賛否両論?イケダハヤトが物申す

「社内クラウドソーシング」という新たな労働市場

スポンサーリンク

クラウドソーシングの現状を網羅的に紹介した一冊。面白い観点の指摘があったのでメモ。


「社内クラウドソーシング」というアプローチ

日本の大企業には、社内、あるいはグループ内の限定的なクラウドソーシング市場の形成を提案する。

一般的に言って、大企業の従業員は、国内の複数の地域に分散している。また、東京等の一都市に数千人の従業員がいる場合でも、全員がお互いのことを知っているわけでもなく、必要に応じて人員の融通が自由に行えるわけでもない。

そのような状況から、仮に同じ企業内に必要な人材がいたとしても、その人材を見つけることは困難であり、見つけても使うことができないというのが現実であろう。

そこで、社内の全従業員をクラウドと見立てた市場を社内限定で作り、社内において人材の流通をオープンに行えるようにして効率化を図るというものである。

また、可能であれば、系列企業やアライアンス企業までを対象としてコミュニティー型クラウドソーシング市場の形成を試みてもよい。

これ、非常に面白い観点じゃないでしょうか。クラウドソーシング市場を、社内でつくってしまうと。


大企業時代、会社から与えられたPCではできない作業(PhotoshopやIllustratorなど、専門的なソフトが必要な作業)が発生して、困った経験がしばしばあります。

フリーソフトやパワポでごまかしごまかしやっていたのですが、あのとき社内にクラウドソーシング市場が形成されていれば、「どなたか、Photoshopでこの画像、加工してくださいませんか?」と呼びかけ、必要な人材を調達できた可能性が高いです。グループ会社含めて2.5万人が在籍している会社でしたから、まぁ、誰かしら手が空いているでしょう。

大企業のなかにクラウドソーシング市場があれば、かなり業務は効率化されるでしょう。以前指摘した通り、「暇な時間」というものが削減されていくからです。

関連記事:クラウドソーシングは会社員の「空き時間」を埋めていく


課題となるのは、作業を完了させた際の「評価」のあり方でしょう。社内クラウドソーシングのタスクを終わらせると、人事評価のポイントが加算されていく、なんてアプローチがもっとも一般的になりそうですかね…。ゲーミフィケーション的な要素を入れても面白そうです。


クラウドソーシングというテクノロジーは、社内に新たな労働市場を生み出す、とも表現できます。タスクが細切れになって流通することで、業務は効率化されていくでしょう。視点を変えると、従業員にとって「暇な時間」というものがなくなり、労働時間の密度は高くなります。

残念ながら?これは来るべき未来でしょう。大企業における「社内クラウドソーシング」は、20年後には当たり前になっていると思います。


というわけで、こちら面白い一冊でした。クラウドソーシングに関心がある方は買っておいて損なし。ちょうどちきりんさんも読んでるみたいですね。


(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange