未分類

【フェイスブック企業事例】ハム係長の徹底した全レスっぷりが凄い件

スポンサーリンク

 

今話題のハム係長、ご存知でしょうか。伊藤ハムが開設しているフェイスブックページのキャラクターです。

タイトル通りなんですが、ここまで力入れられるのは本当に凄いと思います。研究してみたいと思います。

 

係長、このような質問に対してもわずか18分でレスを返してます。全体的にレスが高速です。

 

なんと記事にしてくれた方も。もちろんしっかりレス返してます。

 

配慮あるレスに心和みます。

 

専門的な内容もしっかり。レス速度も早い。

 

ウィットに富んだ返信ももちろん。

ちなみにユーザーによって弁当化も実現しています。感動。

 

そんでもってTV出演も既にこなしています。NHK「あさイチ」で紹介されました

その日はウォールへの書き込みは200件近くあったと思いますが、全レスしてました。ご興味ある方は6/9あたりまでウォールを遡ってみてください。

 

フェイスブックという「公園」の中で、うまく人気者になることができた好事例と言えるでしょう。

また、規模としては小さいながらも、ポジティブなブランディングや購買意向の獲得にも繋がっている点にも注目です。今後数十万人規模までファンが増えてきたら、ビジネス的なインパクトも少なからず出てくるように思えます。

(店頭で大量に売るタイプの商材なので、どの程度フェイスブックが実売に寄与しているかを調べるのはかなり難しそうですが…アンケートなどでブランド好意度などを測るのが現実的な手法になりそう)

 

ツールの使い分けとしては、ツイッターの「軟式アカウント」に比べてフェイスブックページは文字数制限がなく、やり取りが全てのユーザーにオープンになるので、ユーザーにとって有意義なコミュニティを創りやすいように感じます。

 

ただ、そんなハム係長も、「中の人」の高い属人性はおせっかいながら気になります。

現在の担当者の方が何らかの事情で担当できなくなった時に、このコミュニティをどう維持・成長させて行くかは考えておくべきポイントでしょう。将来的にキャクター運用ガイドラインの整備や、運用方法のノウハウの継承などが必要になってくるはずです

 

企業事例に見るフェイスブックページにおけるキャラクター活用

同系色としては、ファンはまだ少ないですがマンボの伝道師キャラクター「マンボくん」というページも活性度高いです。シュールなキャラクターです。ペレス・プラード楽団のマンボを広めるために生まれてきたそうです。

 

キャラ系では、ウォールへの投稿については「編集部より」と銘打ってはいますが、SUUMOも高い活性度を誇っています。女性ウケしている感じ。



 

大企業ではローソンもまたキャラクターを活用しています。4コマ漫画なんかも展開し、結構気合が入ってます。



 

ツイッターもそうですが、「友達の近況」の中にどう企業が紛れ込むか、というのは結構難しい課題です。タイムラインやニュースフィードの流れの中で、企業が直接ユーザーに配信するのは意外と困難です(皆さん企業アカウントのツイートって何社くらい見てますか?)。

 

キャラクターというアプローチは、ユーザーの心理的ハードルを超える一つの鍵となるでしょう。上の事例からも分かるとおり、キャラクターは気軽な「いいね!」やコメントを誘う力を持っています。

 

しかしながら、当然ながらキャラクター戦略を全ての企業やブランドが取れるわけでもありません。ただキャラクター使えば良いというのも短絡的です。

 

重要なのは、キャラクターを活用することでより多くのインタラクションを獲得できたとして、そのインタラクションが何に結びつくのか、をよく考えることでしょう。

伊藤ハムやSUUMO、ローソンのような商材は、高頻度のタッチポイントを持つことで第一想起や利用意向に影響を与えうるはずです。

サンプルは少ないながらも、伊藤ハムのページでは「ハム係長が好きだから伊藤ハム買っちゃいました」という書き込みも見られました。彼らのビジネス規模から考えたらまだまだ小さすぎる成果かも知れませんが、ページの規模が数万~数十万まで大きくなってくれば相応のビジネスへの影響を与えうる可能性があります。

 

極端な話ですが、B2Bの半導体メーカーがキャラを活用したページを作って10万人のファンを獲得したとしても、「キャラが好きだから御社の加速度センサーを買いました」とはならないと思います。

 

とはいえ、先ほど述べたように、友達の近況が流れるニュースフィードの中に企業ページが顔を並べるためには、キャラクターという切り口は有効に働くこともあります。

「何のためにキャラクターを使うのか」を明確にした上で、キャラクターの活用を検討してみる価値はあるかも知れません。

 

 

企業が運営するコミュニティとしては、トップレベルの活性度を誇る伊藤ハムのフェイスブックページ。ハム係長の今後に注目です。

 

この記事に対するコメントがありましたらフェイスブックページにお願いします。係長への応援はぜひ彼らのフェイスブックページに笑

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange