賛否両論?イケダハヤトが物申す

投票日当日の「投票依頼」は選挙違反!ツイート&ブログ更新は気をつけましょう

スポンサーリンク

これ、知らずに違反する人多そうなので書いておきます。


投開票日当日の投票依頼はダメ

以下、CNETの記事より。

(7)選挙の投開票日当日に、特定候補への投票依頼のツイートをしてはいけない

 意外と盲点かも知れないが、「選挙運動ができる期間」は、選挙の公示・告示日から投開票日の前日までとなっている(公職選挙法129条)。

 候補者による街頭演説も投開票日の前日までとされており、それと同様に投開票がおこなわれる当日、特定候補への投票を呼びかけるツイートを投稿したり、他人のそのようなツイートをリツイートしたら、公選法違反になってしまうのだ。

 ただし、ただ単に「投票にいきましょう」とか、「投票にいってきた」というツイートであれば、特定候補への投票依頼をしているわけではないので問題ない。

朝日新聞デジタル:[CNET Japan] ネット選挙解禁でも「やってはいけない」7つのこと – CNET Japan(提供:朝日インタラクティブ) – テック&サイエンス


というわけで、「今日は投票日!○○にぜひ投票を!」などとはツイートしないようにしましょう。以下、総務省の案内より。

選挙運動は、選挙の公示・告示日から選挙期日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条)。
違反した者は、1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処することとされており(公職選挙法第239条第1項第1号)、選挙権及び被選挙権が停止されます(公職選挙法第252条第1項・第2項)。

www.soumu.go.jp/main_content/000224709.pdf


これ、ぼくは法律詳しくないので分からないのですが、「○○氏に投票してきた〜」というツイート、ブログ更新は「特定候補への投票を呼びかけるツイート」になるんでしょうかね。

つまり、先ほど(7/20 PM10:00)「鈴木寛さんに投票してきます」という記事を書きましたが、これを投開票日当日(7/21 AM0:00〜)にアップしたら、違反になるのかどうなのか。ググったけどいまいちわからず…実際の影響を考えると、「投票の呼びかけ」と取られてもおかしくなさそう。


まぁ、7/21いっぱいは、特定候補について言及するのは避けておくのがベターでしょう。投票を終えたら、あとは本でも読んで、大人しく結果を待つのみです。


というわけで、ついでにオススメの選挙関連本もご紹介。ネット選挙について学ぶなら、こちらがベストです。この機会に、ネット選挙で何が変わるのか学んでおきましょう。なお、Kindle版もあります(現在30%還元、実質798円)。


スポンサーリンク