おすすめ本・セール情報

[心理学] 「意志の力」には限りがある!あなたは無駄遣いしてませんか?

スポンサーリンク

米国の大ベストセラーがついに邦訳。コンテンツをちょいちょいご紹介です。いやー、これはすごい本です。380ページ、示唆が詰まっています。


意志の力は有限

特に面白かったのは、「意志の力」に関する心理実験。全文引用すると長いので、要点をまとめ。

・「味覚の実験です」という名目で、お腹をすかせた学生を集める
・被験者Aには「クッキー」を食べること、被験者Bには「ラディッシュ」を食べることを要求
・被験者の目の前には「クッキー」と「ラディッシュ」の両方が置かれる(ラディッシュを要求された被験者は、クッキーの誘惑に意志の力で勝たなければならないわけです)
・5分間食べつづけてもらったあと、「味覚の記憶が消えるまで」15分の休憩を挟む
・休憩時に、時間つぶしとして「パズル」を提供する。しかし、そのパズルは絶対に解けないようになっている
・ラディッシュを食べさせられた学生(=意志力を使った学生)は、クッキーを食べさせられた学生よりも、パズルへ取り組んだ時間が60%短かった

ラディッシュ担当の学生は「パズルを解いているあいだ、ぶつぶつとひとりごとを言う。ある被験者は、こんな実験は時間のむだだと言い続けていた。また別の被験者は、実験者が部屋に戻るといきなり文句を言った」そうで。お腹が空いているときにこれは確かに辛い…笑


この実験は、「意志力が消耗される」ことを証明しているとされています。以下、実験を行ったマーク・ミュレイヴン氏のことば。

このテーマで200件以上の研究が行われていますが、すべて同じ結論にたどりついています。

意志力は単なるスキルではなく、筋肉のようなもの。腕や足の筋肉と同じように、使えば使うほど消耗し、他のことをする力がなくなってしまうのです。


この話を聞いて気になるのは、「自分は意志力を無駄遣いしていないか?」という疑問ですよね。ぼくはなるべく「楽しめる仕事」しかしないようにしていますが、なんだかんだで雑務に追われ、日々意志力を消耗してしまっています(メール返信、経理、タスク依頼など)。

体感的にも間違いないのですが、意志力を消耗した日(経理事務を終わらせた日)なんかは、まさに「他のことをする力がなくなって」しまいます。薄々分かっていましたが、やっぱり筋肉のようなものなんですね。無駄遣いしないよう、効率化を心がけようと思います…。


書中ではさらにスターバックスをケーススタディにして「意志の筋肉を鍛える方法」と、ビジネス・経営について述べています。こちらも心理学的な実験を例に挙げながら、非常にエキサイティングな論考が展開されています。さすがに大ベストセラー、超面白いのでぜひ本を手に取ってみてください。



スポンサーリンク