賛否両論?イケダハヤトが物申す

フォロワーが3万人を超えてわかった3つのこと

スポンサーリンク

フォロワーが30,000人を超えたので書いてみます。2万人を超えた時の記事はこちら。昨年5月の記事なので、ちょうど1年で1万人くらい増えた計算になりますね。

スクリーンショット 2013 04 08 10 11 55

 

1. 「ブロック」はすばらしい機能である

ぼくは割と積極的に意見を発信している方なので、それはもう、ゴミのようなmentionがたくさん来ます。わざわざぼくをDisるために捨てアカ取る暇人はもちろん、強烈な上から目線で絡んでくる謎のおっさん軍団もたまに攻め込んできます。広告業界の人からもなぜかよくDisられますね。何度晒してやろうかと思ったことか…。

ツイッターをはじめて3年半、ツイッター上で有益な議論ができるわけがないことを、いい加減ぼくは悟りました。そもそも敬意のかけらもない人たちとは、対話が成立するわけがありません。

というわけで、ぼくは「ダメだコイツ」と思った人は片っ端からブロックしています。はじめの頃は何だか申し訳なさを感じていましたが、今となってはブロックするたびに快感すら感じるようになってきました。ふははは。

人生の時間は有限ですから、関わる必要がない人はさっさと「切って」しまうべきです。これはぼくの人生哲学でもあります。ツイッターのブロック機能のすばらしさを、日々実感しております。

 

2. ツイッターはカオスである

ツイッターからは時折、予想外の反応が返ってきます。フェイスブック上の反応はある程度読めますが、ツイッターはまさにカオスで、まったく反応が読めません。ぼくがツイッターをやめられないのは、このカオスをのぞき込む感覚が好きだからだったりします。

賛否両論を呼ぶような記事を投げ込めば、匿名アカを中心に「アホ」「バカ」という罵詈雑言が集まる一方で、尊敬していた方から同意のことばをいただけることもあります。まさかこの人のところまで記事が届くとは!という驚き。「面識のない人に届く可能性」はツイッターの方が長けている印象があります。

カオスをのぞき込むには、体力と勇気が必要です。賛辞や共感だけでなく、毒や石つぶてが降り掛かってくる可能性もあるわけですから。4年ほどブログを運営していて、ぼくはようやく防御力を十分な水準にまで高めることができました。フェイスブックに逃げたくなることもありますが、やっぱりカオスが好きなので、ツイッターは使い続けることになりそうです。

 

3. 「影響力の魔法」が使える

フォロワーが2万人を超えたときにも同様のことを書きましたが、このくらい読者がいると、色々魔法が使えます。

わかりやすいところでいえば、ぼくが面白いと思ったウェブサイトのURLをツイートするだけで、数万から数十万人の目に情報を届け、数百から数千のトラフィックを誘因することができます。アクセスを増やす支援魔法みたいなものですね。FFでいえばヘイスト的な。

他には、「困ったときに誰かが助けてくれる」なんて召還魔法も使えます。先日は福岡に行った際、フォロワーの方々からおすすめのレストランをたくさん教えてもらいました。ニューヨークでぼったくりに会ったときも、「うちに泊まりますか?」と助けを差し伸べてくれた方が現れました。ツイッターすごいです。

フォロワーが増えるにしたがい、ぼくの魔力は高まっていくと考えられます。フォロワーが10万人くらいにまで伸びたら、また違うレベルの魔法が使えるようになるんでしょう。ぼくが応援する方々に、ガンガン支援魔法を掛けていきたいと思います。それが個人ブロガーの役割です。

 

ちなみに増加ペースとしては、一日平均30人ペース。去年は「ニッポンのジレンマ」に出たりと、マスメディアの露出が増加に寄与した感じです。

 

 

フォロワーの増やし方について書いてみます。

ブログにアクセスを集める

ぼくがなぜ3万人もフォロワーがいるかというと、話は非常にシンプルで「ブログのアクセスが毎月50〜70万PVあるから」です。ユニークユーザーに直すと、毎日7,000〜10,000人がぼくのブログ記事を閲覧してくれています。

