賛否両論?イケダハヤトが物申す

「やりたくないことはやらない」4つのメリット

スポンサーリンク
スクリーンショット 2016 05 31 8 52 36

こんにちは、イケダハヤトです。

ぼくは、やりたくないことはやりません。当たり前ですね。やりたくないんだから、やらないですよ、そりゃあ。

とはいえ、サラリーマンをしていた時代などは「やりたくないことも立派にこなすのが、社会人だ」とか思い込んでましたーッ!! 自分で書いててびっくりですよ!そんなアホな!

やりたくないことをやらないようにしてから、むしろ売上は伸びました。

2016年は年商3,500万円くらいです。やりたくないことを我慢してやっていたサラリーマン時代は、年収300万円でした。10倍以上!

「やりたくないことをやらない」のは、実は合理的なんですよ。どういうことか、解説していきましょう。


1. 強みをひたすら伸ばせる。

やりたくないことをやらない。それは、言い換えると「やりたいことしかやらない」ということです。

ぼくの場合は、サラリーマンをとっととやめて、専業ブロガーになりました。ブログを書くのが大好きだったからです。一日中、ブログを書いていたかったのです。

ひたすら毎日書きまくっていたら、日本の個人ブロガーのなかでは、トップクラスの位置に到達することができていました。ぼくよりブログ書くのが上手い人って、そうそういないと思うんですよね。なんせここまで、5年間くらい毎日書きまくってますから。軌跡は別途まとめておりますので、気になる方はどうぞ。


そんなぼくが、「やりたくないことをやるのが社会人だ……」と、嫌々サラリーマンやっていたら、今頃どうなっていたことでしょう!考えたくもありません。下手したらうつ病で自殺しているかも。

資本主義を生き抜きたければ、「自分の強み」を伸ばすことだけを考えましょう。苦手なことをやって、弱みを克服しようとするのは、愚の骨頂。使えない人材にしかなりませんよ。

関連記事:「弱みを克服する」という考えを捨てられない人は、仕事ができない。


2. 「無駄な苦痛」を経験しないで済む。

受験、就活、卒論、満員電車、早起き、上司からの叱責、やりたくもない仕事で残業する……あなたが経験している苦痛の大半は、無駄なものです

なんだか日本人は「成長には苦痛が伴う」という勘違いをしていますが、別にそんなことはないですよ。ぼく、毎日楽しく仕事してますが、普通に事業は伸びてますし。今まで無駄なことやりすぎたので、ほんと後悔です。

「上司に怒られる」のとか、ただの最悪な経験ですからね、それ。なんの意味もないし、意味を見出さないほうがいいですよ。「怒られるのは私が無能だからだ!」みたいな反省を続けると、本当に無能な人間になるのでご注意ください。

「やりたいことは、やらない」というスタンスを強固に持てば持つほど、その種の無駄な苦痛から距離が遠のいていきます。嫌なもんは嫌なんだから、我慢する必要はないんですよ。変に我慢してやってしまうから、いつまで経っても、ろくでもない役割が回ってくるんです。断ってください。大人なんだから。


3. クリエイティブになれる。

やりたくないことも完璧にこなすのがプロだ!やりたいことだけやっていたいなんて、甘すぎる!」というしなびた白菜のような価値観をお持ちの方もいるかと思いますが、そういう人はブラウザを閉じてください。そしてそのまま、幸せに生きて、幸せに死んでいってください。南無三。

逆ですよ。

「やりたくないことを仕事にする」ことこそ、プロ意識に欠ける行為です。当たり前でしょう、そんなの。

俺は寿司なんか作りたくないけど、親がいうから、仕方なく寿司職人になっているんだ……」みたいな人の寿司がうまいわけがないんです。

やりたくないことに創造性を発揮することはできません。せいぜい、クライアントの顔色を伺って、70点くらいのものができあがる程度。

世界を広く捉えましょう。あなたが苦手なこと、あなたがやりたくないことは、他の誰かの「得意」だったりします。ぼくはサラリーマンぜんぜん向いてませんでしたが、世の中には「サラリーマンが天職」みたいな人も、実際にいますしね。


4.「やりたいこと」が自然と回ってくるようになる。

「やりたいこと」をひたすら続けて、市場に高い価値を提供することができれば、「やりたいこと」が自然と回ってくるようになります。

ぼくはひたすらブログを書いていたら、いつの間にか、ブログを書くことが仕事になっていました。仕事としてブログを書くことが増えてくれば、ブログに注ぐ時間・エネルギーは増え、自然とレベルアップしていきます。いい循環ですね。

「やりたくないこと」をやってしまう最大のリスクは、周囲から「文句を言わない便利な人」だと思われて人生が終わることです。自分を殺してどうするんでしょ?


さっさと選択するんだ。

やりたいことしかやらないのは自分の可能性を狭める」という寝ぼけた反論が聞こえてきますが、可能性なんてさっさと狭めたほうがいいんですよ。いつまで自分探ししてるんですか?いつまでスキルアップしてるんですか?今日死ぬかもしれないのに?

「自分はこれがやりたくない」と断言できるようになるのが、大人になるということです。さっさと自由になって、自分の能力を高める方向に足を踏み入れましょう。少なくとも、それでもちゃんと、お金は稼げますよ。ぼくが言うんだから間違いない。


「そんなことを言っても……」とウジウジしてしまう方には、まずは自分の「強み」を把握することから始めるのがおすすめです。ぼくは「ストレングスファインダー」を受けて、「ブロガーになるしかねぇな、こりゃ」という諦めを得ることができました。無料でできる「グッドポイント診断」もおすすめなので、まだやったことがない方はこの機会にどうぞ。


ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。



Instagramやってます

スポンサーリンク