おすすめ本・セール情報

「ピカソが小切手を好んで使った理由」がクリエイティブ

山口さんの新刊がいちいち面白いので、またまたピックアップしてご紹介。

「失業率」は「労働解放率」になる
「お金で買えないもの」にまつわる中国のことわざが面白い

 

ピカソが小切手を好んで使った理由

スクリーンショット 2013 03 11 20 53 22

ピカソは91歳で生涯を閉じたとき、なんと日本円で7,500億円近くにのぼる遺産を残していたそうです。美術市場、ピカソほど生前に儲かった画家はいないそうです。芸術で7,500億円はすごいですね…。

そんな商才に長けたピカソは小切手を好んで使ったそうで。その理由が面白いのです。

ピカソは、当時から有名であった。その彼が買い物の際に小切手を使えば、それをもらった商店主は、小切手をどのように扱うだろうか?ピカソは次のように考えた。

商店主は、小切手を銀行に持ち込んで現金に換えてしまうよりも、ピカソの直筆サイン入りの作品として部屋に飾るなり、大事にタンスにしまっておくだろう。

そうなれば、小切手は換金されないため、ピカソは現金を支払うことなく、実質的にタダで買い物を済ませることができる。

ピカソは、自分の名声をいかに上げるか、のみならず、それをどうやって、より多くのお金に換えるか、という点についても熟知していたのだろう。これは現代の金融でいえば、信用創造、”キャピタライズ”の考え方である。

うーん、すごい。ここまで考えていたのですね。他にもピカソは

・無償で高級ワインのラベルをデザインし、対価としてワインを手に入れた
・自分の絵の販売会を自分で開いた。その際に作品の意図や背景を説明し、「物語」まで販売した
・販売会では画商を数十名呼んで、競争原理が働くようにした

などのマネタイズ逸話があるとか。

また、異常に長い名前(パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・フアン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・シブリアーノ・センティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ)のなかには、祖先だけでなく親しい知り合いや親戚の名前も入っているそうで、そこには名前に取り入れた人々との信頼関係を構築する狙いがあったのでは?と山口さんは推測しています。

ピカソは信用とお金を扱う達人だった、というわけですね。見習いたい…。

 

不思議なタイトルですが、本書の主題は「信用とお金」。見えない信用が可視化され、経済に影響を与えていく、という刺激的なテーマの一冊です。このテーマはぼくも強い関心があるので、興味深く読ませていただきました。おすすめの新刊。

 

 

 

非常に面白い一冊だったので、読書メモもご共有。

「失業率」は「労働解放率」になる
「お金で買えないもの」にまつわる中国のことわざが面白い
「ピカソが小切手を好んで使った理由」がクリエイティブ

 

新・資本論

・お金は絶対的なものではない。お金は、人と人とがコミュニケーションする手段(メディア)のひとつである。しかし、それが”数字”という世界中すべての人が理解可能なメディアであるがゆえに、きわめて強力な存在であるにすぎない。

・お金は協力だが、絶対的なコミュニケーション・ツールではない。それを理解しているだけで、僕たちはお金の呪縛から放たれ、お金に対する偏見から少し距離を置いて、冷静な目でそれを捉えなおせるようになる。

・宝くじの胴元が抜くテラ銭は売上の52%。つまり100円の宝くじ1枚の価値は、勝った瞬間にはすでに48円にまで落ちてしまっているのだ。これは、今の日本でもっともそんな賭けのひとつである。(中略)競馬のテラ銭は25%、パチンコは約20%である。

・いつか、スタジオジブリの宮崎駿監督が、テレビのドキュメンタリーで「僕は才能の奴隷」ですと話していたことを思い出す。

・プロフェッショナルとは神に宣誓(プロフェス)する存在である。プロは、顧客や社会、自分の状態を考慮に入れながらも、あくまで「神との契約」にもとづいて、みずからの美学使命に従い、仕事を遂行する。

・堀江貴文氏は、収監前に出演した「朝まで生テレビ!」で、「尖閣諸島を明け渡しちゃえばいいじゃない」と発言していた。中国との間で領土問題がくすぶり始めた直後のことだ。覚えている人も多いだろう。それに対して、重鎮の参加者たちが顔を真っ赤にして反論している姿が印象的だった。

・ウィキリークスのアサンジ氏の拘束は、単なる個人の刑事・民事事件と捉えるべきではない。情報を暴露された国の安全保障の問題でさえない。アサンジ氏の拘束は、「国家」と「個人間の紐帯」というレイヤー間における覇権をめぐる戦いなのだ。

・世界のGDPを見れば、第1位はアメリカ、第2位に中国、第3位日本と誰でも知っている先進国が続くものの、25位のウォルマートを皮切りに、29位にロイヤル・ダッチ・シェル、41位にトヨタ自動車など、徐々に「企業」が登場し始める。なんと2010年の世界のGDPのトップ100のうち、4割以上を「企業」が占める。

・信用度=(専門性+確実度+親密度)/利己心

・これはつまり、僕たちは個人でありながら、まるで上場企業のIRのようなコミュニケーションが求められるということだ。第3章で述べたように、これからの時代、すべての人は自分が”上場”しているという現実に気付く必要がある。

・「私がこれだけやってあげたのに、あなたはこれだけしかやってくれない」という考え方は、バリューtoバリューの世界では成り立たない。

・これからのコミュニティの土台は、場所でも仕事でもない。その人が何を考えているか、何を大事にするかといった軸で、人々はつながっていくようになる。

・なぜ、政府も国民もみな、雇用が大事だと言い続けるのだろうか?ケインズ的な経済における労働・雇用効果を信奉しているからだろうか?当然、違う。それは、皆時間を持て余すことを心から恐れているからだ。現代人が真に恐れていることは、飢えることではない。存在意義を失うことだ。

うーん、実に未来的な一冊です。さっさとお金から自由になりたいと痛感させられます…。

個人的には「僕たちは個人でありながら、まるで上場企業のIRのようなコミュニケーションが求められるということだ」なんてところが興味深いです。ぼくはこれをガチで実践する実験を行っていきたいと思います。

 

お金の未来について考えたい方は必読。刺激的ですよ。

 

「失業率」は「労働解放率」になる

特に刺激的だったのは「失業率」は負の数字ではなくなり、ポジティブな「労働解放率」になる、という主張。

出世、給料、売上といった従来の指標にコミットしていれば、生きる意味を失わずにすむ。その壮大な虚構のために、現代の多くの企業は存在している。理不尽な上司や非合理な業務がその存在を許されるのは、価値を創造する必要性がないからともいえる。

これから、物質的に余剰の多い先進国に住む人々は、人生の目的を「生存」から「創造」へと変えていかざるを得なくなるだろう。多くの人に取っては、パラダイム転換とも映る変化である。そのとき、失業率は、もはや負の数字ではない。むしろ”労働解放率”と言い換えるべきかもしれない。

この気分、とてもわかります。ホントに人間って、つい働いちゃうんですよね。資本主義的なゲームルールを相対化するのは、本当にむずかしいのです。ぼくも未だに労働から解放されていません。

 

山口さんは、ニート・浪人という「苦行生活」を歩む重要性を語っています。

もし僕たち現代人が、人生の意味を、本当に「生存」から「創造」へと転換したいならば、辛い苦行が必要になってくる。

まずは、骨の髄まで染み込んだ労働者根性を徹底的に洗い流す必要がある。そのためには、ニートや浪人として、名実ともに生産を放棄する期間が必要だ。きれいさっぱり洗い流すのに、通常は1〜2年かかる。

そうしてニート生活をつづけていくと、「いずれ仕事は『遊びであり、事業は『価値と信用を創造するゲーム』にすぎないと悟るとき」が来て、人生の目的が創造に切り替わるとのこと。うーん、これは深い。

というか、ほとんどの人にはニート生活は耐えらなさそう。周囲の目もありますし、実際稼がないと生きていけないこともありますし、自分の強度が足りないこともあります。「働かない生活」というのは夢のようでありますが、その実、アイデンティティの危機であり、「苦行」なのです。

 

もうすでに、「労働から解放された者」たちは現れているように感じます。

ぼくの知っている範囲でも、リアルに山ごもりして自給自足の生活をしている人がいたりします。彼らは厳密にいえば「失業者」に分類されるのでしょうけれど、そういう人たちを「更生」して労働市場に引き戻すことが、果たして良いものか、疑問が残ります。お金を稼ぐ以外の貢献方法もあるわけですし。

もっと身近な例でいえば、バリバリ働いて貯金を溜めた人材が、数年間働かずに世界中を渡り歩いて浪人暮らしをする、なんてケースはまさに「労働解放者」でしょうね。

 

ぼくたちは将来、従来的な意味での「労働」から解放されうるのでしょうか?これは、重要なテーマだと思います。

さっさと労働者根性を捨て、「働かなくて何が悪いの?」と堂々と宣言できるようになりたいものです。

 

その他、お金にまつわる新しい価値観が縦横無尽に展開されています。これからの時代の価値観を模索したい方は必読の一冊です。Kindle版も出ています。

1月30日に出たばかりのこちらもおすすめ。タイトル通り、会社を辞めようと考えている方に強くおすすめ。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange