未分類

「生産的である」とはどういうことかを考えてみた

生産性の専門家ではないのですが、「生産的」という言葉について考える機会があったのでメモ。カレーを作りながら考えました。


考察の結果、僕の中での生産的/非生産的の判断基準は「自分以外の誰か、または社会が抱える問題を解決につながるかどうか」ということが分かってきました。


例えば会議を考えてみても、何の問題の解決に繋がらない時間は、生産的とは言い難いでしょう。

会議の円滑剤としての雑談などはもちろん意味があります。それは「会議の堅苦しさ」という問題を解決する手段という意味で、やはり生産的だからです。


そう考えると「自分以外の誰か、または社会が抱える問題」の解決にならないこと、ということは意外と少なかったりもするのですが…。例えば「誹謗中傷」という言葉で連想される行動は、その一つではないでしょうか。

自分の感情は「誹謗中傷」の結果開放されるかも知れませんが、「自分以外の誰かや社会が抱える問題」を解決しているわけではありません。「誹謗中傷」は、ともすると望ましい変化のスピードを遅くする力すらあるでしょう。後ろ向き、というとイメージしやすいです。

「誹謗中傷」という言葉は定義が難しいですが、「誰かの行動を変えるために行う提言」は、批判的な口調であっても「誹謗中傷」ではないと考えます。それは当人の抱える課題を解決しようと働きかけている、ということでもあります。


生産的な活動をした結果生まれるのは、課題を解決してくれたことに対する「感謝」だと考えます。

そう考えると、短期的な判断にはなりますが、多くの場合、「誰からも感謝されないこと」は生産的ではないと言えるでしょう。


というようなことを考えました。

「僕以外の誰か」や「社会」が抱えている課題を解決する、生産的な仕事を心がけていきたいな、と改めて一人納得した次第です。

もちろん、ここでいう「非生産的な活動」を全否定しているわけではないです。例えば短期的には非生産的でも、中長期的に見たら価値があること、というものもあるでしょう。そもそも生産性を追い求めない活動(芸術鑑賞など)もたくさんありますし、そうした受益者の存在も必要です。


皆さんの「生産的である」という言葉に関するご意見などをお寄せ頂ければ幸いです。この記事自体が生産的じゃないです、というツッコミはご勘弁を…。


(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange