未分類

Kindleストアが1周年セール中!396作品からおすすめの15冊をピックアップ

スポンサーリンク

Kindleが1周年を記念してセールを実施しています。名著がバシバシ安くなっています。約400冊のなかから、15冊をピックアップしてご共有。

Kindle 一周年セール


[599円] 採用基準

就職超難関企業と言われるマッキンゼーは、地頭のよさや論理的思考力が問われると思われがちだ。しかし元採用マネジャーの著者は、このような定説をきっぱりと否定する。マッキンゼーでは世界で通用する人材を求めており、頭のよさだけではない。それは現在の日本が必要としている人材像と同じと言える。

ちきり…じゃなかった、伊賀泰代さんの作品。タイトルは「採用」ですが、中身はリーダーシップ論です。数あるリーダーシップ本のなかでも、こちらはベストともいえる内容。騙されたと思ってぜひ。


[750円] ワーク・シフト

≪下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する≫
2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

ネット上でも大きな話題を読んだ作品。働き方本は数ありますが、これは分量・内容ともにベストの作品です。とりあえずこれ読んでおけば、今後10年の働き方はなんとなく理解できるかと。


[480円] 5年後、メディアは稼げるか―Monetize or Die ?

米国の新聞社・出版社が繰り広げている
「血みどろの生存競争」が日本にやってくる!

4カ月でビジネス誌系サイトNo.1に導いた
東洋経済オンライン編集長が予見するメディア・サバイバル

本ブログでも何度か取り上げている作品。メディアビジネスに関わる方は絶対に読んでおくべき。古本はまだ1,000円以上するのでかなりお買い得です。


[796円] MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

先進国の製造業の未来がここにある。
デジタルによる革命は、これからが本番だ――
ベストセラー『フリー』『ロングテール』を超える衝撃!

言わずとしれた話題作。未読の方は騙されたと思って読んでおきましょう。


[250円] 夕凪の街 桜の国

昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。

レビュー347件、星5つの化け物マンガ。まぁ、騙されたと思ってぜひ。紙でも読んだのですが、Kindleにも入れておきました。


[550円] 医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

◎著者・近藤誠 第60回菊池寛賞受賞!
◎医療と薬を遠ざけて元気に長生きするための47の心得

これ店頭でめっちゃ売れているようで、どこの本屋を見ても置いてありますね。レビュー322件と大反響。未読なのでポチっておきました。


[398円] 夢をかなえるゾウ

200万部を突破したベストセラー。「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」この疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。

化け物作品。レビュー630件…。内容もすばらしいですが、書籍の作りも面白いので、編集者、ライター、ブロガーの方は一読しておくとよいかと。


[618円] スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの超人気講義を完全書籍化!
明快な説得力と斬新な語り口と実践的な方法論に 「本当に人生を変える」「生涯で最も重要な一冊」 と絶賛の続く全米ベストセラー!

こちらもかなり売れた作品。レビュー136件。行動するエネルギーを貰いたい方はぜひ。


[214円] 「量子論」を楽しむ本 ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる!

素粒子のしくみから宇宙創生までを解明する鍵となる物理法則「量子論」。本書ではそのポイントを平易な文章と図解を駆使して徹底解説。

人生観が変わるくらいインパクトのある量子論。文系でもわかる丁寧な解説なので、まだこの世界を知らない方はぜひ。


[381円] 金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

2013年3月27日に仮釈放された堀江貴文、釈放後初の新刊。収監中も鮮度の高い情報を発信し続けた著者による、若者のためのビジネス書。

獄中で更新したメルマガのまとめ本。堀江さんの文章世界を知らない人はこの機会にぜひ。


[400円] ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪

就活生の最大の恐怖「ブラック企業」。大量採用した正社員をきわめて劣悪な条件で働かせ、うつ病から離職へ追いこみ、平然と「使い捨て」にする企業がそれ。誰もが知る大手衣料量販店や最大手家電メーカーの新入社員集団離職など豊富な実例を元に、「ブラック企業の見分け方」「入ってしまった後の対処法」を指南。社会の側の解決策まで視野に入れた、決定的な1冊。

もはや歴史的な意味を持ってしまったベストセラー作品。10万部以上売れているそうです。未読の方はぜひ。


[99円] 焼肉のことばかり考えてる人が考えてること

焼肉は、ふだん食べているにしては肉や焼き方の知識はおざなりであった。著者は、焼肉の奥義を知れば、おおッと感嘆の声が上がるほど美味しくなる!と断言する。「通は並カルビを頼む」「国産牛=美味しい肉とは限らない」など、焼肉のジョーシキがくつがえる目からウロコの内容。読み終わったその日から、あなたの頼む焼肉メニューはガラリと変わる!

これ、隠れた名著です。美味しい肉の焼き方を徹底的に教えてくれます。ホルモンの焼き方とか大いに間違えていてびっくりしました。


[400円] 日本が世界一「貧しい」国である件について

ロンドン在住、元国連職員の著者が見た「日本は世界でかわいそうな国だと思われている」という現実。若者の自殺、「社畜」的働き方、「人付き合い地獄」の社会、「みんなで不幸になろう」という足の引っ張り合い、グローバル人材なんて育つはずもないおかしな教育、何でも人任せで自分で考えない「クレクレ詐欺」。空気を読み過ぎて「セルフ洗脳」に陥る日本人たちの「貧しさ」を、世界の現実と対比させながら問いかける。

メイロマさんの作品のなかでもこちらはずば抜けて良いです。レビューも大荒れw ぼくは星5つです。

スクリーンショット 2013 10 25 16 36 23


[1,120円] ストーリーとしての競争戦略

各メディアで絶賛!  500ページ超、2940円(税込)という本格経営書でありながら、異例の10万部を突破したベストセラーが待望の電子書籍化!

こちらもベストセラー作品。元値がかなり高いのでお買い得です。未読だったのでポチ。


[100円] テレビが政治をダメにした

視聴率至上主義に走るテレビ局、政治家を怒らせ言質を取る田原的手法が蔓延し、日本の政治はダメになった。「TVタックル」に出演すれば選手に勝てる…空虚なテレビ政治家が永田町を跋扈している。メディアと政治の堕落しきった関係を告発。

鈴木寛さんが現場目線で告発するメディアの問題点。メディアに関わる仕事をしている人におすすめの作品です。100円は安い。


というわけで、さすが一周年という感じで、良著づくしですね。自信を持っておすすめできる作品ですので、気になったものはポチポチしちゃってください。下のリンクから全作品をチェックできます。

Kindle 一周年セール


スポンサーリンク