未分類

日本版Quoraの本命!「Qixil(キクシル)」が盛り上がっている

スポンサーリンク

実名QAは本命らしい本命が出ていなかった分野ですが、これはいい感じです。現在は招待制で、IDのないユーザーは閲覧のみとなっています。

Qixil(キクシル)

 

国内スタートアップの経営者が軒並み回答

スクリーンショット 2013 04 09 17 41 02

この手のQAサービスはコミュニティ形成が鍵になるわけですが、キクシルは初動に成功している印象。

nanapiのけんすうさん、インキュベートファンドの和田さん、クロノスファンドの松山さん、Trippieceの石田さん、TechWaveの増田さん、ザワットの原田さんなどなどなど、キリがないくらい、日本の主要なスタートアップ関係者が参加しています。これはすごい。

創業者の皆さんに質問です。会社の名前はどのように決められましたか?」は特に面白いですね。「創業当時の話を聞かせて欲しいです!」もいい。スクーの森さんは飴玉だけで3日過ごしたそうで…。

ユーザーランキングの仕組みも用意されています。

スクリーンショット 2013 04 09 17 45 40

けんすうさん超回答してる…。

スクリーンショット 2013 04 09 17 46 07

 

マニアックなものからスタートアップ関係者以外が参考にできるものまで、幅広く質問・回答が用意されています。うーん、これは成功しそうな感じですね。

 

開発しているのは出会い系アプリ「Pitapat」を手がけた株式会社Pitapat。アプリ自体はすでに終了しています。アプリ開発・市場投入で得た人脈を「Qixil」ではうまく活用している感じですね。実名Q&Aは回答の質、回答者のモチベーション維持、マネタイズなどなど、困難な課題が多い分野です。今後の展開に期待ですね。

 

Qixil(キクシル)

 

起業家たちの創業期の話が面白い「Qixil(キクシル)」

面白い話がたくさん掲載されているので編集してご紹介。

創業当時の話を聞かせて欲しいです!

 

schoo 森さん:飴玉だけで、3日過ごした

スクリーンショット 2013 04 11 8 32 55

飴玉だけで、3日過ごしたことがあります。
ブドウ味が一番腹持ちするライフハックを得ました。

オンラインですばらしい講義を受講できる「schoo」の森さん。なんと飴玉だけで3日過ごしたことがあるそうです。ほとんど遭難者のようです。起業家のみなさん、飴玉はたくさん用意しておきましょう。

 

FULLER 高瀬さん:男7人のタコ部屋暮らし

スクリーンショット 2013 04 11 8 35 12

社長と僕で借りたつくばのアパートでのスタート。
男7人が僕の部屋で寝ている(転がってる)。。そんな環境でした。
昼飯・夜飯をCTOがつくり(だいたい鍋が多かった)、みんなで銭湯に行く、、プライベートは全くなかったですね。

スマホアプリを開発する「FULLER」の楽しそうな?タコ部屋生活。ロンドンのm8キャピタルなどから1億円の出資を得ているスタートアップです。

 

YJキャピタル 小澤さん:社内にテントを張った

スクリーンショット 2013 04 11 8 38 26

社員が5人くらいのときは週に3日程度会社に泊まっていました。社内にテントを張り、プライベートも充実していました。ただ今思えば22時からはみんなでボンバーマンをやって過ごしていまして、なんとなく会社に泊まり込んでいる事自体を楽しんでいたのだと思います。それもいい思い出です。

YJキャピタルの小澤さん。ビズシークの創業時のお話でしょうかね。社内にテントを張るって本格的。そして楽しそう。

 

nanapi 和田さん:電車でコーディング

スクリーンショット 2013 04 12 8 04 51

リリースまでは、自宅でも会社でも往復の電車の中でもずっとコードを書いてました。
電車のなかでノッてくると、隣に座っていたサラリーマンにキーボード打つ音がうるさいって怒られてました。

nanapiのCTOの和田さん。すさまじい仕事への情熱が伺われます。電車のなかでフロー状態になっちゃってたんでしょうね笑

余談ですが、ぼくはキータッチがうるさくならないよう、ゴム製のキーボードカバーを装着しております。Macbook Airは意外とうるさいので、これおすすめです。

 

トーキョーストーム 大沢さん:リストラに遭って起業

スクリーンショット 2013 04 11 8 40 46

働いていた会社の社員全員がリストラされ、急に決めて起業したので、リストラ宣告してきた会社の社長と交渉して1ヵ月机を借り、Findjobで仕事を取って来て一緒にリストラされた社員とその場で仕事をし始めました。今思えばどう考えても前職の社長はこいつ頭おかしいんじゃないか、とか思ってたと思うけどあの時は明日の飯のために必死だったししょうがない…

おれのそうび」やアプリ受託開発を手がける「トーキョーストーム」の大沢香織さん。やむなく起業家となった「アクシデンタル・アントレプレナー」というやつですね。起業の顛末はTechWaveでも紹介されています。

 

Quoraもそうなんですが、実名Q&Aはブロガーにとってはネタの宝庫ですね。面白いQ&Aを見つけたら、また記事化したいと思います。現在は招待制となっており、IDのないユーザーは閲覧のみとなっています。

Qixil

 

スポンサーリンク