未分類

12万字!津田さんの有料メルマガのボリュームがハンパない件

スポンサーリンク

今年度から新体制というので、実は今まで購読していなかった津田マガをポチってみました。ブロマガで購読中。


津田大介の「メディアの現場」:津田大介チャンネル – ニコニコチャンネル :社会・言論


最新号は12万字

スクリーンショット 2013 04 06 15 27 22

何がすごいって、ボリュームがすごいです。なんと12万字だそうで…。

最新号の目次をコピペ。下手な雑誌よりコンテンツ充実してます。新連載が5つも入ってますねー。

1.メディア/イベントプレイバック
 ――福島第一原発観光地化計画とはなにか
   東浩紀に聞く「フクシマ」のいまとこれから

2.特別企画「鈴木寛『テレビが政治をダメにした』第二章無料公開」

3.世界のデータジャーナリズム最前線《第20回》
 ――米国会議員の銃規制へのスタンス・その2
   データジャーナリズムの切り口を比較する

4.今週の原発情報クリッピング

5.小嶋裕一の「原発観測」《新連載》
 ――東電の国会事故調調査妨害問題〜東京電力が黒く塗りつぶしたかったも
の〜

6.ITニュースクリッピング「未来百貨店」《新連載》

7.津田大介のデジタル日記

8.140字で答えるQ&A
 Q1:TPP参加にはどんな意義がある?
 Q2:日の丸を国の象徴として取り戻すには?
 Q3:インターンで新規事業をプレゼンしたい!
 Q4:テレビ出演の心構えは?
 Q5:地図データの提供依頼は断れない?
 Q6:政治メディアを応援する方法は?
 Q7:おすすめの英語学習法を教えて!

9.ふるまいよしこの「中国ジャーナリズム、ネットと歩む未来」《新連載》

10.「P2Pとかその辺のお話」出張版《新連載》

11.速水健朗の「本を読まない津田に成り代わってブックレビュー」《第31回》
 ――今成功と決別の物語として読みたいポール・アレン自伝

12.渡辺文重の「週刊有料メルマガレビュー」《第26回》

13.岡ぱみゅの「がんばれ! 紙メディア!」《新連載》

14.今週のゼゼヒヒ

15.メディア・イベント出演、掲載予定

16.プレゼントコーナー
 『日本文化の論点』

17.ネオローグユニオン

骨太な連載はもちろんですが、オンラインメディアに関心がある人間としては「渡辺文重の「週刊有料メルマガレビュー」」が非常に参考になりました。岡田ぱみゅぱみゅさんの連載も面白い。こんな雑誌あるのか…。


これだけ詰まって価格は630円。合併号などもありますが、概ね週刊ペースのようです。

スクリーンショット 2013 04 06 15 28 17

津田さんレベルになると、ここまでの媒体がつくれるんですね。週刊ペースでこれを発行しつづけるのは、ほとんど神懸かり的。2011年12月時点のインタビューによれば、購読者は2,500人以上で、毎月100万円程度の収益とのこと。スタッフも雇っていますし、実際の利益率はそこまで高くなさそう。


というわけで、すばらしいボリュームと内容ですので、これは630円お買い得です。「有料メルマガ」という媒体の可能性を知ることもできるでしょう。メディア関係の方は特に見ておいた方が良いかと思われます。

津田大介公式サイト | 津田マガ


スポンサーリンク