未分類

リスペクトし、エンパワーする

スポンサーリンク

尊敬する「ザッポスの奇跡」著者の石塚しのぶさんと一緒にセミナーをやるというあり得ない機会に恵まれました。コーディネートしてくれたMiyamatsu.netの宮松さんに本当に感謝です。


大感激したのは、セミナー中に石塚さんが僕の近著を褒めてくださったことです。あまりにも感激して登壇していることをちょっと忘れてしまうくらいでした。


石塚さんのそうした姿勢と、ザッポスのお話からは、エンパワーすること(権限委譲すること、力を委ねること)、リスペクトする(尊重すること)ことの価値を強く感じました。

石塚さんはものすごくフラットに、価値を見つめてくれました。まず個人という存在をリスペクトしてくれているのです。その上で、僕が提供できるバリューに合わせてエンパワーしてくださいました(「僕はこう思うけど、イケダさんはどう思う?」という振りなど)。

そんなわけで、石塚さんとのセッションは本当に楽しかったです。プレイフルでした。皆様のサポートのおかげで、なんとかあの場では、僕にしかできないような話はできたかと思います。


個人をリスペクトし、さらに能力に応じてエンパワーする、この姿勢を僕も大切にしていきたいと思います。

セミナーのテーマでもあったザッポスの企業経営は、まさに社員をリスペクトし、エンパワーするようなやり方です。

エンパワーするということは、社員のクリエイティビティを発揮できるようにするということでもあります。エンパワーメントはクリエイティビティが求められる仕事にとっては必要不可欠なものです。


また、今回のセッションを用意してくださった宮松さんもまた、エンパワーメントの達人です。石塚さんと僕を並べるって普通あり得ないんじゃ…。恐らく二度とない機会を提供してください、本当に感謝です。


コメントがありましたらフェイスブックページにお願いいたします。


スポンサーリンク