賛否両論?イケダハヤトが物申す

狩猟系女子ブログ「ちはるの森」のコメント欄が炎上していて興味深い

消費社会と、アナグマ肉と:プライスレスな豊かさとは何か」という記事でも書きましたが、うさぎを食べたり牛の受精を見に行ったり鴨をしめたりする人気ブログ「ちはるの森」のちはるさんにお会いする機会がありました。糸島在住なので、あんまり会えないレアキャラです。

 

コメント欄が燃えていた!

ちょうど場が「炎上について」の話になったので、何の気なしに「ちはるさんのブログはほんわかしてるし、炎上とかしなそうですねー」とぼやいたところ「いやいやいや、コメント欄見てください、けっこうすごいの来てますよ笑」と返されました。

そんなやり取りをふと思い出して、先ほどコメント欄を見てみたら、うおー、これはすごい…。

たとえばこちらのうさぎ狩りレポート(「うさぎはかわいい味がした。うさぎ狩りと解体してきたよ。」)。新潟の雪山で体験した伝統的なうさぎ猟について扱ったすばらしい記事です。

それについてのコメント。

馬鹿なんじゃない?生き物殺して、それを嬉々としてブログに載せて。自分ではありのままの「生」をそのまま表現しているつもりでしょうが、ブログの全体的な雰囲気はラリッてる感がぬぐいきれない。社会からはみ出された人の、自分だけの理想感。。

放射能いぜんに、四つ足の動物を女性が笑顔で屠殺するということが衝撃なんですけど。古い考えかもしれないけど呪われるよ。

おまえ、原始人か?野蛮人め。
殺される動物の恐怖や痛みを想像する頭がないのか?
人間は動物を食べなくても笑って元気に長生きできるぞ。
植物も生きてる?ああそうさでも動物と植物を一緒にするな。
人間を殺さないことが絶対なら人間に近い生き物ほど殺すべきではない。
これまで食べたからと開き直るな、命の犠牲は少ないほどいい。
もうやめて下さいね。

くそしね

てめえ解体されろぶす

載ってる爺も死ねよウサギ食うとか鬼畜か

ウサギの死体をさらして何楽しんでんだ

犯罪者に虐殺されろさっさと死ね

ちはる死ね!!殺されろ!参加したやつ全員死ね!殺した兔に死んで詫びろ
人殺し。殺人犯。捕まれ。犯罪者。ここに参加したやつ死刑にしろ
お前ら絶対痛い目あうからな。動物は生き物じゃ!お前らが殺されろ

これなんか、もはや三行詩のような…。

うさぎかわいいで検索したら出てきました
あなたが笑顔で殺してるうさぎとそっくりのうさぎを飼ってます
お前が解体されて死ね

 

まだまだあるのですが負のエネルギーにやられそうになるのでこの辺で。なるほどー、こういう燃え方をするんですね、

どこから突っ込んでいいのやらわかりませんが、動物愛護精神に富んだ方々が、平気で「死ね」と書いてしまうのがヤバいですね。彼らは命を大切にしているのか、そうでないのかどっちなんでしょう。

 

ここに寄せられている否定的なコメントたちは、取るに足らないものばかりです。ただ、「人間が、生きていくために他の生物の命を奪うことは、善いことなのか、悪いことなのか?」という問いは向き合う価値があるとも思います。ぼく自身、もうかなり麻痺してしまっており、よくわからなくなっています。

この問いの答えを考える上では、「人間以外の動物が、生きていくために他の生物の命を奪うことは、善いことなのか、悪いことなのか?」という問いも、光を当ててくれるでしょう。動物においては、もはや善悪は関係がない気がします。だとしたら、それは一体なぜなのでしょう。

 

ぼくはこのテーマに関して、思考がまだまだ浅いので、自分の言葉で語ることができません。こういうときはブッダの言葉・態度を参考が参考になるので見てみましょう。

インドで最近発見された経典や、北伝の初期仏教経典(阿含経)、南伝のパーリ経典によれば、釈迦は直接殺を禁じ、菜食主義を戒に含めることを明確に拒否する記述があるだけではなく、肉を食べたことが記されている。

さらに、釈迦に食事を振舞うために、在家信者が肉を召使に買いに行かせた記述もある。よって、肉食は不殺生戒を破ることにならない。ただし、肉が比丘や比丘尼のためにわざわざ殺されたことを見・聞・知した場合は、この肉を食してはならないと宣言している(三種の浄肉)。

さらに、在家には肉・人(奴隷)・毒・武器にかかわる職業に就いてはならないと宣言している。ただし、幾つかの病気の治療に肉をあげる記述も存在する。一見すると矛盾するが、これは当時の他宗との間接殺に解釈の相違に起因するとされている。

この世に存在する限り、間接殺は避けられないものであるため、ジャイナ教の僧は、最終行として食を断ち、餓死する。一方、中道を掲げ、極端な苦行を非難した仏教は、直接殺を避けるとともに、貪ることに戒め、全体的に間接殺を減らすのが第一であるとしている[18]。 北伝の大乗仏教の経典では、釈迦が肉食をしたとの記述はないが、肉食が不殺生戒を破ると主張をする経典も存在しない[19]

ベジタリアニズム – Wikipedia

なるほど、ブッダは条件付きで肉食をしていたんですね。間接殺・直接殺という概念を導入しているのが興味深いです。

 

食に関しては様々なスタンスがあり、ちはるさんたちのようなスタイルは「家畜は食べない」ことが特徴的です。この態度を示す英単語があるそうなのですが、調べてみても見つからず…ご存知の方がいたら教えてくださいませ。

