賛否両論?イケダハヤトが物申す

「秒速で結婚」の何が悪い

スポンサーリンク

例の結婚話について、「これはない」「なんで誰も止めなかったんだ」みたいな意見が出ていて驚きます。隊長なんかも「大人はいないのですか」「ただの悪ノリの極致」とdisってますね。

LIGの秒速結婚話のどうでも良さと胡散臭さと耐えられない軽さ: やまもといちろうBLOG(ブログ)


この結婚が成り立つ時点で相性は抜群

しょせん観客席からの意見ですが、「秒速で結婚」の何が悪いのか全然わかりません。別にいいじゃないですか。

(例によって)個人的には、批判している側の価値観が気に入りませんね。

そういう人は「結婚というものは、じっくりと膝を合わせてお互いを知り、そのあと慎重に決断すべきだ」と考えているのでしょう。実に正論です。「相手のことを何も知らないのに、なんで結婚なんてできるんだ!絶対失敗するぞ!」と、彼らは警告したいのでしょう。


しかしながら、「秒速で結婚」というネタ的で異常な事態を、お互いが容認できるのなら、それはお互いの相性がその時点で抜群だということです。価値観合いまくりじゃないですか。

「会ったこともない人にプロポーズできる人」は、日本人口の0.01%程度でしょう。

今回の出会いは、ふたつの「1万分の1」が重なった、文字通り奇跡的な状態だと思います。1万分の1どころか、10万分の1かもしれません。こんなマッチング、普通ありえませんよ。


このスピード感も含めて「おもしろい」と思えて、
未来にむかって前向きな決断ができるのが、
私と彼の、何よりの共通点だと思っています

弊社にて奇跡が起きた件。~秒速で結婚できた理由~


このぶっ飛んだ条件でつながっている以上、二人の結束は相当に強いものとなるはずです。「運命の出会い」感は、はたから見てても感じますし。

先日のバズマーケイベントで竹内さん(夫)が登場したのですが、「幸せです」と自信満々に語っておりました。それは幸せでしょうね。こんな出会いと顛末は、ほとんど奇跡ですから。


そもそも「軽い決断」ではないことなど、本人たちと、周囲の仲間たちが一番わかっていることでしょう。そんなことは承知の上で、決断しているのです。そこを見誤って「あいつらは愚かだ」と一方的に見下すことは、鈍感で傲慢な態度です。素敵な出会いを、祝福しましょうよ。


追記:隊長がこんな記事を書いてますね。まぁ、ぼくに関する批判は完全に下衆の勘ぐりです。晒しもかねて、参考までにこちらもぜひ。

要するに、金貰ってイベントした先を叩かれて怒ってるわけでしょ。お前、関係者じゃん。ステマか何かでしょうか。

LIGでイベントに呼ばれてたイケダハヤト師が顔真っ赤で秒速結婚話を擁護: やまもといちろうBLOG(ブログ)


スポンサーリンク