賛否両論?イケダハヤトが物申す

「努力すれば成功する」というのは昔の価値観ですよ

スポンサーリンク

とても良い記事を見つけました(「産まれと才能 > 努力」だと思う人が、ひと昔前より増えていると感じるし、実際「努力が報われない世の中」になってると思う)。

努力すれば成功する、というのは昔話

「努力すれば成功する」という話は、基本的にウソだとぼくは考えています。

20~30年ほど前、高度成長期やバブル期の日本は、後者の社会であった。しかし現在の日本は、「努力しても報われない」と感じる人間が多数派を占める社会になっているように思う。そして世間の人間のこの直感は、おそらく正しい。いくら働いても上がらない給料。固定化される社会階層。産まれによる経済/教養格差の再生産。日本はかつてより、「努力しても報われない社会」になった。 「産まれと才能 > 努力」だと思う人が、ひと昔前より増えていると感じるし、実際「努力が報われない世の中」になってると思う – 自意識高い系男子

特に重要なのは経済的な背景で、高度経済成長期だったら、そりゃ当然「努力すれば成功する」可能性も高かったと思うんですよね。記事のなかで指摘されているように、今は時代が違うので、「努力すれば成功する」とは必ずしも言えない社会になっています。

生まれによる格差が明らかになる

努力が成功に結びつきにくい社会というのは、自分の人生を進める上で、自分の努力「以外」の要因、たとえば「生まれ」の影響を大きく受ける社会です。実際数字でもそうなっていますが、親世代が貧困であれば、子どもの世代まで貧困が受け継がれることになります。 いささか悲壮な未来ですが、ぼくは今後「生まれ」による格差が今よりもくっきりと、ぼくらの目に映るようになると予想しています。この世はなんら「平等」ではなく、実は確固たる「階級社会」であることが明らかになる、ともいえます(そういう分類でいえば、ぼく(とぼくの家族)は間違いなく「上位階級」に位置することになるでしょう)。 こうした階層の顕在化によって、日本社会にも「ノブレス・オブリージュ(貴族の義務)」が美徳になるとも思います。日本の衰退という抗えない波に対してできることは、社会的な強者たちに貴族道徳を浸透させていくことくらいでしょう。 ぼくが積極的に無償労働をしているのは、そんな狙いが背後にあったりします。もっとみんな、ノブレス・オブリージュを実践しましょう。恵まれてるんだから。

努力すれば成功する「かもしれない」

ぼくは自分の娘に「努力すれば成功する」と教えるつもりはありません。 そうではなく、「努力すれば成功はしやすくなるけれど、個人の努力なんてたかが知れている。努力に意味はあるけれど、それをしたからといって成功するなんて、簡単な話ではないんだよ。努力が報われないときに、落ち込んだりするのは変な話だ。自分がすべての結果をコントロールできるなんて、思い込みもいいところだからね」と教えるつもりです。長いけど、頑張って教えます。 無論、「努力なんて「無駄」だ、だから努力する必要がない」と言いたいわけではありません。「努力=成功」という簡単な話を信じてはいけない、ということを伝えたいのです。 努力して自分を変化させていくのは、それ自体が楽しいことだったりもします。娘には、そういう楽しさを知ってもらいたいとも願っています。ぼくは毎日ブログ書いていることからもわかるとおり、けっこう努力が好きな人間です。

