おすすめ本・セール情報

その発想はなかった!「価格で勝負しない」ECサイト5選

スポンサーリンク

株式会社ネットコンシェルジェの尼口さんの新刊が面白いです。ECサイト運営者はもちろん、起業家、新規事業担当の方にもおすすめできます。書中では紹介されている25の海外事例より、個人的に面白かった5つのサイトをピックアップしてご紹介。


グローバル教育×おもちゃEC:Little Passports

スクリーンショット 2013 09 24 8 54 43

このサイトのアイデア、超素敵です。おもちゃの定期購入サイトなんですが、ストーリーが巧みなんです。

この定期購入サービスに申し込むと、サムとソフィアという架空のキャラクターが世界中を旅しているという設定で、毎月彼らから、世界中のおもちゃや写真などの「おみやげ」が届く。子どもたちはそのお土産を通して、世界中の文化や地理を学ぶことができる仕組みだ。

2009年のサイトリリース以来成長を続け、売上はなんと100万ドル(1億円)を超えているとのこと。サイト運営者は自身も小さな子どもを持つ母親、エイミーさんとステラさん。

「私たちLittle Passports」が、子どもたちが生涯にわたって他国や他国の人々のことを学びたいと思えるきっかけになればと願っています。子どもたちが何かに興味を持ち、それを楽しんでいるとき、彼らはもっともっとそのことについて知りたいと思っているのです。」

これ、日本版を作れそうですね。日本中の伝統工芸をオリジナル商品化しているaeruあたり、相性が良さそう。


おまけでクチコミを起こす:Diamond Candles

スクリーンショット 2013 09 24 9 06 25

続いて紹介するのは「Diamond Candles」。こちらはキャンドルの中に、最大で50万ドルの指輪が埋め込まれている「オマケ付き商品」を展開するECサイトです。

デビッドたちは顧客をもっとわくわくさせたいと考える。そこで定価10ドル、約100ドル、約1000ドル、約5000ドルという4つの価格帯の指輪を入れることにした。キャンドル1個の値段は24.95ドルなので、100ドル級以上が入っていれば「当たり」だ。

これ、リングがキャンドルの中に沈んでいるので、キャンドルを消費しないと「当たり」かどうかわからない仕組みになっているそうです。いやー、うまいな…。

ソーシャルメディアマーケティングにも力を入れており「キャンドルに入っていた指輪の写真を撮影して、同社のフェイスブックページにアップする」「キャンドルを取り出す過程の動画を撮影してユーチューブにアップする」というキャンペーンを行っているそうで。ダイヤモンドの指輪を当てた人が動画をアップしていますね。


ネタ動画で面白商品を売る:VAT19

スクリーンショット 2013 09 24 9 17 02

VAT19(ヴァットナインティーン)は奇妙な商品を販売するECサイト。彼らはユーモラスな動画と共に、変な商品を販売しています。まぁ、ここは動画を観てもらうのが早いでしょう。

こちらは14万再生のベーコンクッカー。ニーズあるのか…。

183万再生。

530万再生!そしてすごいな、このグミ…。

日本だと「インド人完全無視カレー」がこの系列の成功事例といえそうですね。アホみたいですが(そして意外と高い)、ちゃんと売り切れたらしいです。


コンテンツで顧客を教育:Blue Nile

ネットでは売れないと思われがちな「ダイヤの指輪」を扱うECサイト「Blue Nile」が面白いです。彼らの戦略は「コンテンツによる顧客教育」。

バートン氏は自身の経験から、顧客のターゲットを「女性のために宝石を買う男性」に定めた。そして、経営の効率化を進めるため、オンラインのみでの販売を決断。顧客が宝石を買い慣れていないことを前提に、サイトのおけるダイヤモンドの情報ページを充実させることにした。それは、高価な商品を買うことに対する「不安」を「安心」に変える唯一の材料が、「十分な情報」であることを、身をもって学んでいたからである。

ECサイトでは「EDICATION」のコーナーを設け、宝石についての情報を提供している。そして、この「EDICATION」コーナーの情報量が半端ではない。ダイヤモンドだけでも、「認定」「シェイプ」「透明度」「カット」「カラット」など、いくつもの項目にわけで、図解や動画を使って詳しい説明をしている。

BlueNileの顧客はダイヤモンドを購入する前に、平均して3週間以上も同サイトで「学習」し、200ページ以上の情報に目を通すという。24時間対応のカスタマーサービスに電話をして、わからない点を直接聞いてくる顧客も少なくない。

こうすればダイヤの指輪もネットで売れるのです。サービス自体は1999年リリースと歴史の長いものですが、戦略はまさに「コンテンツマーケティング」なので、実に今っぽいです。

この事例は特に面白かったので、別記事でも紹介しております→「「Blue Nile」に学ぶ「ダイヤモンドの指輪」をネットで売る方法


伝統産業を守る:DODOcase

スクリーンショット 2013 09 24 9 27 57

最後に紹介するのは「DODOcase」。こちらも素敵なECサイトです。

ただのタブレット、スマホケースではなく、伝統産業を守ることがテーマになっています。DODOcase(ドードーケース)は、絶滅した鳥・ドードーを文字っているわけですね。

「フォーブス」の記事によると、サンフランシスコの製本業者の1社、カルドーザ社は最盛期には75人の従業員を抱えていたという。

しかし製本の需要はどんどん減る一方で、わずかに残った仕事も、より人件費の安いメキシコや中国、台湾にアウトソーシングされるようになったため、従業員は5人まで削減を余儀なくされあ。それでも、2010年の時点で同社には廃業の危機が迫っていた。

それがiPadケースの外カバーを作るという仕事がきっかけで状況は一変。2012年現在、従業員は15人にまで回復しているという。

(中略)木のぬくもりを再現するとともに、地元の伝統産業を守ろうと作ったこのDODOcaseは、オンラインショップで販売を開始するや、わずか数ヶ月で約1万個を売るという驚異的な売上となった。

こういったストーリーを持つ商品は、まさに価格のハードルを超えて売れるものとなるでしょう。


と、そんな素敵なECサイトが多数まとまっている作品です。さらに詳しく知りたい方はぜひ書籍を手に取ってみてください。ブログ「ネットコンシェルジェ」も異様に詳しい情報サイトとなっておりますので、あわせてぜひ。


(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange