賛否両論?イケダハヤトが物申す

誰も信頼したくないし、誰からも信頼されたくない、という話。

スポンサーリンク

「信頼」って、距離を置きたいことばです。

「信頼」が人を縛る。

中島義道氏の「人間嫌いのルール」より。

信頼は、善きにせよ悪しきにせよ人を縛る。よって、人から縛られたくない人間嫌いは、こうした信頼関係から自然に身を退く。

人間嫌いにとっての理想的人間関係とは、相手を心配することなく、相手から支配されることのない、相手に信頼や愛を押しつけることも、相手から信頼や愛を押しつけられることもない関係である。

過度な信頼は人を縛り、もしもその信頼が裏切られたとき、怒りに駆られてしまうんですよね。「おまえを信頼してたのに!裏切ったな!」と。

ぼくは自分の人生を生きたいので、誰かを心からは信頼したくないと考えます。無頼漢として生きて、死にたい。

そんでもって、誰かから縛られたくないので、心からの信頼は遠慮したいです。「イケハヤさんを信頼してます」とか「勘弁してくれ!」って感じ。

まぁ、妻だけは信頼しているし、信頼されたいですけどね。ほんとそのくらいですよ。

仕事相手を信頼する。

一方で、仕事においては、「信頼」は大切だとも思います。

というのも、仕事を相手を信頼していないと、コミュニケーションコストが高まるんですよ

「こいつは大丈夫か?」「任せてもいいのか?」と不安になり、何度も説明を求めたり……。

大企業でありがちですよね、「いいからやらせてくれよ!」と若手がうんざりするパターン。仕事の効率は悪くなり、スタッフのモチベーションも下がります。ぼくも警権があります。

関連記事:辞めてわかった!大企業就職のデメリット9選

仕事においては、「おまえになら任せられる。あとは好きなようにやってくれ」という具合の「信頼」こそが望ましいのです。

なので、ぼくはうちのスタッフを信頼して、好きなようにやってもらっています。その方が、創造的に仕事ができますからね。

矢野さんとか大活躍ですよ!何も指示出してないのに、どんどん価値を生み出してくれてます。

心配しない。

信頼は人を縛る。一方で、信頼は人の創造性を開花させる。

相反するようですが「「信頼」には作法がある」ということです。

まず、中島氏が書かれているように、「相手を心配することなく」というのは、誰かを信頼する上でのポイントですね。

「誰かを信頼している」ときに、相手のことをふと「心配」になってしまったとするならば、それは不健全な信頼だ、ということです。

「あの場では”おまえに任せる!”と言ったけど、やっぱり心配になってきた…」なんて信頼は、ほんとうの意味での信頼とはいえません。

支配しない。

同じく、「相手から支配されることのない」というのも大切です。

「おれはおまえを信頼してるんだ!」ということばの背後に「だから裏切るな、おれの意向に従え、おれの思い通りに動くんだ」というコントロール欲求が隠れているようなら、言うまでもなくこの「信頼」は嘘っぱちです。

信頼の名のもとに、相手をコントロールしようとしているだけです。それ自体、信頼とは真逆の態度です。ダメな上司とかDV男のいう「信頼」は、だいたいこのパターンですね。

健全な信頼とは何か。

裏を返すと「健全な信頼」とは、

・相手を心配することなく、安心して任せるという態度
・相手をコントロールしようとせず、あらゆる結果を受け入れる態度

に裏打ちされたものだといえるでしょう。

ただ、こうした信頼関係を、実際の生活やビジネスシーンで実現するのはなかなか困難です。

なので、現実的な解決策としては「ほどほどに人を信頼する」という具合に、「信頼の度合いを抑えておく」のがよいのでしょう。

「あなたに任せます」という信頼の裏に、「まぁ、こちらの期待過剰かもしれないので、思うような結果が出なくても、それはわたしの見る目がなかっただけの話だ」という諦めを抱くようにしましょう。

そう考えれば、もし信頼を裏切られたとしても、無用な怒りに囚われることもありません。

ぼくが仕事上で駆使している「信頼」は、だいたいこんな「ほどほどの信頼」だったりします。しょせん他人ですし、100%信頼するなんてことはできませんからね。必ず成果が出るほど甘くないですし。

人間関係に悩むあなたは読んでおくべき一冊。

というわけで、「人間嫌いのルール」は面白い一冊です。この一節とかすごいw

私は、もっとラディカルなことを考えているのだ。家族や友人や恋人など、古典的で自然で麗しくも親密な、すなわち互いを縛る人間関係をいっさい絶った、しかも人と人との結びつきを実現することが可能かというテーマである。

私はそれを探ってみたい。そこに真に自由な人間関係があるのではないかと思うからである。

人間関係に悩んでいる方はぜひご一読を。エクストリームな価値観を知ると、自分の悩みがどうでもよくなりますよw

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!


LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ


人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!


今日も元気にツイート中。



Instagramやってます

スポンサーリンク