ブログ記事の下部には、ソーシャルメディアアカウントへの導線を引いています。ブログにアクセスした方々のうち、一定の割合(0.5%程度)が新規のフォロワー、フェイスブックファンになってくれています。

スクリーンショット 2013 04 08 12 45 33

データを整理するのが面倒なのであえて出しませんが、これまでの実績を見ても、ブログがバズればツイッターのフォロワーは増えます。バズが起きなくても、淡々と毎日トラフィックを集めれば、フォロワーも淡々と毎日増えていくことになります。フォロワーの伸びはブログのアクセスとほぼ比例するということですね。

 

スクリーンショット 2013 04 08 12 48 47
(直近3ヶ月の推移。大きな波はなく、コンスタントに増えつづけています)

 

というわけで、なかなか真似できないのですが、フォロワーを増やしたければ、ウェブサイトなりブログにアクセスを集めましょう。そして、目立つところに導線を配置しましょう。難易度が高い一方、これはもっとも効く戦術です。

 

業界ニュースを配信する

もうひとつおすすめの戦術は、定期的に業界ニュースを配信することです。ぼくは平日の昼間に「今日のニュース」を10本ほど提供しています。よろしければご購読ください。

勘のいい方はお分かりの通り、ぶっちゃけると、これは佐々木俊尚さんのパクリです。もともと知名度は高い方ですが、佐々木さんが現在約18万人という圧倒的な規模のフォロワーを獲得できているのは、毎日休まず投稿する「朝のニュース」のおかげでしょう。

スクリーンショット 2013 04 08 12 53 30

比較すると戦闘力が違います…(水色が佐々木さん)。ぼくは毎日30人程度の増加ペースですが、佐々木さんは毎日70〜80人ほど増えています。

スクリーンショット 2013 04 08 12 54 59

というわけで、業界のニュースを定期的にツイートするのは非常におすすめです。有益な情報を発信しつづければ、フォロワーは自然と増えていきます。

(なお、ニュース配信にはBufferを使っています。佐々木俊尚さんもご利用になっている、予約投稿&効果測定ツールです。有料ですがその価値はあります。)

 

顔を見せて、エッジの立った意見を発信する

単にお役立ち情報を発信しているだけでは、壁を突き抜けることはできません。

間違いなく炎上しますが、自分が思ったこと、心から信じることはハッキリと語るべきです。素直に自分を出せば出すほど炎上すると思いますが、その結果、みなさんの意見に共感するフォロワーは増えていくでしょう。

間違ってはいけないのは、「炎上マーケティング」をするといい、という話ではないことです。有名人に難癖つけて絡めばフォロワーは確かに増えるでしょうけれど、長期的に考えると得策ではない、どころか完全に失策です。見かけ上のフォロワーは増えれど、実際の求心力は失われていきます。

イメージ的にははるかぜちゃんのツイッター運用が、この戦術に近いものといえるでしょう。彼女はそもそも著名人ではありますが、純粋にツイートの魅力でファンになった人は少なくないはずです(ぼくもそのひとりです)。

 

リアルの世界で有名になる

上記の3つはいわば「小手先」の戦術であって、もっとも手っ取り早いのは、リアルな世界での知名度を上げることです。そのことはツイッターのフォロワー数ランキング(meyou)を見れば一目で分かります。

スクリーンショット 2013 04 08 13 56 05

リアルの知名度高めるには何をすればいいか。芸能事務所に入ったり、圧倒的な成果を出したり、広告費を掛けたりすることでしょうか…。強いて参考になる本をあげるとすれば、勝間和代さんの『「有名人になる」ということ』ですかね。

ぼくは特にインタビュー受ける、イベントで登壇する、といった戦術で知名度を高めています。非常に地味ですが…。

影響力を高めるために、今年はもう少し戦略的にやっていきたいと考えています。もっとコンテンツを磨いて、ポジショニングをわかりやすくしないとダメですね。書籍もあと2冊出るので、弾みが付けばいいのですが。

 

というわけで、リアルなフォロワー増加戦略についてでした。参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク