賛否両論?イケダハヤトが物申す

鈍感な善意は最高の害悪だ

日曜日のポエムコーナーを始めてみます。

 

鈍感な善意は最高の害悪だ

それはこんなよくあるお話。

 

ある起業家が、資金不足なので無料でデザインを手伝ってくれるボランティアを探し、見事見つけることができました。そのデザイナーはなかなか能力が高く、期待通りの仕事を行ってくれました。それも無料で!起業家はデザイナーに熱く感謝の意を伝えました。

気を良くしたデザイナーの方は、その起業家のために、引きつづきデザイン面での無償支援を行いました。彼は頼みもしないのに、プロダクトの宣伝をする大きなポスターを制作してくれました。

しかし、その宣伝ポスターは、当の起業家にとっては意に逸れるものでした。起業家が演出したいブランドイメージと、キャッチコピー、全体のクリエイティブがマッチしていなかったのです。

起業家はやんわりとデザイナーに「これはちょっと使えませんね…」と伝えると、あろうことか、デザイナーは激怒しました。「このデザインがわからないなんて、あんたたちはわかってない!」—一応の恩義がある以上、起業家は不躾にあしらうこともできず、その場はうまくお茶を濁して、退席してもらいました。「やばい…あの人めんどくさい」と気付いたときには、後の祭りです。

結局ポスターは採用しませんでしたが、なんとそのデザイナーは、頼みもしないのにたびたび「善意で」作品を持参してきました。毎度やんわりと断っているのですが、まったく通じていません。「使えればいいので使ってください」と、彼は伝えて立ち去っていきます。その後にはいつでも、なんとも扱いようのない「ゴミ」が残されています。

起業家は、彼から連絡が来るたびにうんざりした気持ちになります。が、中途半端に恩義がある以上、関係を断ち切ることも気が引けます。そして、迷惑であることを伝えても、わかってくれそうにもありません。少しずつ距離を置ければいいのですが、なかなか関係はすぐに切れそうにありません…。

 

ここでの問題は、デザイナーが「鈍感な」ことです。善意で他者に貢献すること自体は、すばらしい美徳です。しかし、そこに鈍感さというスパイスが加わると、一気にその美徳は害悪に変化します。

このエピソードから学べるのは、第三者に善意を振る舞うときには、繊細さを持つべきだという人生訓でしょう。自分は「ありがた迷惑」になっていないか。鈍感な善意ほど迷惑なものはありません。それは明確な悪意よりも厄介です。

この種の人はどこまでも鈍感なので、迷惑であることをわかってもらうことはできないでしょう。もう諦めて、距離を置くしかありません。

 

悲劇的なのは非常に親しい人間、たとえば親が「鈍感な善意」を積極的に振る舞うようなケースです。彼・彼女は、自分の善意が「子どもを支配するため」のものであることに気付きません。なまじ距離を置こうものなら「親を捨てるのか!」と激怒され、周囲の親族からは「ひどい息子・娘」だと思われ、そして自分も罪悪感に苛まれるでしょう。

 

あぁ、鈍感な善意だけは、陥りたくないものです。偉そうに語りつつ、ぼくも無縁ではありません。心当たりはちらほらあります。もしぼくが鈍感な善意を振る舞っていたら、こっそり連絡をください。猛省します。

 

★この記事を読んだ人にはこちらの本がおすすめ

ドンピシャで親による鈍感な善意を扱ったコミックエッセイ。タイトルとテイストは軽い感じがしますが、中身は超強烈にヘヴィーです。でも、レビューが象徴するとおり、救われる方も多い一冊です。

 

もう一冊。やっぱり中島義道を紹介しないわけにはいかないでしょう。ニーチェのことばから学ぶ、鈍感な人間の害悪について。

「善人たちはすべて弱い。悪人たりうるほど強くないゆえに、彼らは善人なのである」と、ラトゥーカ族の酋長コモロはベーカーに言った(「権力への意志」)

 

追記。

「鈍感な善意」以外にも「人助け」についての話も少し。

倍返しじゃない、恩返しだ!—今が辛い人は「人助け」をしてみよう

「人助け」は「癒し」

[ブログ運営] アクセス数が減少すると精神的に不安定になって困る件」という記事で吐露しましたが、最近アクセス数がいまいち不調で、軽くスランプに陥っています。事業的にはなんとかなるんですが、目先の数字が伸びないとどうしてもプレッシャーが…。

そんなこんなで悶々としている日々ですが、NPOの方々にマーケティング上のアドバイスをしている時間は、たいへん気持ちがよいことに、改めて気づきました。

無償でアドバイスに乗っているため、その時間は一銭にもなっていないのですが、ぼくは着実に「癒されて」いるのです。人から求めてもらえ、役に立ち、感謝してもらうというのは、もっとも原始的な喜びのかたちなのかもしれません。

で、タイトルの繰り返しになるのですが、半沢直樹のように会社で理不尽な目にあって、日々悶々としている人は、試しにボランティアでもしてみると、気が晴れると思うんですよね。「倍返し」ならぬ、「恩返し」です。よし、二回目だけどうまいこと言ったぞ。

今はCollaVolのようなボランティアプラットフォームも登場しているので、機会を探すには事欠きません。都内 or オンラインでできるボランティアをいくつかピックアップしておきます。

あなたのスキマ時間を世界の人権問題解決に活かしてみませんか
困っている方々に正確な情報を! 複雑な「生活保護費」の簡単自動計算アプリの制作プロジェクトにあなたの力を貸してください!
地域の課題解決に皆さんのお知恵を貸してください!
活動の輪を広げていくために!Facebook活用に力を貸して下さい!
サンタさんのお手伝い、しませんか? おひげやお洋服のレベルアップをめざします!
社会をもっと楽しくするために!あなたのロゴデザインで様々な「つながり」を創り出すサポートをしていただけませんか

 

「人助け」は「麻薬」

ただし!このブログでも何度も何度も言及していますが、人助けに「依存」するのは危険です。過去ログを検索すると、毎月のように同じようなことを書いてますね、ぼく。

与えた恩は一刻も早く忘れよう
弱者を支配するために、人助けをする人たち
「顔の見える支援」は弱者の負担になりかねない
「障害者のセックス(性)」にまつわる、「支援者」が当事者を「差別」する問題

人助けは「麻薬」のようなものだと考えるべきです。あまりにも気持ちがいいため、それに依存してしまう危険があります。依存してしまえば、自分を失い、社会にもマイナスの影響を与えかねません。誰かを助けるときには、自分が落とし穴に片足を突っ込んでいることをよく理解しましょう。

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange