賛否両論?イケダハヤトが物申す

5,000円以上の食事が無料!?「ゴチソー」の仕組みに感動した

スポンサーリンク

リリース前に紹介していたゴチソー、機会があって代表の長谷川さんのお話を伺ってきました。いやー、これ面白いですね!

ゴチソー

 

ゴチソーとは?

スクリーンショット 2013 04 16 9 59 49

ゴチソーは新時代のユーザーテスト&ヒアリングサービス。

事業を運営していると、「ここ、リアルなユーザーの声を聞きたいなぁ…」と思う瞬間が出てきます。そんなとき、ゴチソーを使うと、良質なユーザーたちに、座談会形式でリアルなフィードバックをもらうことができます。

実例を見るのがわかりやすいでしょう。たとえば、「misocaというサービスについて意見を聞かせてほしい」は、サービスについてのフィードバックを求める座談会となっています。

で、ここがミソなのですが、座談会に参加すると、ユーザーはご飯を奢ってもらえます。misocaというサービスについて意見を聞かせてほしい」では、なんと5,000円以上のご飯をゴチソーになれる予定です。なんと魅力的な…参加しようかな。

スクリーンショット 2013 04 16 10 09 45

 

リサーチコストは最大で10分の1程度

長谷川さんいわく、「ゴチソーを介してユーザーヒアリングを行う場合は、既存の手法に比べると5分の1から10分の1程度のコストで抑えられる」とのこと。

既存のヒアリングとの相違点として、ゴチソーの場合は、「企業の担当者が実際にユーザーと会って話をする」かたちを取ります。

一般的なヒアリングは、いってみれば「丸投げ」形式で、企業の担当者は直接ユーザーに会わず、リサーチ会社がセッティングからヒアリング、レポーティングをすべて行う、というかたちです。どちらにもメリットはありますが、コスト的に考えると、やはりゴチソー形式の方が安上がりになるわけですね。

 

企業がファンコミュニティをつくれる

スクリーンショット 2013 04 16 11 49 36

言い換えると、企業の担当者とユーザーが直接顔を合わせるゴチソー形式は、ファンづくりにも役立つということです。

そのため、ゴチソーには企業がコミュニティページを開設することができる機能も別途容易されています。イメージ的にはフェイスブックページが近いですね。

フェイスブック同様、誰がファンになっているかは、顔写真付きで共有されます(任意で匿名にすることも可能)。

スクリーンショット 2013 04 16 11 32 49

ユーザーヒアリングをしながら、ファンコミュニティも形成できる。これはなかなか新しい切り口です。オフラインの接点を絡めるので、熱量の高いコミュニティが作れそうですね。

 

座談会開催は無料(食事代のみ)

スクリーンショット 2013 04 16 11 38 52

なんと企業側の利用料金は、現在すべて無料。必要なのは開催に掛かる食事代だけです。「ユーザーの意見を聞きたいなぁ」と思っている方はぜひお試しあれ。

今後、付加価値のある月額プランを展開していく予定とのこと。こちらも楽しみですね。

 

スクリーンショット 2013 04 16 11 43 29

現在、

南仏のデザイン機器ブランドOréeのPRアイデアをください!(クリエイティブワーカー対象、ランチおごり)
学生を巻き込んだ販促や商品開発支援について意見を下さい(企業の広報・広告パーソン、代理店のプランナー対象、ランチおごり)
最新・注目のクラウドサービス体験+座談会(女性フリーランス・女性起業家対象、5,000円相当のケータリングとスイーツ)

などなど、25件の座談会がセッティングされています。協力したい、奢られたい、という方はぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

ゴチソー

 

アプリやサービスを直接触ってもらい、フィードバックを得る

スクリーンショット 2012 10 03 10 47 42

ゴチソーは、ご飯をユーザーにごちそうすると、その代わりにアプリやサービス、事業企画のフィードバックを貰うことができるサービス。

たまに僕も「新しいアプリ作ったんで、一緒にランチしませんか?おごりますので!」みたいなありがたいご依頼を頂くのですが、これのオープンプラットフォームということですね。

マクロミルなどのリサーチサービスとはまた軸の違う、安価で、顔の見えるマーケティングリサーチを可能にするサービスといえるでしょう。これは面白いです。消費者とカジュアルにつながりにくい大企業に意外と需要があるのかも。

 

サービス関わるのは、もともとマーケティングや事業開発に携わっていた方々ばかり。業務の中でニーズを感じて、このサービスをつくったのだと思われます。

スクリーンショット 2012 10 03 10 52 46

 

こんなビジョンも掲載されています。大変共感。

全てのマーケッターと消費者をつなげるプラットフォームになること

2000年代初頭のITベンチャーの創出期を思わせるかのように、近年新たな起業家や事業が多く生まれています。その一因としてSNSやスマートフォンの普及などによるネット環境の向上があると考えていますが、一方新たなサービスが生まれるのと同時にリリースした後に、消費者ニーズとのギャップによる行き詰まりに直面する数も増えているのが現状です。

チーム凸が目指すのは、ソーシャルを使った新しいマーケティングの形であり、体力の乏しいベンチャーや中小企業には手が出し難い消費者リサーチやテストマーケティングを、全てのマーケッターが手軽にできるようにすることであり、結果としてより多くのサービスが消費者に受け入れられ日本経済の活性化に繋がる一因になることが使命だと考えています。

ゴチソー (gochi.so)- “顔の見える”ユーザーテスト&ヒアリングサービス

 

一見小粒なサービスに見えますが、そのスコープはけっこう広いような気がします。「ちょっと生の声聞いてみたい」というニーズは仕事の中で頻繁にあったりしますし、ランチ代、ディナー代でテスターを探すことができる、というのはコスト的にも手軽でいいです。

本リリースはまだですが、ぜひ興味がある方は事前登録をしておきましょう。モニター、リサーチャ、ともに受け付けています。

ゴチソー (gochi.so)- “顔の見える”ユーザーテスト&ヒアリングサービス

 

スポンサーリンク