賛否両論?イケダハヤトが物申す

若者の視野が狭くなっている?

スポンサーリンク

某大学教授の方と3時間近く対談してきました。あまり語られない会社の仕組み、グローバリゼーション、最近の学生のマインドなどについて話を伺いました。この模様は7月頃電子書籍で出る予定です。


若者の視野が狭くなっている?

話のなかで特に面白かったのは、最近の若者の視野が狭くなっているという話。エピソードに事欠かないのですが、たとえば、

・自分が就職する会社の「親会社」がどこであるかを知らない学生
・テニス部に所属して週三でテニスをしているのに、ウィンブルドンで優勝した選手が誰かを知らない学生
・十分な学歴があるのに、なぜか有名企業の「親会社」ではなく、「子会社」を率先して受けようとする学生(子会社に入っても待遇は悪いし、出世が難しい、ということを知らない)
・授業中「名古屋の人口ってどのくらいだと思う?」という問いに対して「うーん、4万人くらいですかね?」と回答した学生

なんて話が挙がりました。その大学のレベルは決して低くなく、一般的には上位校として知られる学校です。薄々は知っていましたが、こうして話を聞くと驚きますね。まぁ、ぼくも人のことは言えないんですが。


ここから導き出せそうなのは、少なくとも、最近の若者の「視野」が狭いということ。昔から狭かったのかもしれませんが、最近の若者は「自分の無知を恥じることがなく」、知らないことを「自分には関係がないこと」として捉える、ある種の諦め、開き直りを観察することができます。テニスの有名選手を知らなくても、それは「関係のない話」であって、別段恥ずかしいわけではないのです。


ぼくは若者に所属する側なので、これは嘆かわしい変化というよりは、テクノロジーや社会の変化が、そうさせている部分が大きいのではないかと考えます。ツイッターのフォロワーの方から頂いた意見も合わせてまとめてみると、

・Googleですぐに調べられるので、知らないことは恥ではなくなっている
・インターネットによって、同じ興味関心を持つ仲間とつながりやすくなり、多くのことが「関係のないもの」として映るようになった
・世界を広げる精神的・時間的余裕がない
・冷たい言葉を投げかけられ、虐げられてきたので、見返してやる!という気にならない(@konton3809
・挑戦するには、あまりにも厳しい社会だから(@iraburaburabu
・ネットの普及で将来を疑似体験できてしまい、ある種の諦観を得てしまっている(@shinkichi813
・広い世界を見ると、自分がちっぽけに感じてしまうから。自分を守るために、外の世界とのつながりを抑制している(@jyou21000

なんて意見を頂きました。どれも興味深いです。みなさんも思い浮かぶものがあれば、ぜひツイッターで教えてください。

総じていえば、若者は少なくとも短期的に「賢い」選択をした結果として、視野が狭くなっている、と考えられるでしょう。視野が狭くなっているとしたら、それに値する合理的な理由があるはずなのです。「合理的な理由」については色々ヒアリングしつつ、もう少し煮詰めていきます(次回作はまさに「若者論」に挑戦する予定です)。


視野の狭さはブラック労働の原因に

視野が狭くなることの弊害は、まず、「巧みに設計された世の中のルールを知らないまま、ゲームに参加してしまうこと」が挙げられます。

「社長の言葉を信じて、この会社で修行しているんです!」と目をキラキラさせながらブラック企業に勤め上げて潰れて使い捨てにされていくような人材は、会社がどのような仕組みで動いているのかを知りません。

彼は「会社は自分に生きがいを与えてくれている」と思い込み、また会社もそう語ることでしょうけれど、その実、会社は利益を上げることが最優先であり、「生きがい」は単なる目の前のニンジンである可能性に気づきません。彼の視野がもう少し広ければ、会社の仕組みが自分を搾取する結果をもたらしうることに、十分気づけるでしょう。


狭い視野では「小粒」なものしか生み出せない

第二の弊害は、大きなものを生み出すことが難しくなることです。

ぼくらの時代においては、小さなコミュニティの中で満足を得るのは簡単です。

このブログも「小さなコミュニティ」のひとつで、ぼくはここを居場所にして、自分のことを理解してくれる人々とともに、安穏と日々を暮らすことも難しくありません。冒頭で紹介した「有名選手を知らないテニス部員」は、ちょうどそんな感じで、日々を楽しく過ごしているのでしょう。

ここでの問題は、小さなコミュニティのなかで、十分に満足してしまうことです。居心地のよさを感じてしまうと、いわゆるハングリー精神のようなものは抱きにくくなります。だって、現状で満足できているわけですから。

ぼくは創作活動をしている人間なので、自分に満足したら終わりだと思っています。ファンに囲まれて、安穏としてしまった時点で、常識を打ち破るような大きなインパクトは出すことができなくなります。

ぼくの友人の編集者は、「ニコニコ動画のコミュニティから世界的なクリエイターが出て来ないのは、彼らが小さなコミュニティで満足しており、越境するモチベーションがないからでは」と語っていました。確かに、ニコ動って歴史がある割に、世界に飛び出したのは初音ミクくらいですよね。

狭い視野で世の中を見て、そこに満足してしまうと、「小粒」なものしか生み出せません。小粒なものに価値がないとはいいませんが、そうした態度からは、常識破りの創作物は出てこないでしょう。


理由はどうあれ、自分が今いる場所に満足せず、一歩「はみ出して」世界を知ることは、自分の人生を豊かにするきっかけになるでしょう。どういうかたちになるかわかりませんが、学生が自然に視野を広げることができる仕組みを作りたいですね。


(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange