未分類

大切な人にツイッターを

スポンサーリンク

今回の震災で強く感じたのは、携帯電話と携帯メールの弱さ。


ソーシャルメディアを利用している友達の安否は数分で確認できた一方、ツイッターもフェイスブックも使っていない奥さんや親とは3時間近く連絡が取れませんでした。一度確認が取れた後も、また連絡が途絶えてしまったり…。


サブエピソードとして、地震の一時間ほど後、僕が奥さんのことを心配しているツイートを見て、奥さんの同僚の方がツイッターにて職場の安否を教えてくださいました。大分安心したことを覚えています。本当に感謝です。


というわけで、自宅で合流した後、すぐに奥さんにツイッターアカウントを取得させ、携帯にモバツイをブックマークさせておきました。これで少なくとも僕の安否はすぐに確認できます。DMの送り方も教えたので何かあった時は連絡をくれることでしょう。

実家に帰ったら、親の携帯電話にも僕のツイッターアカウントをブックマークさせておこうかと思います。


アカウントのURLを携帯にブックマークしてもらうだけでも、大分違うはずです。

ソーシャルメディアは万能ではありませんが、役立つ場面も多いです。ぜひ皆さんも大切な人にツイッターを。


スポンサーリンク