未分類

サイト内に設置した「いいね!」ボタンのインサイト分析が強化されました

スポンサーリンク

これはまた面白い。サイトやブログの中にいいねボタン置いている方はぜひ試してみてください。

 

サイト内で発生したいいね!とシェアがグラフ化されています。

興味深いのは矢印の部分。

僕のブログは一ヶ月で699回のいいね!とシェアが発生し、フェイスブック上で186,370回のインプレッションが発生したようです。そして、そのインプレッションは843回のクリックを僕のブログに提供した、という具合です。うーん面白い。

シェアボタンといいねボタンを個別に分析できます。

やはりシェアボタンの方が圧倒的にインプレッションとクリックを稼いでますね。

(*追記:僕のブログでは、シェアが一回されるとフェイスブック内で2,129impと9.15クリックが発生し、いいね!が一回クリックされると34impと0.13クリックが発生するようです。シェアのトラフィックへの寄与度は凄いですね。クリックで見ると70倍近い効果があるようです。)

というわけでブログにシェアボタンを導入してみました。シェアが増えるか検証します。

 

いいね!とシェアのデモグラフィックまで見れます。

僕のブログは男性読者がほとんどのようですね。

 

いいねボタンの解析のはじめ方はこちらの記事が参考になります。簡単にできますよ。

サイトに設置した「いいね!」の押され具合をデータで解析する方法

 

コメントがありましたらフェイスブックページにお願いします。よろしければ右下の「シェア」も笑

 

*もう少し分析してみました。

「シェア」は「いいね!」の約60倍トラフィックを生み出す

 

サイトに設置したフェイスブックの「いいね!」ボタンを計測・分析できる「ドメインインサイト」

意外と知られていないので改めてHowToを書いておきます。


ウェブマーケティングに関わる人は絶対に知っておいた方が良い機能です。

 

ドメイン単位でいいね!を測定

Ihayatoblog 2012 06 01 19 26 52

フェイスブックには公式に、サイトに設置したいいね!やシェア、コメントの効果を計測できる機能を用意してくれています。ウェブサイトを改善するにあたり、重要な数字も出てくるのでこれは知らないと損です。

インサイトダッシュボード」から、機能にアクセスすることができます。「ウェブサイトのインサイト」をクリックしましょう。

4 インサイト

ポップアップするウィンドウに、計測したいドメインを入力しましょう(サブドメインは計測できません)。

あとは表示されているメタタグをウェブサイトのヘッダーに追加すれば完成です。

4 インサイト 2

 

WordPressの場合

あまりコードいじったことがない!という方のためにWordpress用の追加方法もご解説。

WordPressの管理画面にログインし、外観>テーマ編集を選びます。

ウィジェット ihayato news WordPress

header.phpを探し出します。

テーマの編集 ihayato news WordPress

ファイルに記載されているHTMLタグ<head></head>の中に、先ほど取得したメタタグを追加すれば完成です。

すでにOGPなどのプラグインを入れている時などは、この設定が不要な場合もあります。その場合は、「インサイトを取得」をクリックした時点で分析画面にデータが表示されます。

 

関連記事

ついでにこちらもぜひ。こういった分析が可能になります。

フェイスブックの「シェア」は「いいね!」の約145倍クリックを生み出していた

(続報)OGPを設定したらいいね!ボタンの効果が約15倍になった件

 

スポンサーリンク