未分類

インサイト分析ができるのでコメントボックスを採用してみます

スポンサーリンク

長らく「コメントがありましたらフェイスブックページにお願いします」というアナウンスを続けてきましたが、ちょっと中断します。

というのも、コメントボックスの分析がなかなか面白いのです。昨日実装されたインサイト分析の新機能です。


昨日の夜に搭載したコメントボックスは、現在までに584インプレッションと3件のコメントを獲得しています。コメント率は0.51%。

そしてユーザーによるコメントは、902件のフェイスブック内(記述がないのですが、恐らくフェイスブック内かと…)のインプレッションを生み出し、そこから6クリックが発生しています。

コメントが1つ発生すれば、フェイスブックから2クリックを獲得できるわけですね。サンプルが少なすぎるので大いに変わっていく可能性はありますが、面白いデータです。


昨日ご紹介しましたが、「シェア」は1つあたり9クリックを生み出します。「いいね!」は1つあたり0.13クリックです。シェアはやっぱり強烈ですね。


分析機能の使い勝手を見ていきたいので、しばらくはコメントはこちらを使っていきたいと思います。

ただ、ブログのコメント欄ってなんか敷居が高いんですよね。コメント発生率がフェイスブックページより少ないようなら、これまでのスタイルに戻したいと思います。

「フェイスブックページで共有したリンクについたコメント」と、「ブログ記事のについたコメント」を統合することができれば一番なんですが、どうやら難しいようなので少し中途半端なことになっています(もし統合が可能ならご教授ください…)。


コメントがありましたら下のコメントボックスでお願いいたします。


スポンサーリンク