賛否両論?イケダハヤトが物申す

日本ユニセフの検索広告を叩いている人、「Google Ad Grants」を知っていますか?

スポンサーリンク

ちょいと気になる記事を見つけたので。



Google Ad Grantsを知っていますか

村上福之氏が日本ユニセフ協会がリスティング広告を出していることについて、「もやもやする」と批判しています。

ユニセフ関連ワードで、リスティングの見積もりを取ってみると、絶対1位をとろうとしたら、ざっくり、1クリック700円以上かかるっぽいです。たぶん。

おそらく、代理店を通すと多くのキーワードで1クリック1000円以上払っているケースも多いのではないかと予想されます。

日本ユニセフはGoogleにいくら払っているんだろう? – 村上福之の誠にデジタルな話

ご本人も追記していますが、Googleは非営利団体向けに「Google Ad Grants」という、無償の広告枠を提供しています。順当に考えれば、日本ユニセフ協会の広告はこの枠を使って広告を出していると思われます。

「感覚的に10,000ドルの枠に収まらないんじゃない?」という邪推があるようですが、Googleは上限40,000ドルの「Grantspro」も展開しています。日本ユニセフ協会クラスの団体だと、こちらを利用していても不思議ではないかと。ま、聞いてないのでわかりませんけどね。


とはいえ、このプログラムの知名度が低いのは間違いない事実です。村上福之氏ほどのネット通でも知らない話ですし、それどころか、NPO/NGOに関わる人でも知らない人の方が多いくらいです。

なので、この種の批判は今後も出てくると思うんですよね。「あのNPOは広告費を割いてまで寄付を集めている!けしからん!」と。その度に釈明しなくてはいけないというのは、なんとも非効率な話です。批判を受けないまでも、勝手にマイナスイメージを持たれることもあるでしょうし。

面倒くさいですが、この手の非効率を防ぐために「Google Ad Grants」と、Yahoo!Japanの同様のプログラム「Links for Good」については、ネットユーザーは知っておく必要があるでしょう。ぜひ。


「マーケティング費を割いて寄付を集めること」は「当然」

そもそも、「マーケティング費を割いて寄付を集めること」の善し悪しについての議論も考える必要があるでしょう。

合理的に考えて、寄付を集める際にマーケティングコストが掛かるのは「当然」です。そして、適切にマーケティング戦略を組み立てれば、掛けたコストの何倍もの寄付を集めることができます。

「マーケティング費を割いて寄付を集めること」が当然でないと思うのなら、ぜひあなた、「一円も使わず」「年間3,000万円」を「継続的に」集めてみてください。それができるのなら、あなたは年俸500万クラスのファンドレイザーになれますよ。どこにいっても通用する人材です。おめでとうございます。


…とはいえこれは程度の問題で、さすがに「1,000円掛けて1,010円の寄付を集める」みたいなのは効率が悪すぎると思います。日本ユニセフ協会は81%を本部に拠出しているそうですから、この種のマーケティング効率性に関する批判は当てはまらないでしょうけどね。

各ユニセフ協会は、また、ユニセフ本部からの付託を受け、市民社会への窓口として各国・地域において特有の子どもの権利問題に関する啓発活動や広報・募金活動、国際協力人材育成の取り組みなども行っております。

これらの活動を実施するにあたっては、既出の協力協定において、各ユニセフ協会がお預かりするユニセフ募金の最大25%を活用することが定められており、日本ユニセフ協会では、2012年も効率的な事業の推進に取り組み、これらの活動費への割り当てを20%未満に抑え、本部への拠出率の上でも高い水準を維持しました

ユニセフへの拠出額 | 日本ユニセフ協会


なんで日本ユニセフ協会が叩かれているのかよくわからなかったのですが、調べてみると大使のアグネス・チャン氏が、2ch、特にネトウヨ界隈で嫌われているみたいですね(国民が知らない反日の実態 – 日本ユニセフ協会の正体)。なるほどー。


ついでに、叩いている人は多分知らないであろう、寄付税制についても知っておくとよいでしょう。日本ユニセフ協会に寄付すると、税額控除を受けることができます。自治体によっては住民税が控除されますよ。

黒柳徹子氏や村上福之氏に寄付しても、当然ながら控除は受けられません。特に確定申告をする方、法人として寄付する方はご参考まで。


スポンサーリンク