 

ちなみに、ちはるさんのブログのコメント欄は承認制です。ということは、彼女はこれらの書き込みを目視でチェックして「載せてもいいかな」と思えるものだけ掲載しているということです(!)。話によれば、犯罪予告まがいの書き込みもあるそうで。凄まじい胆力ですね…。めげることはなさそうですが、今後も価値観を揺さぶる情報発信に期待です。

ちはるの森 | @chiharuh の日々。

 

 

以前書いた上の記事が大反響で現在2,000RTを超えています。

あわせて、多くの方が動物の命を奪うことについて考えているようです。ご本人は大変な気分になっていそうですが、それだけすばらしい問題提起なのでしょう。応援してます。

スクリーンショット 2013 10 09 16 04 43

 

マーク・ザッカーバーグのスタンス

Zuck nuggs

海外ではこうした肉食についてはどのようなスタンスが取られているのか、調べてみたら面白い記事を見つけました。Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグは「自分で殺した動物の肉しか食べない」というスタンスを表明しているそうです。

 

以下、拙訳ですがザッカーバーグの言葉をご紹介(原文はこちら)。

ぼくの今年のチャレンジは、自分が食べるものに対して感謝の気持ちを抱くことだ。ぼくたちは、人間が生きるために多くの動物たちが殺されていることに、無自覚になっているように思うんだ。感謝の気持ちを表明することで、みんなにそういう事実を思い起こしてもらいたんだ。

今年から、ぼくは基本的にベジタリアンになる。肉も食べるけれど、それらの肉は自分で殺したものにかぎることにする。今のところ、これはとても良い経験になっている。動物を育てるということ、持続的な農業をやることについて多くのことを学べたし、健康的な食生活も手に入れたよ。

去年、家でブタの丸焼きを作ったことがきっかけになっているんだ。みんなは美味しくブタを食べてくれたけど、そのブタが生き物であったことについて、考えたがっていないように見えたんだ。すごく違和感があった。

何を食べるかについては人それぞれだけど、自分が食べているものがどうやって手元に来たのかについてはよく知るべきだし、そのことに感謝し、責任を取るべきだと思うんだ。

Mark Zuckerberg Goes From Eating Only Animals He Kills To Liking Chicken McNuggets | WebProNews

 

自分の手で殺した動物以外は食べないというのは、スタンス的にはちはるさんと同じ立場なんでしょうね。何かわかりやすい言葉があればいいのですが(あるらしいんですが、調べてもわからず…)。

 

まどろっこしいことはせず、いっそ完全菜食主義になればいいのに、という思ってしまいそうですが、「菜食主義だと必要な栄養が得られない」という議論・調査もあります。必要な分だけ肉を食べるのは、人間として自然なことなのでしょう。

・鈴木英鷹と渡部由美による「菜食者18名を対象とした研究において、菜食者の44%がタンパク質必要量を摂取しておらず、エネルギー、その他の栄養素が顕著に低い[50]。なお、国民栄養調査における同年代のタンパク質平均充足率は不足していない[51]。

・インドで外来患者4680人を対象にした5年間にわたる調査において、ビタミンB12レベルが低い患者の大半がベジタリアンであり、ベジタリアンが心疾患や脳梗塞 など発症するリスクは非ベジタリアンの約4倍である[52][53][54]。医師は、「非ベジタリアン食を推奨しているわけではない。しかしこれは研究結果であり、ベジタリアンである人々はビタミンB12サプリメントを飲む必要がある」とコメントしている[55]。

ベジタリアニズム – Wikipedia

 

とはいえ、人間とはすごいもので、腸内細菌の組成次第では完全菜食主義でも必要な栄養素を摂取できるようになるそうです。

私は10年間に1日に600ミリリットルの青汁しか飲まずに生きてきた女性の大便を調べたことがあります。それも、ふつうとは違う腸内細菌を持っていました。超嫌気性の培養困難な細菌ばかりで、それがアンモニアを巧みに利用してタンパク質を合成していたのです。

もっとも、これは超・特殊な例なのでしょうけれど…。医療テクノロジーが進化していけば、人工的に「肉食が不要な腸内環境」にすることもできるようになるのかもしれませんね。

 

テクノロジーといえば、クローン技術を使った肉も、この手の問題を解決する根本的なアプローチになるのかもしれません。

クローニング技術によって、世界の飢餓も解消できるかもしれない。肉などのタンパク資源を、動物がいない畜産場で、動物の筋組織をクローニングして生産するのだ。

 

というわけで、最近肉食についてよく考えております。ぼくは消費社会に生きているので、普通にスーパーで肉を買って食べています。やっぱり美味しいですからねぇ。現実を知るために、屠殺WSは一度参加してみようと考えています。

 

狩猟コンテンツが持つ宗教性。

 

スクリーンショット 2016 11 21 10 02 34

狩猟ネタを書いたりすると、動物愛護派のみなさまから「お前が捌かれて死ね!」というコメントが来るんですよ。リアルに。

 

動物(あるいは植物、虫)を食べることについての価値観は、人それぞれでかなり違います。

だから、ぼくらはお互いの「違いを認める」ことしかできません。戦ってもしょうがないんですよ。

 

うさぎ飼ってる人は、そりゃあうさぎは食べたくないでしょう。そこを無理強いするのは、もはや人権侵害。

その逆に、うさぎを食べる文化を批判したり、その権利を制限するのもナンセンスです。

 

他者と自分の命に対してどう向き合うかは、人それぞれです。でも、それは想像以上に伝わっていない。

いわば「食の宗教戦争」が、これからは地味に増えていきそうな気がします。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange