おすすめ本・セール情報

西成活裕さんの「お金を掛けずに渋滞を解消するアイデア」が頭よすぎる

スポンサーリンク

いやー、この本ホントに面白い。荒俣宏さんと15人の異才たちが語る、知らない世界の話。前回「ハゲ」の話を紹介しましたが、この記事では西成活裕さんの「渋滞学」からピックアップ。


お金を掛けずに渋滞を解消するアイデア

800px KosugeJCT misatosen nobori

首都高の小菅ジャンクションは、構造上「渋滞」の起点になってしまっているそうです。これをお金を掛けずに解決するアイデアが、ほんとに賢くて感動。

西成:あそこ(小菅ジャンクション)は二車線で、合流地点で右から来た車は左車線へ、左から来た車は右車線へ行こうとするので、合流後すぐに渋滞するんです。普通なら数億円ぐらいかけて立体交差をつくることを考えるんですが。

荒俣:西成さんのアイデアは?

西成:合流地点から、車線変更禁止の黄色線を150メートルぐらい引く。両側から来た車はしばらく並んでは知りますが、これは人間にとって気持ちが悪い。だから、だいたいズレ合います。
「鴨川カップル作戦」と呼んでいるんですが(笑)、京都の鴨川でデートするカップルは、互いに避け合ってきれいに等間隔に坐ります。人間のそういう真理をうまく利用すればいい。
シミュレーションによれば、140メートルの線を引くと80%の確率でズレるので、その後に合流するようにすれば、きれいに交互に合流できます。
線一本で渋滞が解消できて、費用はペンキ代のみ。

これすごくないですか?頭よすぎです。これぞソーシャルデザイン思考。たしかに真横に車が並んでると、なんか気持ちわるくてずらしちゃいますよね。

西成さんは「これからは人間の心理や自然な行動を利用する公共政策を行うべきです。こういう施策なら、税金のムダ遣いも避けられます」と語っています。うーん、デザイナーの時代という感じ。

他にも興味深いトークが展開されており、なんでも江戸時代は、堤防の先に遊郭を設置し、遊郭に通う人たちを利用し、堤防を踏み固めさせていたそうで。なんて頭がいい…。「発電床」も同じ発想ですよね。


うーん、この手のアイデアは本当にワクワクします。最近紹介したものだと、遊ぶだけで発電できるサッカーボールなんてものがありましたね。こういう発想で世の中の問題を解決できる人材は、これから貴重になるでしょう。


その他、鯨、ハゲ、オランウータン、救急、中国、演歌などなど、様々なキーワードで専門家の方々の知見が披露されています。対談本は数あれど、これは超一級の書籍ですね。知的興奮を味わえること間違いなし、おすすめです。


スポンサーリンク