未分類

(プロジェクト紹介)寄付に込められた想いを可視化する「I donated for Japan」

スポンサーリンク

素敵な話をいただき、今朝はファンドレイジング協会さんでMTG。

こんなページを一緒に創らせていただきました。



開設にあたっての問題意識の一つは、寄付というアクションにまつわる「無力感」です。

僕も今回の震災で1万円程度を寄付しましたが、そのフィードバックは得られていません。もともと期待していませんし、件数も多いので当然のことではありますが。

一方で柳井社長が10億円寄付、なんて話を聞くと、自分の貢献って何なんだろうな、とかも思ってしまうわけです。


もちろん、重要なのは額面だけではありません。寄付に込められた「想い」は、被災地にしっかり届けられれば価値のあるものです。

問題はアクションが可視化されず、十分に伝わらず、消えてしまうことです。

寄付行為を可視化することができれば、新たな寄付者が発生する可能性(「あの人が寄付しているなら私も」)、被災地に想いが伝わる可能性、寄付者の心理的満足が向上する可能性があるはずです。せっかく良いことをしているんですから、120%その力を生かしていきたいものです。


このページが、日本に寄付文化を創っていく一つの鍵に、また、被災した方にメッセージを届ける場としても機能していって欲しいです。


ある方はこんな書き込みをなさってくれました。こういう想いはなかなか見えないので、早速ページを作ったかいがあったなぁ、とひとり感じています。

「アトピッ子地球の子ネットワーク」に7000円寄付しました。うちの子もアトピー&卵アレルギーで普段から食べ物には神経質にならざるを得ないのですが、被災地のアトピーや食べ物アレルギーのあるお子さんたちは本当に大変な思いをされているのではないかと思います。一日も早く被災者の皆さまが安心して暮らせるようになりますように。

http://www.facebook.com/idonatedforJp


今回の震災で寄付をなさった皆さまは、ぜひページに寄付に込められた想いを書きこんでみてください。

まだまだβ版のページですので、ご意見・ご質問などありましたらぜひページのウォールに書きこんでください。どうぞよろしくお願いします。


スポンサーリンク