「努力できるかどうか」は、与えられた文化的資産

もうひとつ「努力」について大切な論点は、「努力できる人間になる」ということは、その人の努力によって実現されるものではない、という事実です。 以前「「努力できる」あなたは、とっても恵まれているんですよ – ihayato.書店 | ihayato.書店」で書きましたが、「努力できる」状態というのは、外部的な環境によって育まれます。 努力というのは、ある意味で「将来の成果に対する賭け」です。そういう「賭け」をするためには、「自分ならできるかもしれない」という自分に対する自信、自己肯定感が必要です。自己肯定が弱い人は、「自分には力がないので、努力しても無駄だ」と、努力することそれ自体を諦めてしまいます。 ぼく自身も、色々な出会いがあって、家庭にも恵まれ、努力できる人間になることができました。恵まれた環境にいる鈍感な人たちは、この真実に気づくことができません。「なんであいつは努力できないんだ!怠け者だ!」と。努力できる人は、努力できない人に対する、ある種のノブレス・オブリージュがあるはずだと、ぼくは考えています。
人間は成熟する過程で、それぞれの「努力観」を身につけるべきだと、ぼくは考えています。ぼくの「努力観」は上に書いた通り、 ・経済事情を始めとする外部環境によって、努力と成果の結びつきやすさは大きく変わる ・努力は大切。けれど「努力すれば成功する」なんて簡単な話ではない ・努力できるとしたら、それはあなたが恵まれているということ(だから、努力できない人のために努力する必要がある) というものです。
コメント欄やツイッター、フェイスブック、ブロガーの方はご自身のブログで、ぜひとも、あなたの努力論を聞かせてください。

 

ビジネスの世界は、努力すれば結果が出るわけではない

青山学院大学の小林一郎先生から、刺激的な言葉を頂いたのでご紹介。

小林先生の研究室には、しばしば大学を卒業したばかりの若者たちが「会社を辞めました」という報告に訪れます。 会社を辞めた理由を聞くと、「全力で頑張ったけどうまくいかなかった。そんな自分に耐えられなかったので、辞めました」という回答が返ってくることがあるそうです。 小林先生はそんな若者に対して、「何を勘違いしているんだ。ビジネスの世界は”努力すれば結果が出る”わけがないじゃないか」とザクッと一刀両断。 「努力すれば結果が出るわけではない」、自分の境遇に悩む若者からしたら、これは目から鱗の指摘だと思います。

このブログでも書いていますが(ダメな人は失敗を「自分のせい」にする)、努力と成果が比例するというのは、危険な幻想です。 みなさんが心の底から「人生、何事も頑張ればうまくいく」と考えているのなら、それは現実を見ない理想主義的な姿勢、いや、もっといえば鈍感で傲慢な姿勢です。 努力と成果が比例するのは、せいぜい中学校の英単語テストくらいなものでしょう。そこから先の、たとえば「ハーバード大学に進学する」なんて目標になってくると、必ずしも努力すればうまくいくとは限りません。
高度な目標の達成においては、さまざまなパラメータが複雑に絡み合うのです。 たとえば「ブロガーとして成功する」という目標ひとつとっても、「良質な人脈を築けるか」「良質なネタと出会えるか」「体調が優れているか」「外部環境は良好か」などなどなどのパラメータが複雑に絡み合います。 これらのすべてが「自分の努力」で何とかなるとは限りません。わかりやすくいえば、高度な目標の達成には「運」の要素がどうやっても入り込んでしまうのです。
ビジネスにおいても同様で、スタートアップ企業なんかを見ていると、いかに本人の努力とは関係ないパラメータで成否が決まっているかを実感します。頑張るのは「前提」で、あとは「運」なのです。人との出会い、市場の盛り上がり、政府の規制…。
小林先生いわく、ちょうどこの時期は5月病のシーズンなので、会社を辞める若者が少なくないとか。 もちろん人生の選択は人それぞれですが、「ビジネスの世界は、努力すれば結果が出るわけではない」といった基本原則の誤解が原因で、自分の心身を苦しめてしまうのは、実にもったいないことです。 適切な理解があれば、まだ元気に挑戦できるかもしれませんから。ぼくがブログを書きつづけられているのは、成功も失敗も「運」だと割り切っているからです。ひたすらバットを振り続けるのみ。
頑張った人がプロ野球選手になれるわけではないのです。頑張った上で、さらに運が良い人が、プロ選手になれるのです。 同様に、ビジネスにおける成功も、頑張れば成功するというわけではありません。 みなさんがもし「これだけ頑張ってるのにうまくいかない…自尊心が持たない」と苦しんでいるのなら、それは傲慢な態度です。 そうではなく、「これだけ頑張ってるのにうまくいかない…まぁ、ちょっと運が悪いのかな」と認識を変えるべきです。これが現実に即した理解ですし、何より自分が救われます。明日も頑張る気持ちが湧き出てきますよ。

 

スポンサーリンク