうした「バツの悪さ」が背景にはあるように思います。とはいえ、これは精神的なものなので、慣れてくると特に気にならなくなっていきます。

今となっては、自分が妙な先入観や慣習に縛られていたようにすら思います。僕のような人間にとっては、名刺の「儀礼的機能」も失われつつあると言えるかも知れません。

 

名刺以外の自己表現手法の台頭

特に士業をなさっている方の場合は、名刺って「知ってもらう」ための自己表現ツールとしての意味合いが大きいように思います。

自己表現の機会や場が限られた10年前には、「知ってもらう」ためのツールとして名刺の存在意義は大きかったはずです。しかしながら、ツイッターやブログがある今、名刺に頼らずとも自分を知ってもらい、覚えてもらうことも十分可能です。

名刺の持つ「自己表現機能」を代替するツイッターやフェイスブックが登場したことで、相対的に名刺の重要性は下がっています。僕が名刺を持たないで特に困らないのは、ブログをこうして皆さんに読んでもらっているからでしょう。

もちろん、ツイッターやブログに加えて、名刺を自己表現ツールとして導入すれば、さらなる効果が得られるでしょう(僕は名刺を手に入れる費用的・時間的コストを考えて辞めてしまいました)。

名刺代わりにツイッターを使う

ソーシャルメディアはどう社会を変えるか ③就職活動」という記事に、就職活動中の学生さん(@fwadalaさん)から興味深いコメントを頂きました。

 

当記事ではソーシャルメディアを自分のブランディングのための手段と位置づけて、就職活動をすることについて述べられていますが、私自身はもっとライトに、つまりtwitterを名刺代わりに使うことから始めています。

もちろんこれは企業が、またはその社員さんがtwitterをやっている+リテラシーがあるということが前提となるので、多くの企業に当てはまる事例ではないのですが、
IDを教えてもらい、フォローしあう。それによって、お互いのTLを覗くことで、どんな人間なのかということをアピールすることができます。

もちろん、これだけではヘッドハンティングにつながるほどのフックには成り得てはいないです。しかし、DMで連絡を取り合い、リアルな交流(≒OB訪問的な)につながろうとしています。

実際にリアルな交流に繋がりそう、というあたりは第三者ながらも、興奮してしまいます。実際に学生がこういう使い方をしている、という事例を得ることができて大変嬉しいです。

名刺代わりにツイッター、とても良いと思います。ツイートの内容によっては十分フックになり得るでしょう。もし可能であれば、さらに一歩進んでブログで熱い想いを発信すると良さそうです。

今回の話とはあまり関係ないですが「<就活>廃止論」には、学生に向けて、社会人のツイートを読むことの有用性が語られています。確かにこれは言いえて妙で、働くことのイメージ、どんな情報が求められているのか、どんな人材が求められるのか、といった情報も得ることができそうです。ツイートを購読するだけなんで、ハードルも低いです。やり方によっては、下手なOB訪問や就職説明会なんかよりも役に立つこともあるかも知れません。新しい選択肢として是非。
「就活におけるソーシャルメディア」というテーマは、後日、時間があれば改めてまとめたいと思います。ソーシャルメディアは就活を乗り越える一つの道具として、十分有効だと考えています。

 

というわけで、僕は引き続き名刺はいらないかなぁ、と思っています。名刺を復活させるのは、NFCで名刺交換ができるようになってからですね。もちろんデザイン性の高いかっこいい名刺も憧れますが、ああいうのお金掛かりますからねぇ…。

 

「名刺」は人の価値観が大きく現れる象徴的なものだと思います。就いている職業や立場によっても変わるでしょう。

ぜひ皆さんの名刺に対する価値観を、ブログやフェイスブックでシェアしてみてください。

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange