おすすめ本・セール情報

[セール本] 56歳でセミリタイアした大橋巨泉の生活がハイパーノマドな件

スポンサーリンク

セール中の新刊。あの大橋巨泉さん、まさかのハイパーノマドになっています。今月4/1に出たばかりの書籍にも関わらず、なんと73%オフと強気の価格。小学館やりますね。

スクリーンショット 2013 04 10 16 51 29


大橋巨泉のハイパーノマドな生活

1990年にセミリタイア宣言をした大橋巨泉さん。かれこれ23年が経ち、その経験を今回の著書にまとめています。全世界を飛び回って暮らす、いわゆるハイパーノマドな暮らしをしていらっしゃいます。

ボクの生活は、基本的にこの23年間、大きく変わってはいない。4月から5月は日本で過ごしている。ただし最近、5月はヨーロッパ旅行をすることが多くなった。毎年とまで言わないが、3年に2回くらいである。その場合、春の日本は5月の連休までいて、ゴールデンウィーク明けから、6月の10日くらいまでヨーロッパを旅することとなる。

(中略)6月から9月の半ばまでは、カナダで過ごす。夏のカナダは、とにかくすばらしい。飽きることがない。

そして、秋になると日本へ戻ってくる。といっても、9月の半ばから10月いっぱいまでだ。

11月には4週間ほどオーストラリアへ行き、12月から3月の初めまではニュージーランドの夏を満喫する。3月にはまた3週間ほどオーストラリアへ行く。

そして春の訪れとともに日本へ戻ってくる。そうやって、一年が回っていく。

すごい!まるで渡り鳥です。世界中で何をしているかというと、ひたすら一年中、夫婦で楽しくゴルフをしているそうです。絵画にもハマっているらしく、特にヨーロッパで美術鑑賞にも打ち込んでいるとか。御年80歳とは思えぬアグレッシブな暮らしです。

気になる生活資金については、

・ボクはいわゆる株式投資はしたことがない。ファンドもない。現役時代に蓄えた財産を定期預金にして、その利子でやってきた。
・OKギフトショップの経営者として事業の投資はしているし、毎年、日本に戻ったときにはテレビ・ラジオに出演させてもらい、その他本を書いたりもしている。

文脈的には、不動産からの収益も得ている?ようです。「現役の頃は年間2億円くらい稼いでいた」というから驚き。うーん、そりゃ確かにセミリタイア暮らしできますがな。


こういう生き方もあるんだなぁ、というサンプルを知ることができる貴重な書物です。羨ましいと思う人もいれば、逆に真似したくないと思う人もいるのでしょう。

特にハイパーノマド生活は、家族との物理的な距離が生まれてしまう点をどう考えるかが価値観分かれそうです。うちは親の介護とかも考えると、なかなかここまで思い切れないかなぁ…とか思ってしまいました。ま、金銭的なハードルが高すぎますから、捕らぬ狸ですけどね。


というわけで、リアルなノマド生活について詳しく知りたい方はぜひ。新刊がこの値段になるのは珍しいです。セールは本日木曜日までです。


スポンサーリンク