おすすめ本・セール情報

これからはIQよりも「BQ」だ!変化を察知する「感性」を磨く方法

現在Kindleでセール中の一冊。これからのホワイトカラー層のあるべき姿を描いた良著です。

これからは「BQ」の時代

スクリーンショット 2013 03 02 8 11 40

本書の主題はタイトル通り「BQ」について。著者はセゾングループの経営者、林野宏氏。

上記の公式の通り、BQは「IQ(知性)」と「EQ(人間性)」と「SQ(感性)」の掛け合わせであり、この力こそが次世代のビジネスパーソンに求められると林野氏は語っています。

前提にあるのは、今がとても不確実な時代であるということ。こういう時代においては、IQだけでは戦うことができません。

IQの高い人は、問題に対して必ず答えが存在する予定調和の世界で力を発揮します。その反面、環境の変化に直面すると応用がきかない面があります。ハウツーはよく知っていても、答えのない問題には弱いのです。

 

いわゆる「EQ」、ざっくりいえばコミュニケーション能力、対人関係能力は相変わらず重要ですが、その価値は相対的に下がりはじめていると著者は主張します。

EQの高い人は、これまで利害関係の調整役としても活躍してきました。誰かと誰かの利害が衝突すれば、その間に入ってみんなが納得するように調整する。

(中略)利害の調整が可能だったのは、ビジネスのパイが拡大していたからです。(中略)しかし、市場が縮小する時代に突入して様相が一変しました。いま起きているのはパイの「分かち合い」ではなく、「奪い合い」です。

たとえるなら、K-1。本気で相手を倒しにいく「真剣勝負の総合格闘技の時代」です。取るか取られるかの競争が繰り広げられているところに、調整役の出る幕はありません。

サラリーマン経験が2年しかない人間としては、正直いまいち肌感として理解できない話なのですが、経営者の視点から見ると、こうしたEQ人材の価値は実際に下がっていると感じられるのでしょう。

「組織の潤滑油になることで自分の居場所を確保してきたタイプは要注意です」とのこと。これからは「調整だけが得意」では食っていけないということなのでしょう。EQは特別な能力ではなく、基本として求められる能力になっていく、ともいえそう。

 

感性を磨け!

BQの公式の最後の項を埋めるのが「SQ(感性)」。特に力点が置かれているのは、このSQの重要性です。

未来予測という不可能なことに取り組んで四苦八苦するより、変化を察知して対応する力を磨いたほうがずっと現実的です。

変化をいち早く察知するために必要になるのが、BQを構成する三つ目の能力であるSQです。

インパクトの大きい変化が起きたとき、私たちは何の前触れもなく変化が起きたかのように錯覚します。

しかし、どんな変化にも予兆はあります。変化が顕在化する前に、予兆をとらえられる感性をもっているかどうか。それが変化に乗じて利益を得る人と、ただ変化に呑み込まれていく人を分けるのです。

これは非常に共感できる話。

IQ的な意味で頭がいい人に限って、変化を読みとる能力に欠けていたりしますよね。優秀な東大生が先行きの怪しい大企業に就職してしまったり。変化を読みとる能力がある人は、キャリアについて十分合理的に考えた上で、自分で企業する、ベンチャーやNPOに就職する、なんて選択肢を取っています。

 

当然気になるのはこの「感性」の磨き方。この点についてもズバリ指南を施してくれています。

では、どうすれば感性は磨かれるのか。必要なのは経験ですが、まずは芸術への接触頻度だと思います。

色彩感覚の鋭い人は、小さいときから自分で絵を描いたり、名作に触れたり、きれいな景色を目に焼き付けるという経験を重ねてセンスを磨いていきます。

さまざまな芸術に触れて人間の感情を深く理解したり、運動して汗を流して生命というものを実感してみるなど、さまざまな経験を重ねることで色彩の表現に幅が出ます。

(中略)感性の肥やしになるのは、教養、あるいは雑学に分類される知識です。先ほど指摘したように、感性は異質な経験の集大成です。そう考えると、受験や仕事にすぐ役立つわけではない知識の方が異質であり、感性を磨くことに寄与してくれます。

なるほど、感性を磨くためには芸術や教養に触れるのが効果的なんですね。

ぼく自身、自称「芸術オタク」だったりするのですが、芸術に触れることで人間心理の理解が深まることは事実です。芸術を通して他人の人生や感覚を疑似体験すれば、たしかに、時代の変化を見抜く力は高まっていきそうです。

クレディセゾンでは実際に、歴史や科学について学ぶ「教養サロン」という研修プログラムを幹部向けに提供しているそうで。「そんなものが何の役に立つの?」という経験や知識を積極的に摂取することが、BQを育てる効果的な方法とのこと。

 

本書の最後にはサイバーエージェントの藤田晋氏との対談が収録されているのですが、藤田氏も学生時代に芸術にたっぷり触れた経験があるそうです。

映画と本を通じて知ったいろんな人の人生やいろんな国、自分の知らないアンダーグラウンドの世界、そういったものが人間としての深みになっていったんだなと」

 

非常に納得感のある主張が、多彩なエピソードと刺激的な警句が織り交ぜられ語られています。ビジネスパーソンにおすすめの一冊ですね。セール中なので購入はお早めに。定価1,575円が500円になっているので、かなりお得です。

ついでに、ぼくが一番好きな小説作品。これなんて感性の塊だと思います。

錯覚の罠

著者の林野宏氏はクレディセゾンを率いるカリスマ経営者。そんな林野氏が指摘する、人生を失敗に導く錯覚の罠が、下記の9項目。

①勝者の罠:偶然による勝利を、努力や実力による結果だと錯覚する。

②群集心理の罠:みんなが同じ方向を向いていると、自分の判断と違っていてもそれが正しい選択なのだと錯覚する。

③情報の罠:間違った情報を異なった人から聞かされると、その情報が正しいと思い込むようになる。

④感情の罠:人は意思決定をするときに、経済学が考えるような合理的な行動をとらない。理論通りに人が動くと考えるのは錯覚。

⑤損失回避の罠:損失を回避したいという強い思いが判断を鈍らせ、かえって損失を大きくさせる。株式投資で損切りできないときの心理。

⑥自己肯定の罠:成功すれば自分の実力、失敗すれば他人のせい。自分に都合よく考えてしまう。

⑦埋没費用の罠:プロジェクト継続の当否を判断するとき、すでに投資した経費が無駄になることを理由に継続を決めるのは間違い。いまからどのように判断してもとりかえしのつかない費用(埋没費用、サンクコスト)に判断が引きずられている。

⑧時間割引率の罠:「待つことの嫌さ」の程度を「時間割引率」という。目先の快楽を我慢できない人は判断を誤りやすい。

⑨専門家依存の罠:専門家はある分野に詳しくても、全体として最適なアドバイスをくれるとはかぎらない。実行もしないし責任もとらない。

どれもあるある、という感じ。

ぼく自身ブログを書いてて特に陥ってしまいがちなのは、「埋没費用の罠」でしょうか。いまいち出来が悪い記事も、「せっかくこれだけの時間をかけたから…」という理由でついアップしてしまいそうになるんですよね。読者のみなさんにとっては、ぼくがどの程度時間をかけたかなんてまったく関係がないことなのに。

「群集心理の罠」から脱することは、ブログを書く上で大切なことです。自分以外の誰もが「これはおかしい」と言っているとき、本心から「みんなはそう言うけれど、わたしはこれが好きだ」と語れる人は強いです。こう書くと簡単なようですが、いざ事態に直面すると自信がなくなってしまうものなんですよね。得てして「こんなものを賛美するなんて信じられない!」と叩かれてしまいますし。

「時間割引率の罠」も耳が痛いです。来年もらえる11,000円より、今日もらえる10,000円を優先してしまう心理ですね。ブログ運営はどうしても目先の数字に囚われてしまいがちなので、ぼくもしばしば、果実を未熟なまま取ってしまいそうになります。

 

みなさんは仕事や生活の中で、これらの罠にハマっていないでしょうか?覚えておいて損のないリストだと思います。

 

昨年12月に発売されたばかりの一冊。1,575円が500円と大変お買い得なのでぜひ。著者はクレディセゾンの経営者、林野氏。

関連記事:これからはIQよりも「BQ」だ!変化を察知する「感性」を磨く方法

 

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange