未分類

[寄稿] 岩手県釜石市・コミュニティ形成支援のモデル事例に学ぶ

スポンサーリンク
スクリーンショット 2013 04 16 13 59 27

復興をテーマにした業界紙「東北復興新聞」から寄稿をいただきました(ありがとうございます!)。

話題はかなりマニアックですが、このブログの読者のなかにはコミュニティ形成、被災地支援に関心がある方も多いと思いますので、ぜひぜひご紹介させてください。「復興コーディネーター」の仕事と意義について扱った、骨太な記事です。以下、本文です。


復興コーディネーターとそのマネジメント

5 rcf
(唐丹町で活動するRCFの復興コーディネーター。右から山口幹生さん、山口里美さん、釜援隊として採用が決まった下川翔太さん)


住宅再建や新たなまちづくりへ向け、各地域におけるコミュニティ形成の重要性が高まっている。岩手県釜石市では、一地区で行った「復興コーディネーター」を活用した施策が評価され、この春から市内の他地域で同様の施策が横展開されることとなった。

評価が難しいとされるコミュニティ支援等のソフト的活動だが、どのような成果があったのか。復興コーディネーターの役割と、それを支えたマネジメント手法を取材した。


岩手県釜石市の南部に位置する唐丹(とうに)町。現在人口2千人強の同町沿岸部はそのほとんどが漁村で、7つのうち6つの地区が被災した。東京を拠点とする一般社団法人RCF復興支援チーム(以下RCF)は、昨年6月より同町に「復興コーディネーター」を派遣し、コミュニティ形成支援を行ってきた。

復興コーディネーターの役割は大きく2つ。1つは住民活動のサポートだ。草むしりから地元中学校の駅伝大会、各種イベントの企画運営や震災記録誌の制作、助成金取得など、あらゆる住民活動をサポートしてきた。こうしたイベントなどの活動を通じて、外部との触れあいや住民同士の再会の機会が生まれ、地域の活気につながっている。

「住民の方々がしたいことを大切にしながら、実現へ向けて色々なアイデアを提案しながら進めています」

復興コーディネーターとして昨年7月から現地入りした山口幹生さんは話す。彼らが住民からの大きな信頼を得ている理由は、さまざまな支援活動とともに、外部の人間として「前に出過ぎない」立ち位置にも秘訣がありそうだ。


外部だからこそできる調整役

4 renraku
(RCFが行政と住民の間に立って開催した個別の住民説明会。全住民への説明の前に、中心となる住民達で内容の確認を行った)


もう1つは、まちづくり議論の場づくりだ。

RCFが唐丹で活動を開始した際、公営住宅や土地利用など先が見えない中、行政からの説明に疲れを感じる住民も少なくない状況だった。こうした中では住民主体のまちづくりは実現できないと、RCFは議論の場づくりや調整に奔走した。

その一つが、町内会役員や仮設の自治会長など住民の中心メンバーに提案した、行政が主催する協議会に先駆けて行う連絡会議だ。会議では長期的にこの町をどうしていきたいのかが話しあわれ、最終的に行政側へ提案する意見が集約されるよう、ファシリテーションや事前調整を行った。

「どの地域にもさまざまな人間関係がありますが、第三者だからこそ橋渡しや調整がし易いということもあります」と山口さんが話す通り、調整役は外部の支援者ならではの役割と言えるかもしれない。事前の連絡会議の成果もあり、11月に行われた協議会では拍手がわき起こる盛況な会になったという。


住民の代表性をつくりだす

RCFでは、こうした活動の先に目指すものを明確に定めている。

「大切なのは代表性のある住民組織があることです」。

こう話すのは同法人代表理事の藤沢烈さんだ。地域内にさまざまな住民組織やコミュニティが存在する中で、「あの人が言えば」という信頼を得ているリーダーの存在は非常に重要。そうしたリーダーや組織は代表性を持つため、行政から見ても会話や調整がし易い相手となる。当然、住民からしても意見が通り易くなる訳で、結果的にまちづくりが加速化する。

「よく行政・住民間の連携が課題と言われますが、実は本質的な課題は住民同士の連携だと気づいたんです」(藤沢さん)。復興コーディネーターは、住民活動の促進や場づくりを行いながら、住民間のコミュニケーションを円滑化しているとも言えるだろう。


指標設定と綿密な業務マネジメント

1 skatt
(唐丹町の地区対抗で行ったスカットボール大会の様子。大盛況で住民は久々の再会を喜んだ)


復興コーディネーターの成果を支えているポイントはこれだけではない。マネジメントレベルにおいても、さまざまな工夫がされている。

まずは徹底した指標管理だ。前述の「代表性のある住民組織が存在する」に加え、「住民による自発的な活動が行われている」「議論において女性や若者などの意見が吸い上げられている」などの10項目以上を指標として設定し、エクセルシートで地域ごとに詳細に管理。そしてそれを行政や関連団体と定期的に進捗確認を行っている。

こうすることで、業務マネジメントに留まらず、セクターを越えた関係者間でのゴールの共有が実現されているのだ。

こうしたノウハウは、今後釜石市内の他地域でも活用される予定だ。またRCFでは、市や県を越えて被災地全体にも、コミュニティ形成支援のモデルとして活用してもらいたいとしている。


市内他地域での横展開を開始

唐丹町では、約9ヶ月間の復興コーディネーターの活動の成果として、前述の「代表性のある住民組織の構築」等の各指標において改善が見られた。これをうけ釜石市は、この4月より復興コーディネーター施策を横展開する。「釜石リージョナルコーディネーター」(通称:釜援隊)の名前で順次採用する。

展開にあたり、市はまず市内の被災地区のリサーチを行った。自治会など住民組織や生活応援センター等の行政組織などへ集中してヒアリング。各地域のリーダーやコミュニケーション状況を把握し、展開地域を選定した。結果、東部地区と鵜住居周辺の地区を重点地区と設定し4月から7名、7月からさらに7名が採用される予定だ。


マネジメントスキルを地域に根付かせる

「各地域で固有の状況があるため、唐丹とまったく同じ形でやる訳ではありません」。こう話すのは、リサーチや役場内調整を行う釜石市復興推進本部事務局の石井重成さん。

RCFという外部団体として復興コーディネーターが現地に入った唐丹と異なり、釜援隊のメンバーは各地域の中心的な住民団体・組織に派遣されるかたちとなる。

それぞれは別の団体に属しながら、横串でマネジメントを行うことで成果を最大化するという狙いだ。4月から活動を開始する7名のマネジメント役には、唐丹に入っていたRCFメンバーも参加する体制だ。

マネジメントにおいては、唐丹で行われていた業務管理や指標管理に加えて、釜援隊内におけるノウハウ共有や、地域をまたがってのリソースマッチングが行われる。

各地域の課題や状況を共有しながら、チームとなり一緒に解決していく形だ。こうした一つひとつのスキルが少しずつ各地域に根付いていくことは、長期的に見てこの施策の大きな意義だと言えるだろう。

(本文ここまで)

スクリーンショット 2013 04 16 13 59 27


復興についての報道はすっかり下火になってしまいましたが、現場ではこんな活動が行われているんですね。「復興コーディネーター」、魅力的なお仕事です。RCF自体も人材募集をしているので、復興を仕事にしたい方はぜひこちらもチェックしてみてください。

・東北復興にむけて、プロジェクトの成功にコミットする覚悟のある方
・困難を越えてプロジェクトの成果に貢献する意思の強い方
・地味な業務でも被災地支援のサポート役となりたい堅実な方
(いずれも社会人・学生可)

人材募集 | RCF復興支援チーム

スポンサーリンク