おすすめ本・セール情報

ギャルはうつ病になりやすい

スポンサーリンク

U2plusの東藤さんの新刊。うつ病にかかり、回復した経験を持つ「普通の人たち」9人の詳細な体験談がまとまっています。うつ病に悩んでいる方、または近くにうつ病の方がいらっしゃる方は、ぜひ手に取っておくべき一冊です。

 

ギャルはうつ病になりやすい

特に興味深かったのが、終盤で登場する「元ギャル」のエリカさんのインタビュー。彼女はバリバリのガングロギャルとしてアルバイトなどで生活していましたが、あるときギャル仲間たちとのコミュニケーションに疎外感を抱き、そのままうつ病に掛かります。

本筋とは微妙に逸れるんですが、そもそも彼女がギャルになった理由が大変興味深いです。

ギャルは、コンプレックスを隠すにはちょうどいいんですよね。メイクが濃いから顔の嫌なところとか隠せるし。それに、何でも「ウザい」「だるい」「めんどくさい」で片付けてしまえるじゃないですか、若いギャルって。

たとえば何かに傷ついても、「ウザい」って言ってしまえば、傷ついたことを受け入れずにすむんですよ。それが、思春期だった私には、すごい楽だったんですよね。

うーんなるほど。コンプレックスの裏返しとして、ああいう派手な恰好、メイクがあるわけですね。「ウザい」というシンプルな語彙も、逃避としてのニュアンスがあったとは。目から鱗です。

 

さらに、エリカさんは「ギャルはうつ病になりそうな人が多い」という興味深い指摘を展開します。

「私なんかが生まれてきた理由はなんだろう」みたいな世界観に共感している子たちばっかりなわけです。そういう意味で、うつ病になりやすそうな人たちが多いんですよね。リストカットすることがファッションみたいな感覚の人も多いです。

(中略)「身体を安売りしてかわいそうな私、それがファッション」みたいな子とか。結構やばいコミュニティだと思います。もちろん明るい、生粋のギャルもいますけど。だいたいみんな強いコンプレックスを持って、何かにすがりたい気持ちでそこに吸い寄せられている子が多いんじゃないかな。

(中略)今ギャルな人たち……加藤ミリヤとか、その類の曲に共感する人たちって、結構危ういと思うんですよ。

(中略)「ウザい!」とか言ってる子を見ると、今は「あ、悲しいんだな」と思います。

こちらも目から鱗です。まったく知らない世界でした。元ギャルが言うんですから、現実に即したお話なのでしょう。

 

書中でもそんな話があるのですが、ギャルたちはその見た目ゆえに「うつ病にかかっている」ということを周囲に理解してもらうことが難しい傾向があります。

別のインタビュー(ヒカルさん、当時高校生)では、不良っぽい見た目だったため、うつ病で体調が悪くて欠席しているのに、周囲から「単なるサボり」だと思われて苦しんだ、というエピソードが語られています。

 

これは内田樹先生が書かれていることですが、ギャル、ヤンキーは「見てはいけない」というオーラを発することで、自分たちを守ろうとしていると考えられます。

逆説的に聞こえるかもしれませんが、彼らは「見てほしくない」から、ああいう恰好をしています。彼らは目立つことによって「私たちはあなたたちとは別の、危険な人間だ」と主張し、周囲の視線をシャットアウトしているわけです。ヤンキー特有の「何見てんだよォ、ゴルァァ!」という怒りは実に象徴的です。

彼らの見た目が皆一様に似ているのは、「集団」のなかに「自分」をとけ込ませたいからと言えるでしょう。ギャル、ヤンキーは、集団としては特異ですが、個々人の特性は曖昧になります。実際、10人のギャルなりヤンキーがいたとして、一人ひとりを見分けることは困難でしょう。

 

先に触れたように、「見られたくないがために目立つ」彼らは、周囲からの誤解を受けやすい存在となります。彼らは理解されないように、見られないように、巧みに自分を演出します。

その上で、本書で提示されている「ギャルはうつ病になりやすい」という理解は、彼らがまとうヴェールを剥がす、有効な考え方だと思います。ぜひ覚えておきたいポイントですね。

 

