賛否両論?イケダハヤトが物申す

休学をオススメする3つの理由

スポンサーリンク

非常勤を担当している多摩大学のゼミ、ゴールデンウィークということでゲストトークを開催しました。スピーカーは@miki_mo氏、主なテーマは「休学」。色々と刺激的な話をしてくださいました。

ぼくは休学を経験していない人間ですが(ぼくが大学生だった頃は、まだ一般的ではありませんでした)、周りを見ていると、休学って非常におすすめできる選択肢だと感じます。今大学生なら、間違いなく休学しています。その理由を3点でご説明。

 

1. ニートとして自分に向き合える

休学時にまずオススメしたいのは、「ニート」状態に自ら浸ってみること。とりあえず1ヶ月、あえてバイトもインターンもサークルも、何もしないで家でゴロゴロ、近所をうろうろしてみましょう。大学にも足を運んではいけません。

すると、精神状態がヤバくなってきます。「オレはいったい何をしてるんだ…休学しているのに何もしていないなんて、ヤバいんじゃないか…」というフラストレーションが蓄積してきます。

こういう状態になると、ほとんど強制的に自分と向き合うことになります。「オレは何のために生きているのか?周りの友だちは毎日楽しそうだが、ヤツらは何をしたいんだ?オレは何を実現したくて働こうとしてるんだ?今、何をすべきなのか?」云々…自分に対する問いかけが始まります。

サラリーマンもそうですが、「毎日同じ場所に行けばやること(授業、仕事)がある」という状態は、自分に向き合う機会を失わせます。休学をし、自分をニート状態に追い込むことで、内面とじっくり向き合う機会を得られるでしょう。

 

2. 「やりたいこと」リストを消化できる

短期留学したいなぁ、スポーツに挑戦したいなぁ、名画を100本くらい観たいなぁ、外国人の友だちつくりたいなぁ、アジア旅行したいなぁ、ベンチャーでインターンしたいなぁ…などなど、多かれ少なかれ「やりたいこと」を人は抱えているものです。

しかし、日々学業に励んでいると、そうした「やりたいこと」たちに、なかなかどうしてがっつり取り組めないものです。限られた時間では、「やりたいこと」の全てを潰していくのは困難なものです。

休学中におすすめしたいのは、こうした自分の中の「やりたいこと」を最大限消化していくこと。それを通して、自分が本当にやりたかったことが、ぼんやりとですが見えてくるはずです。

ぼくらの目の前には、膨大な選択肢が広がっています。人間として生きる以上、ある程度選択肢は絞らなければなりません。選択肢を絞るためには、まずは選択肢を実際に体験し、その価値を体で知ることが有効です。

休学中に選択肢を削りましょう。短い時間で一本の道を見いだすことはむずかしいですが、少なくとも3〜4本にまでは絞ることができるはずです。

 

3. 人と会える

休学中におすすめしたいのは、とにかくたくさん、自分が所属するネットワークの「外」にいる人たちと会うことです。

学生という身分があれば、たいていの社会人には会えるはずです。最近は茶会人訪問ジョブカレみらい図鑑といった便利なツールも登場しています。これを使わない手はありません。

持論ですが、ある一定のラインまでは、自分の成長というものは、これまでに会って話を聞いた人の数と正比例します。みなさんが500人の人に会えば、それだけ成長します。100人の人としか会わないのなら、その分しか成長しません。

というのも、人と会うというのは、2つ目で指摘した「選択肢を絞る」ことそのものだからです。様々な人の話を聞くことで、本当に自分がコミットすべき道が、ぼんやりと見えてきます。様々なサンプルのなかから、自分に合った生き方を見いだすことができるでしょう。

 

「中途半端な充実」から脱却する

この人面白いなぁ、という学生は、高い確率で休学していることに気づきます。

なぜ休学者に面白い人が多いのか。ぼくは休学したことがないのですが、学生たちの話を聞くと、ひとつの共通項が見えてきます。

それは彼ら休学者が、「休学しているのに、何もやらないのはヤバい」という圧力を、休学中に感じていることです。

 

大学生活の問題は「中途半端に充実していること」です。実質テキトーに授業を受けて、誰でもできるアルバイトをして、サークルで友だちとワイワイやっているだけであるにも関わらず、それで満足して4年間を終えてしまいます。

かくいうぼくが、まさにそんな過ごし方をしていました。今振り返ると、本気でブログを運営してみるとか、留学するとか、スタートアップでインターンをするとか、社会人にたくさん会っておくとか、何か実務で役立つ経験をしておきたかったと後悔に駆られます。

 

「休学」というのは、そういう「中途半端な充実」から強制的に脱する機会になります。何せ、大学に行く必要がないんですから。

人によっては休学中にサークルやアルバイトを継続する人もいるのでしょうけれど、個人的にはあまりおすすめしません。徹底的に「中途半端な充実」から自分を引き離すべきです。自分を隔離すべきです。いっそのこと、一時的なひきこもり状態に陥りましょう。1ヶ月間、家を出ないで自分について考えてみる、というのもいいです。

社会から隔絶されると、「休学しているのに、何もやらないのはヤバい」という圧力に駆られます。同時に「何のために大学に通っているんだっけ?」という根本的な問いにも向き合うことになります。

そして、今までの自分だったらまずしなかったであろうこと(留学、起業、インターンなどなど)が、行動の選択肢に入ってきます。

 

もっとも、留学やインターンといった経験それ自体は、すぐに自分の役に立つかはわかりません。そういう「すぐに役立つ便利なもの」を求める姿勢は、どこかで期待を裏切られます。

が、一度隔離されて、自分の道を歩み出し、選択に失敗・成功するという、その経験は、これから社会を生き延びていく上で重要です。自分の理知を用いて、自分の責任で、歩を進めるという経験です。

そこにレールは用意されていません。休学という地平は、「お前はどこに行きたいんだ?」という問いに向き合う環境に自分を置いてくれます。

 

というわけで、ぼくは休学をおすすめします。学校によっては費用が掛かるようですが、経済的に許されるのなら、積極的に休学するといいのではないかと思います。

とはいえ、これはあくまで休学を経験していない部外者の意見です。実際に休学を検討する際は、経験者の話をじかに聴くことをおすすめします。「戦略的休学のススメ」なんかも参考になるでしょう。

 

休学経験者の共同ブログが開設されてますので、関心がある方はぜひ。

休活BLOG|休学経験者の学生を集めた「共同ブログ」です。

 

関連本はこちら。休学して世界一周に出た学生も紹介されています。お金はちょいと掛かりますが、こういう過ごし方も素敵ですね。

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange