未分類

みんなの党がソーシャルメディア活用を本格開始—フェイスブックでアンケートも実施

スポンサーリンク

気になるニュースを見つけたのでシェア。

みんなの党、公式Facebookを刷新して衆院選で選挙法に挑む | ニコニコニュース


フェイスブックページを強化、iPad miniも配布

スクリーンショット 2012 11 22 8 38 36

以下、サーチナのニュース記事より。

 みんなの党は、11月27日にFacebook公式ページを刷新し、SNSを通じた情報発信を強化する。

11月20日に記者会見を行った同党代表の渡部喜美氏は、「日本の選挙制度は統制色が色濃く残るシンボリックな仕組み。公職選挙法の改正に向けた運動を強化したい」と語った。

12月の衆議院選挙に向けて、みんなの党の「ソーシャルメディア活用の方針」を打ち出すとともに、党所属の全議員にiPad miniを配布すると発表した。


ネット選挙との絡みについては、12/3で一旦更新を打ち切るものの、アンケートなどは停止せずそのまま実施を続けるとのこと。松田公太議員のブログには、フェイスブックページの施策について詳しく解説されています。

新しい試みの第一弾として、facebookには投票による意見募集の機能を追加します。

「みんなの党は期待できる政党ですか?」「増税反対ですか?賛成ですか?」や「脱原発賛成ですか?反対ですか?」などYES/NO形式で直接質問を投げかけ、みなさんの意見を聞き、その投票を政策立案の参考にしようと考えているのです。

フェイスブックページのカバーにも「みなさんの投票で、政治を考えます」という言葉が載っていますね。フェイスブックのアンケートを活用するというのは、地味ながらもなかなかチャレンジングだと思います。松田議員は「国政レベル初のソーシャルメディア活用の試み」と表現していますね。


松田議員のようなITリテラシーの高い議員がイニシアチブを取ることで、少しずつ日本の政治も変わっていくのでしょう。この試みは応援したいところ。まだまだフェイスブックのファンは少ないので、ぜひ興味を持った方はいいね!をして情報をチェックしておきましょう。


スポンサーリンク