賛否両論?イケダハヤトが物申す

[有料メルマガ] 津田マガ読者数は8,000〜9,000人、ホリエモンは1.5万人

スポンサーリンク

これは貴重な情報。ニコニコ超会議のイベントより。

ニュース長すぎ、EPUBはクソ規格–ホリエモンがニコニコ超会議で語った全文2 #chokaigi – NAVER まとめ


津田マガ8,000〜9,000人、ホリエモンは1.5万人

ぶっちゃけ、有料メルマガっていくら儲かるのかよく分からないんですよね。堀江さんが貴重なデータをイベントで晒しています。

堀江:Market Hackね。ああいうメディアがどんどん育ってきて、収益を得られるように、彼らは広告だけど、僕はたとえばメルマガで1万5000人くらいいますが、津田さんのメルマガもさっき聞いたら8000〜9000くらい。藤沢数希さんのメルマガも5000人超えてるってことで、かなりそれなりの市場規模にはなってきているですよ。でもまだメルマガ市場って20億円くらいだと思うんですよ、マーケット。これがせめて100億円にはしたいよね。

ニュース長すぎ、EPUBはクソ規格–ホリエモンがニコニコ超会議で語った全文2 #chokaigi – NAVER まとめ


ウルトラざっくり計算すると、売上はそれぞれ下記の数字になりますね。

(堀江さん)840円×15,000人=12,600,000円
(津田さん)630円×8,000人=5,040,000円
(藤沢さん)840円×5,000人=4,200,000円

ここからメルマガスタンドの手数料が半分抜かれます。個人なら十分な収益ですが、会社設立して編集・制作スタッフ数名雇うとトントンな感じですね。ただ、メルマガスタンドを使わず自分で課金システムまで持ってしまえば、だいぶ収支は変わりそう。


ぼくも有料メルマガは検討していますが、ブログとの相性が悪いのでなかなか踏ん切りが付きません(ブログにコンテンツを「出し惜しみ」をしてしまうようになる)。

ぼくが本気でやるとしたら、現実的には630円×1,500人=945,000円なんてところでしょうかね…。収益はブログとそんなに変わらない割に配信への義務感が強いので、テキトーなぼくとしては躊躇してしまいます。

やっぱり情報はオープンで出していきたい、という気持ちも強いです。ぼくの場合は読者層との相性も考えると、Synapseを使った有料サロン運営が現実的な感じですね。こちらは手数料も20%とお安いです。現在話を進めているので、たぶん6月までには開設できる…と思います。ブログの運営をみんなでサポートしあうようなグループを作る予定です。


スポンサーリンク