未分類

プロジェクトマネジメントよりもモチベーションマネジメントを

スポンサーリンク

マイプロジェクトの時代」という視座でものごとを捉えています。


そこで思うのは、クリエイティビティとスピード感が重視されるプロジェクトにおいては、いわゆる線表を切って管理するような「プロジェクトマネジメント」よりも、メンバーのモチベーションを高め、クリエイティビティを引き出させる「モチベーションマネジメント」の方が重要だな、ということです。


例えば@little_shotaro君の「400L for Hope」は面白いサンプルだと感じています。

フェイスブックグループのディスカッションなどを見るに、彼らはいわゆる「プロジェクトマネジメント」はしていません。

構成員のモチベーションが高いため、変にスケジュールを切らずとも、非常に速いスピードでプロジェクトが推進していくのです。勿論小さな規模だからこそ、ということもありますが。


メンバーが勝手に動いてくれるので、「誰がいつまでに何をやってください」という指示をあえて出す必要がない、という点は示唆に富むと思います。

「指示出し」は非常に難しい行為です。ヘタを打つとメンバーのモチベーションと、組織へのロイヤルティを落としかねません。やりがいがなかったり、不向きなタスクを振られモチベーションが下がった…というのはよくあることでしょう。

可能なかぎり指示を出さず、やりたいようにやってもらいつつ、組織のゴールと合致させることが重要だと僕は考えています。「NPOにマーケティングの力を!」を謳うテントセンではそんなマネジメントを実践しています。勿論これはこれで困難にも直面しています。


そんなわけで、メンバーのモチベーションをマネジメントできるようになりたいなぁ、と思っています。

と、ちょうどそんなことを考えていたら、来週からBlabo!を使って皆さまに質問をできる機会を頂けました(biopioの皆さまありがとうございます!)。


http://www.bla.bo/c/go_mypro


皆さまが心がけている、「メンバーのモチベーションマネジメント」について、ぜひその機会に教えてください。企画が始まったらアナウンスします。


スポンサーリンク