人は多種多様な理由でうつ病になる

一読しての最初の感想は、「人ってこんな理由でうつ病になるのか…」という軽い驚き。うつ病についてはそれなりに理解しているつもりでしたが、改めてリアルで詳細な体験談を読んでみると、理解が深まります。 書中で登場している人たちがうつ病に掛かった理由とプロフィールをざっとまとめると、

・月間400時間オーバーの「過労」と「上司の叱責」「社内の孤独」(33歳、コンサルタント)

・定時に帰れるが、ひたすらエクセルにデータを打ち込むだけの「つまらない仕事」(27歳、看護学生)

・「大学受験のプレッシャー」と「周囲の無理解」(20歳、大学生)

・2年間続いた「就職活動」(24歳、会社員)

・「姑の認知症」(58歳、主婦)

・「コミュニケーションへの違和感」「アルバイト」(26歳、元ギャル)

年代も仕事も性別も多種多様。貧困に苦しんでいた、などのバックグラウンドは基本的になく、ごく普通に社会生活を過ごしていた方ばかりです。みなさんちょっとした「落とし穴」にハマってしまい、そのままうつ病になってしまった…という感じ。常々思っておりますが、改めて、他人事ではないなぁ、と思わされました。
うつ病にかかった背景が多種多様なら、回復に至る道のりもまた多様であるように思います。 特に印象的なのは「起業してうつ病が治った」という安田さん。彼はNPOキズキを立ち上げている気鋭の起業家ですが、起業前は1日30錠を服薬していたほど、うつ病に悩まされていました。

気になった部分を読書メモ。

ついでに読書メモもアップしておきます。どれも当事者の声だけあって、非常にリアル。

・それである日、夜遅くカップラーメンを食べようとしたんですが、なぜかカップラーメンの作り方がわからないんです(笑)。気づいたら涙が出てきていました(昌弘さん)。

・あのころは、あまり記憶がないんです。とにかく寝ていたから、ただただ時間だけが過ぎていきました。当然、友だちとも会っていなくて。気にはなるから何か情報を入れようと思いつつも、全然頭に入ってこなかったです。だって新聞の文字が読めないんですよ(昌弘さん)

・自分でもなぜ泣いているのかわからないんです。あと、残業はないし、体を動かす仕事でもないのに、体力的にすごく疲れてしまって、朝すっきり起きられなくなってしまいました。それなのに逆に夜は寝付けなかったりとか、途中で目が覚めたりとか。深夜にパッと目が覚めて、翌日会社があるから眠りたいんだけれども、全然眠れなくてますます焦ったり。 ・ぼくは負けずぎらいなので、明らかに自分が劣っている状況で穏やかではいられないのです。そもそも興味のないことで勝負をしたくなかったし。「営業だったら勝てるのに!」といつも悔しく思っていました(安田さん)。

・大学に入るまで、ずっと努力してきたんですよ。だから、努力をしないでグチグチ言う人を受け入れられなくて。「んなこと言ってねーで努力しろよ!」みたいなことをすごく言っていたんです。でも、今は自分が「努力できない」状態を知っちゃってるから(笑)。「そういうつらいときもあるよね、よくわかるよ……」と(安田さん)。

・(ギャルは)「私なんかが生まれてきた理由はなんだろう」みたいな世界観に共感している子たちばっかりなわけです。そういう意味で、うつ病になりやすそうな人たちが多いんですよね。リストカットすることがファッションみたいな感覚の人も多いです。(エリカさん)

・「身体を安売りしてかわいそうな私、それがファッション」みたいな子とか。結構やばいコミュニティだと思います。もちろん明るい、生粋のギャルもいますけど。だいたいみんな強いコンプレックスを持って、何かにすがりたい気持ちでそこに吸い寄せられている子が多いんじゃないかな。(エリカさん)

・今ギャルな人たち……加藤ミリヤとか、その類の曲に共感する人たちって、結構危ういと思うんですよ。(中略)「ウザい!」とか言ってる子を見ると、今は「あ、悲しいんだな」と思います。(エリカさん)

 

最近「ヤンキー」文化に関心があるのですが、大きなヒントを頂けた気がします。背景には強いコンプレックスがある、というのは通底した理解になりえそうです。

と、本来の主旨とは少し違う読み方をしてしまいましたが、人間心理の理解を深める本としても、読み応えがあります。おすすめの一冊。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange