賛否両論?イケダハヤトが物申す

自己責任とは「他人のせい」にすることではなく「自分のせい」にすること

POSSEの坂倉さんのツイートが広がっています。現在2,300RT以上されています。

「自己責任」の果てにあるもの

ぼくは「自己責任」という言葉が嫌いです。それは世界を見誤っているからであり、自分に甘い態度であり、他人を突き放している無責任な態度であるからです。

自己責任という幻想

まず、「自己責任」なんてものは、厳密にいえば存在しません。 ぼくらは社会に生きている以上、必ず他人や環境の影響を受けます。たとえばぼくは、親が裕福だったがために、一流の大学を出て、就職することができました。うちの親がもしもひとり親世帯だったら、ぼくはお金を稼ぐため、中卒で働いていたかもしれません。 たとえば「ホームレス」状態にある人を「自己責任」として切り捨てるのは簡単です。彼らは自分の人生の選択に失敗した結果、ホームレス状態になってしまった。それは自己責任である。やつらは怠けもので、ダメなやつらなんだ。助ける必要などない。…本当にそうなんでしょうか?それは現実を見ていません。 少なくとも、貧困は決して自己責任ではありません。たとえばビッグイシュー・オンラインに掲載されている「若者ホームレス白書」では、 ・虐待から逃げるために中卒で親元を飛び出し、職を転々とするも望ましい仕事に就けず、資金が尽きてホームレスになったCさん(27歳) ・1歳のときに児童養護施設に預けられ、中学でいじめに遭い、不登校になり、中卒で社会に出るも、居場所がなくなりホームレスになったBさん(23歳) といったリアルな事例が紹介されています。これを自己責任だと言えるのは、相当に世の中を見誤っています。

自分の甘さに無自覚

第二に、自己責任論を語る人は、自分に甘い人です。にも関わらず、そのことに無自覚です。説明しましょう。 彼らは「あいつは怠けていた結果、困っているんだ。あいつを救済するのは、本人のためにもよくない」と語ります。さらに「これでは努力が報われない社会になってしまう。怠け者を救っていては、社会が堕落する」とも正義感たっぷりに語るでしょう。 一見合理的な主張ですが、その根底にあるのは「自分の努力が認められないのは許せない」という「甘え」です。自分の努力が他者から肯定されている状態でないと、気持ちわるくて仕方ないんですね。頑張ったんだから誉めてほしい、認めてほしい、という幼児のごとき甘えが見え隠れしています。しかも、彼らは得てして他人の努力は見ようとしません。窮状をもってして、「あいつは怠けてきたから困っているんだ」と一方的に断罪する。 自分に厳しい人はそうした甘えに敏感であるため、「自分の努力が報われるべきだ」とは微塵も思いません。彼らは「努力なんてそう簡単に報われないし、努力自体に価値はない」と考えています。ゆえに、人間の価値を「努力の程度」で推し量ろうともしません。頑張っていようが頑張っていなかろうが、人間の価値は等しいと考えるのです。 自己責任論を語るのはけっこうですが、ぜひとも自分の「甘え」に気づいてほしいです。あなたが頑張っていることは、どうでもいいんですよ。「努力」それ自体が評価されるのは、子ども時代の話です。

他人を突き放す冷たい態度

もっと直感的にいって、「自己責任だ!」というのは、無責任で冷たい態度です。こうした態度を美徳だと感じる人はほとんどいないでしょう。 多くの人にとって美徳として目に映るのは、「世の中に自己責任などない。本来自分が取るべきではない責任についても、自分ごととして引き取っていくのが”大人”である」という態度でしょう。 自己責任というのは、結局「他人(ヒト)のせい」にするという態度なのです。自分は関係ない、と言い張る態度ですから。「他人のせい」にせず、「それはわたしにも責任がある」と進んで認めるような人こそ、本当の大人です。 自己責任を振りかざす人は、まるで「コップが勝手に割れたんだ!ぼくは悪くない!」と現実を認めようとしない駄々っ子のようです。大人は「コップを割ったのは君にも原因の一端があるけれど、そもそもそこに置いたわたしにも否がある。割れやすいコップを買ったことも、よくなかった。一緒に片付けて、どうすれば同じミスが減るか、一緒に考えよう」と語ります。
以上の流れを踏まえて、冒頭で引用したツイートに編集を加えると、 大阪の母子餓死を受けて「二人のように本当に困ってる人に生活保護を与えろ」という意見が散見される。だがもし、親子が死なないで生活保護を受けていたら、「(貧困状態に陥ったのはおまえの責任だ。子どもを無計画につくったのはおまえの判断だ。なぜ真面目に働いているおれたちがお前のような人間を救わなければいけないんだ。甘えるな、)働け」とあら探しされて「本当に困ってはいない人」として叩かれていただろう。日本で「本当に困ってる人」になるには、餓死か心中しかない。 なんて具合になるでしょう。結局ここにも、冷たい自己責任が垣間見えます。そうして、相も変わらず悲しい事件が起こるのです。
「生活保護は恥」というケチ臭い価値観—「社会的強者」とは誰か」というブログ記事にも書きましたが、これからはますます格差が広がり、「実は世の中が平等ではないこと」が明らかになっていきます。 そのとき、恵まれている人たちは、どう振る舞うのでしょうか。卑屈な「平等根性」に流されて「あいつらは怠け者だ!救う価値などない!努力せよ!」と語るのでしょうか。 ぼくは、そんな未来は嫌ですね。社会的強者は、もっと「大人」な振る舞いをしなければなりません。自己責任をつい振りかざしてしまう人は、その果てに何があるか、立ち止まって考えてみてください。

 

「他人のせい」にするのではなく「自分のせい」にする

自己責任とは何か。さまざまな考え方があるテーマですが、ぼくはひとつ、自己責任という言葉は「他人のせい」にするのではなく、「自分のせい」にするときにこそ、使うべき言葉だと考えています。

 

たとえば、ホームレス状態に陥った人を、「お前が今の状況に陥ったのは自己責任だ!」と語る。
ひきこもり状態にある人を、「ひきこもりになったのは自己責任だ!税金で助けるなんてもってのほかだ!」と主張する。
仕事で失敗した部下を、「お前が失敗したのはお前の責任だ!」と罵る。

 

「自己責任」を他人になすりつけるとき、その人はまさにその「自己責任」から逃れていることに気がつかなければなりません。平たく言えば「他人のせい」にしているというわけです。

「他人のせい」にすることが高じていけば、人々の断絶は深まり、困窮状態は悪化していくばかりです。「他人のせい」を極めていった結果、社会が不安定になり、貧困、犯罪、疫病が蔓延したとき、もはやそれは「他人のせい」にできなくなるでしょう。

極論ですが、世界は「縁」で結ばれているものですから、厳密にいえば「他人のせい」なんてものはないわけです。あの人の苦労や失敗の原因は、実は自分にもある。完全に無関係でいることなんて、できないわけです。世界の関係性に気づかず「わたしはあの人と一切の関係がない」と無責任を決め込むのは、鈍感な態度ともいえます。

 

本当の大人とは、あらゆる問題について、積極的に「それは自分にも原因がある」と考えて行動できる人たちです。

ホームレス、ひきこもり、失敗した部下、何かの原因で困窮状態にある人たちに対して、「あなたが今困っているのは、わたしにも原因がある。だからわたしは、あなたに関与する」という態度を取ることです。

彼はその意味において、「自己責任」論者です。他人のせいにするのではなく、自分のせいにして、責任を引き取ろうとしているということですから。

 

責任を引き受けていくためには、文字通り超人的な存在である必要があります。電波なようですが、「私は私ではない。私はあなたであり、私は世界そのものである」と考える必要があります。この理解を肌感覚で掴むのは、そう簡単な話ではありません。ぼくは最近余裕が出てきたので、超人的であろうと努力しています。

 

難しい話はさておき、「それはお前のせいだ!」という態度を突き詰めていけば、この世が不幸になっていくのは、少し考えればわかる話です。

これから必要なのは、「それは私にも原因がある」と考える「自己責任論者」です。問題を「当事者」として捉えることができる人たちが増えれば、世の中の問題は解決に近づくでしょう。

 

世界は分散化し、自己責任化していく。

分散的になるということは、管理者がいなくなるということです。

すべてを支配するビッグブラザーも、あまねく人類を守るビッグマザーも存在しません。

その代わり、個人は自由に動くことができ、世界中の人々とコミュニティを作り出すことができます。

自己責任ということばはそんなに好きじゃないですが、仕方ないんですよね。

責任が重くなるのは、新たに手にした自由の代償ですから。

ここらへんを理解しないで仮想通貨に触れて、「機会損失だ!」と騒ぐ人たちは……次の時代には乗れないのでしょう。すべては自己責任。あなたを守る人はいません。だから、勉強して自己防衛しましょう。

関連記事:やっておくべし!仮想通貨のセキュリティ対策まとめ。

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

2,980円の「ブログ運営の教科書」

9,800円のアフィリエイト攻略本

 

LINEで仮想通貨ニュース配信中!

友だち追加数

仮想通貨、ハマってます。

おすすめ銘柄まとめ

おすすめ取引所ランキング

無料仮想通貨まとめ

イケハヤ流・資産運用の始め方

 

今日も元気にツイート中。


(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange