賛否両論?イケダハヤトが物申す

狂った日本の奨学金制度:大学卒業のために「720万円の借金(利子付き)」を背負うのは自己責任?

スポンサーリンク

追記*反響が大きかったので追加で記事を書きました。→やっぱり、奨学金問題は自己責任ではない:ご意見に反論いたします

 

奨学金問題、最近話題になっていますね。当事者である大学2年生のTさんを取材させていただくことができました。

 

卒業時に720万円の借金

Tさんは現在大学2年生。都内の大学に通っています。奨学金を利用して、毎月12万円の支援を受けています。諸事情で大学に5年間通うことになったので、12万円×12ヶ月×5年で、計720万円の「支援」を受けることのなっています。彼が利用しているのは無利子の奨学金ではないため、この額に利子が加算されることになります。

卒業時に720万円の借金を背負わせるって、クレイジーすぎやしないでしょうか。しかも利子付き。ぼくは幸い親に学費を出してもらいましたが、自分がそういう状況にあると考えると、リアルにゾッとします。

今は社会人5年目ですが、まだ返済終わってないでしょうね…。毎月5万円返しても144ヶ月、つまり12年ですから(実際には利子があるので、これ以上の期間になります)。

 

毎月12万円というと結構な額に聞こえますが、このくらいの額は、学費と生活費ですぐに消えてしまいます。特に苦しいのは、勉強のために本を買ったり、イベントに参加するお金まで制限されてしまうことだ、と漏らします。

「本当は都内のイベントとかに参加したいんですけど、郊外に住んでいるのもあって、交通費とか厳しいんですよ。食費も削りながらギリギリで生活しています」

 

就職に関しても不安があると語ります。話にある通り、奨学金に苦しむ人は、ブラック企業に搾取されやすいのかもしれませんね…。

「ぼくが通っている大学は偏差値がそれほど高くないので、大企業に入ることも難しそうです。会社を選ばなければ就職はできると思いますが、借金があるので、それこそブラック企業でも我慢して働くことになってしまうかもしれません…。将来は途上国関連の仕事をしたいのですが、借金を返すために、選択肢が狭まることが怖いですね」

 

増えつづける借金を考えると、大学を辞めるという選択肢も浮かび上がってきます。

「今、大学を辞めれば借金は200万円以上少なくて済むんです。就職も不安ですし、自分で稼ぐ力を付けて、いっそ大学を辞めてしまうのが合理的なのかもしれない、と思い始めてきました。もちろんせっかく入った大学なので、卒業したいという思いは強いのですが…。」

 

話の中で、彼が「こんなんじゃ少子化は解決できないですよね」と漏らしていたのが、まさに、という感じで印象的です。確かに、借金が720万円ある状態では、結婚をする、子育てをするという発想にはなりにくいでしょう。

 

「奨学金が返せない」のは自己責任なのか?

早速ツイッターでは、「いくらの借金ができるかなどを加味して奨学金は受けるものではないのでしょうか?それをせずに借りたのなら借りた側の責任だと思います」といった主旨のリプライも届いています。

 

これ、どうなんでしょうね。少なくともTさんの場合は、そもそも「借金をしなければ大学に進学できない」という経済状況のようでした。となると、「いくらの借金ができるかなどを加味して奨学金は受けるものではないのでしょうか?」という論理が正しいとしたら、Tさんは大学進学をそもそも諦めざるをえない、という結論になりかねません。

生まれ落ちた家庭の経済環境は選べませんから、人によっては、自己責任ではないのに、教育の道が断たれることになってしまいます。ぼくはたまたま家庭がそれなりに裕福だったから大学に行けましたが、場合によっては行けなかった、ということです。そういう社会は嫌ですけどねぇ。機会の平等というやつです。

 

また、「返せると思って借りたけれど、雇用情勢が悪くて返すのが難しくなった」というケースもあるでしょう。「就職できないお前が悪い!」と自己責任を押しつける向きもあるのでしょうけれど、それは流石に酷だと思います。景気が悪いことまで自己責任にするのは無茶な論理です。

 

NHKの報道によれば現在奨学金の返済を滞納しているのは33万人に上るそうです。長期的には、MOOCのような教育コストを下げるテクノロジーが解決策になるのでしょうけれど、今まさに困っている人に関しては、どのような解決策がありえるのか…話を聞いていて暗鬱な気分になりました。studygiftとかlumniのような、コミュニティ型の支援サービスがうまく補完できればいいですが、これもお金が集まる人とそうでない人の差が出るでしょうしねぇ…。

 

その勉強は「誰のため」?

「奨学金を返せないなんてのは甘えだ!自己責任だ!」という論理の背後にあるのは、「勉強というのは”自分のため”にやるものである」という確信です。

「自分のため」の勉強なんだから、ぼくらの税金を使って、社会としてその費用を負担するということは、おかしい話になるわけです。どなたかが「貧しいからといって誰でも大学教育を受けられるようにするということは、ブサイクだからといって誰でも整形を受けられるようにするようなものだ」というコメントをくださいました。こうした意見は、勉強という行為が、整形になぞらえられるほど「私的」なものとして理解されているからこそ、発せられるものです。

冷静に考えれば、子どもたちが勉強をすることは、彼ら自身の人生を扶けるのみならず、巡り巡ってぼくらの生活に良い影響を与えます。だからこそ、ぼくら人類は税金を使って教育にコストを割いているのです。

頭が良い人が増えれば、社会はその分だけ前進します。整形美人・美男が増えても、社会は前進しません。勉強と整形とでは、それが実施された際の「社会への影響度」が格段に違うということです。

 

奨学金問題を自己責任に帰着させたがる人は、勉強というものを極度に「私的なもの」として捉えているのでしょう。歴史を見れば、それは明確に間違いなんですけどね。スティーブ・ジョブズは自分の勉強の結果を、社会のために役立てているではありませんか。

多くの人に教育を受けてもらうことは、他ならぬぼくら自身のためになります。であるのに、教育を望む若者に700万円近い借金を背負わせるなんてのは、論理的に考えてナンセンス極まりない話です。

自己責任を語る人は、ブラック企業に搾取される若者や、低学歴・低収入の労働者が増えると何かハッピーなことがあるのだろうか、と穿った考え方をしてしまいます。

 

「社会のため」だと自覚すれば、勉強ははかどる

さらに、自分が「自分のため」に勉強しているのではなく、「社会のために」勉強していると考えることは、勉学に励む当事者にとってもプラスの影響を与えるでしょう。

スマナサーラ長老が良いことを仰っているので、引用してご紹介。

授業を受けて、むずかしい勉強を徹夜しながらやることは、自分だけのためだと思ってしまうのは、勘違いです。自分のためだけだと思っているから、嫌になったらやめたくなるのです。人が真面目に勉強するということは、人類に迷惑をかけないということであり、社会に何らかの貢献をすることであり、皆のために生きることでもあるのです。それを理解するならば、むずかしい勉強もやる気が出てきます。

 

「貧乏な家に生まれようがなんだろうが、奨学金を借りるのは自己責任だ!」と叫ぶ人が増えれば増えるほど、勉強というのは私的なものになっていき、当の学生たちは「自分のため」に勉強するようになっていきます。

逆に、「勉強したい人に奨学金を出すのは私たち市民の責務だ。だって教育は、巡り巡って自分たちに返ってくるから」と考える人が増えれば、勉強というのは公的なものになり、奨学金を受給する人たちは「社会のため」に勉強するようになります。

さて、どちらが成熟した社会なんでしょうね。ぼくは自分の娘には、後者の社会を残したいです。

 

勉強というのは、それ自体が公的なものです。頭が良い人が増えたら、社会が良くなるというのは、子どもにもわかる理屈です。

だとしたら、ぼくらは社会として勉強する人を支援すべきです。どこまでサポートするかは程度の問題ですが、この不安定な雇用情勢のなか、720万円の利子付き借金を負わせるのは狂っていると思いますよ。

今、どうしても返済に困っている人には減免措置を、今後奨学金を借りる人のために学費の減免、無利子ないし給付型の奨学金を増やしていく必要があるでしょう。

 

奨学金問題、引きつづき取材をしていきたいと思います。関連サイト、記事も挙げておきます。

結婚にまで影響する?奨学金の返済問題が深刻らしい – NAVER まとめ
全国学費奨学金問題対策委員会
全国学費奨学金問題対策委員会 (gakuhi_mondai)さんはTwitterを使っています

 

スポンサーリンク