賛否両論?イケダハヤトが物申す

結婚はオワコンなのか?今、あえて「結婚」する意味について

結婚制度はオワコンなのか?というテーマが盛り上がってますね。これ面白いので考えてみます。

結婚はオワコン!? – Chikirinの日記

今、あえて「結婚」する意味

ちきりんさんが指摘しているように、世界的に非婚化(事実婚)が進んでいます。

<婚外子の比率の変化>

スウェーデン  39.7% → 54.7%
フランス    11.4% → 52.6%
————————————————
イギリス    11.5% → 43.7%
オランダ    4.1% → 41.2%
米国      18.4% → 40.5%
ドイツ     15.1% → 32.1%
スペイン    3.9% → 31.7%
————————————————
カナダ     12.8% → 27.3%
イタリア    4.3% → 17.7%
————————————————
日本      0.8% → 2.1%

結婚はオワコン!? – Chikirinの日記

事実婚の多さは法制度や文化が背景になっていると考えられます。Wikipediaを見ると、フランスでは法制度上の縛りを嫌厭して事実婚が広がっていることが指摘されていますね。もちろん、フランスのお国柄も影響していると思います。

もともとフランスでは、婚姻や離婚に関する法律的な条件が日本などに比較すると厳しい(例えば、日本なら可能な協議離婚ができない。相続法の関係で、事実婚は内縁関係でなく「事業契約」と同等と見なされるため、パートナーの一方が死亡した場合、残された相手の生活に必要な財産が保護されない、など)。そこで、このような制度が要請されたと思われる。

そのため、同性愛者のカップルだけでなく、同棲はしていても何らかの理由で結婚できない・したくない異性愛のカップルが、同性カップルと同様、PACSを利用する。近年では、同性カップルよりも異性カップルのPACS締結数の方が格段に多くなっている。

民事連帯契約 – Wikipedia

日本でも着々と「事実婚」は選択肢になりつつあるようで、だいぶ前にnumabooksの内沼さんと「非結婚のススメ」的なトークイベントをやりました。当時、彼はパートナーと「結婚」するつもりはなく、「結婚する意味って何なの?」という問いを抱いていました。

たしかに、結局はふたりの愛の問題ですから、制度として結婚を利用するか否かはささいな問題になりつつあるように思います。このブログを読んでいる方の中にも、事実婚でいいんじゃね?と思っている方がいるかもしれません。

結婚する意味①:税制、権利上の問題

では実際的に、この時代に結婚する意味って何なんでしょう。考えてみました。

まず第一に考えられるのは、税制や権利上の問題です。事実婚と法律婚では、「配偶者控除」「相続権」「親権」などの面で、事実婚が不利になる現状があります。「事実婚 新しい愛の形」で紹介されていた表をご参考に。

事実婚を選択する場合は、これらの実生活上のデメリットを受け入れる必要があります。この点は事実婚の浸透を妨げる、大きなハードルとなっているのでしょう。

結婚する意味②:家族が増える

これは個人的な実感値ですが、「籍を入れる」という行為は、家族が増える(義父母、叔父・叔母、甥・姪…)という点にも意義があるように感じます。この点は籍を入れない事実婚の場合、特に年長者の親戚からは「他人」的な扱いを受ける可能性も否めません。

もちろん、これはコミュニケーションの問題なので、事実婚であっても親戚とあたたかな関係性を維持しているケースもあるでしょう。ぼくの知っている範囲でも、そんな方々は普通にいらっしゃいます。

ただし、親以上の世代の理解が得やすいかというと、なかなか難しいのも現状だと思います。まだまだ日本では「事実婚?なんで??」という反応が一般的でしょう。「事実婚なんて遊びだ!」という断罪もありえそう。

 

裏を返せば、戸籍上の家族を増やさない事実婚は「親戚付き合いを強要されない」というメリットももたらします(「事実婚 新しい愛の形」)。自由でいたいカップルにとっては、事実婚という選択肢は魅力的なのでしょう。

…うーん、色々と考えてみたのですが、実際突き詰めて考えると、結婚制度ってもはや強い意味合いはない気がしてしまいました。みなさん意見ください。

深く考えず「そういうものだし」「なんとなく」、結婚という選択肢を取っている方も多いのではないでしょうか。かくいうぼくも、「籍をあえて入れない」という選択肢は頭に思い浮かびませんでした。

みなさんは結婚制度の意味をどう考えますか?結婚している方は、どんなメリットを感じて結婚しましたか?事実婚にしようと考えている方は、なぜその選択を取ろうと考えているのですか?

ぜひコメント欄、ツイッター、フェイスブックでご意見ください。

早速たくさんの意見をもらってます。みなさん面白い観点!

なんか深い…もっと聞きたいですね。


引きつづき募集してます。@IHayatoを含めてツイートしていただければ!

 

事実婚とは

・実質的な愛を育んでいける、自由度の高い精度。人の心や社会状況など、様々な変化に対応できる現代にマッチしたカップルの形態だと考える。

・スウェーデン、フィンランド、オランダ、フランスでは3割以上の女性が事実婚を選択。スウェーデン、フランスでは事実婚が公的に認められている。フランスは事実婚を公的に認めたこともあり、出生率が回復した。

・同棲との違い。同棲は婚姻意思がない。事実婚は、法的な手続き(婚姻届の提出)をしていないが、夫婦関係にある状態。

事実婚のデメリット

・言葉として理解されておらず、事実婚をしていることを伝えても、大方首をかしげられる。「遊び」だと思われることも。

・未だに多くの企業は事実婚を認めていない。慶事休暇が取れない、お祝い金が出ないなど。

・子どもが非嫡出子扱いになる。法的な父子関係を成立させるためには、認知という手続きが求められる。夫婦間に嫡出子がいる場合、非嫡出子は相続できる金額が半分になる。

・配偶者控除などが認められておらず、税制上不利益になる。

・事実婚の夫婦間では相続権がない。相続するためには遺言が必要。

・生命保険の受取人に指定するにも、煩雑な手続きが求められる。

・事実込んだと不妊治療ができない場合がある。

事実婚のメリット

・姓を変える必要がない。女性の場合、結婚に伴う煩雑な名義変更が不要になる。

・女性のアイデンティティが保たれる。嫁ぐということは、文字通り夫の「家の女」になること。従属意識の解消。

・親戚付き合いを強要されることも少なくなる(特に女性)。

・別れた場合も戸籍上は「バツイチ」にならない。トラブルになりがちな離婚手続きも不要。再婚時に事実婚を選択するカップルもいる。

・事実婚の多くのメリットは、実際のところ女性に帰属する。男性にとっては「別れやすくなる」という点がメリットとして残る。

・男女同権、自立しているなどクールな印象を抱ける、という声も。

 

渡辺淳一氏は、多様なカップルのあり方を許容する社会を作りたい、という意思を一貫して表現しています。明治時代にできた民放によって、不利益を被っている人がいるのなら、解消してしかるべきでしょう。

僕は婚姻届を出して結婚しておりますが、税制上のメリットがあるのが大きいです(現在奥さんは共働きですが、将来は配偶者控除を受ける可能性があります)。また、結婚することで「家族が増える」のも、僕にとってはポジティブな意味合いを持ちました。

本書にも書かれていますが、何が正しいという話ではなく、あくまで選択の問題です。渡辺氏の書かれている通り、多様性を認める社会を作っていきたいものです。事実婚について理解できる良い本なので、結婚制度に関心がある方はぜひ。

 

 
(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange