未分類

Q:印税生活ってできるんですか? A:無理です、無理。

スポンサーリンク
スクリーンショット 2016 05 30 9 30 06

どうも、イケダハヤトです。たくさん本を書いてます

たまに「印税生活できるんですか?」と聞かれたりします。

んなアホな。印税だけ生きていくなんて、夢のまた夢ですがな……という話を書いてみようと思います。

印税は「発行部数×定価×印税率(8%〜10%)」

印税の計算式はすごくシンプルで、発行部数×定価×印税率となります。印税率は概ね初版が8%、二刷以降が10%というのが一般的です。酒井穣さんが投稿していましたが、最近は「印税率3%」の依頼とかもあるそうです……尾割ってますね。

例えば1,500円のビジネス書を4,000部印刷する場合は、

4,000×1,500円×8%=480,000円

が著者の手元に入ってきます。

ほとんどの本は初版で終わるのが実態なので、1冊の本から得られる収益は概ね数十万円程度です。僕もこれまで10冊くらい共著・単著で書いてますが、どれもそんな感じですね。

 

冷静に考えると、書籍の印税率って「搾取」だよね。

紙の書籍は、印税率が概ね10%前後です。ライターを入れたり、フリーの編集者を入れる場合は、5〜6%に下がったりもします。今回の本もたしか6%だっけかな?少なくとも10%ではないはず。

 

書籍出版って、「8%〜10%が当たり前」みたいになっていますが、もはやこれは、今の時代にあっては「搾取」だと思っちゃうわけです。申し訳ないんですが。だって、ぼくが書いた本なのに、なんで取り分が10%なのよ…。

noteでコンテンツを出せば、印税率は80%オーバーです。KDPも70%。有料メルマガですら、印税率は60%。それが、紙の本になると10%。しかも、紙の本は労力もハンパない。

もちろん、これは構造的な問題です。未来永劫、紙の書籍の印税率が80%になることはありえません。それどころか、じわじわと下がっていくことすら考えられます。

 

ベストセラーになれば……

もし仮に大増刷がかかり、10万部のベストセラーなんかになったりすると、収益の桁が変わります。

100,000×1,500×10%=1,500万円

「夢を叶えるゾウ」のように200万部なんて行った日には、億単位の収入になるわけですね。これはもう、かなり夢叶っちゃいます。ここまで行けば「印税生活」も可能ですが、一握り中の一握りですね……。

なお、「新書」だと単価が半分ぐらいになるので、10万部刷っても700〜800万円程度にしかならないのが現実です。

10万部で1,000万円以下!いわゆるベストセラー作家であっても、「印税生活」の実現は困難なのです。

余談ですが、印税は「実売部数」ではなく「印刷部数」で計算されます。なので、10万部刷って9万部しか売れなくても、著者の手元には10万部分の収入が入るということです。

 

著者の紙離れ。

そもそも、紙の本自体が売れにくくなっています。今は電子が主流になりつつあるので、「重版」がかかりにくくなっている印象……。

ぼく自身はもう紙の本は書く気がありません。ブログやnoteで書いている記事を、編集して紙の本にするのはありですが……書き下ろしの場合は労力に見合いません。

内容や著者にもよりますが、ぼくの場合は、一冊の書籍を仕上げるのに、打ち合わせも込みで50時間はかかります。それに加えて、締め切りの精神的ストレスがかかります。んで、売れないと凹みます。

 

ぼくはやりませんが、半年くらいかけて一冊の本を執筆することも、珍しくはありません。それで50〜100万円程度の収入しか見込めないのは、割に合わないんですよねぇ。ウェブで書いたほうがぜんぜん儲かるんで。

 

電子書籍の可能性

そう。今はウェブで直販できるんですよ。

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングは印税率が35%、70%での出版が可能です。たとえば800円の電子書籍を売る場合、70%の印税であれば、

1,000冊×800円×70%=560,000円

の収益になるわけです。

たった1,000部の実売で、50万円以上入る

というのはなかなか衝撃的ですね。

かくいうぼくも、15冊ほどの電子書籍をリリースして、これまで40万円くらい稼いでいます。電子書籍は毎月10〜15万円程度の収入になりそうです。

note」で連載している記事をリライトして書籍にしているので、手間もかかっておりません。もう、紙で出す意味はほんとよくわからないなぁ……。

参考までに、ここら辺が売れ筋です。

文章で飯を食うなら、クラウドソーシングから。

読者のなかは「文章を書くのが得意だから、これを仕事にしたい」と思っている方もいると思います。そういう人には「ランサーズ」「クラウドワークス」「シュフティ」などの、「クラウドソーシング」がおすすめです。

クラウドソーシングを使えば、毎月1〜2万円はすぐに稼げるようになります。時給はアルバイト並かそれ以下ですが、案件をこなしてうまくなると、月収20万円くらい稼げますよ

私は現在、クラウドソーシング1本で稼いでいます。

いわゆる副業目的でこの仕事をしているのではありません。あくまでも本業になっているのです。特に何もアルバイトの掛け持ちなども、行っていません。実質的には、ほぼクラウドソーシング1本です。

具体的な金額は書きませんが、サラリーマンと同程度の収入は得ている状況です。

今の時代なら「引きこもってクラウドソーシングで毎月10万円稼いで、余力の範囲でひたすらブログを更新する」というのが、文筆業のおすすめルートですね。

 

イケハヤはもう本を書きません。面白い編集者以外とは。

最近はバブルなんで、実際デイリーで50万超える日は珍しくないですね。印税一冊分!

スクリーンショット 2018 01 20 16 26 45

「働いたら負けかなと思ってる」の名言で知られる田端さんからは金の亡者扱いされてますが!

逆説的に、「お金のために働かないで済む」状態になっているので、とても健康的です。

純粋に面白いプロジェクトだったり、純粋に意義があることだけにフォーカスできますからね。

お金がほしければブログ書いてればいいだけですから。

 

書籍はもうオワコンというか、よっぽどのテーマじゃないかぎり書き起こす気はしませんね……。

自分の考えをまとめるならブログでも十分ですし。

いやー、箕輪さん編集で、与沢さんとの共著はやりたいですね!金の亡者っぽい感じで!

 

ご案内。

イケダハヤトって誰?

30歳になってわかったこと

ブログは稼げる。月商500万円超えました!

月額4,980円のメディア研究所

2,980円の「ブログ運営の教科書」

出版レーベル「イケハヤ書房」創刊!

 

LINEでおすすめ本、セール情報配信中!

友だち追加数

一日中マンガ読んでるイケダの本棚。

「一巻で完結」のおすすめマンガ

「5巻以内完結」の面白いマンガ

 

人気記事セレクション。

1. 会社辞めたい?おすすめ転職サイト

2. 「強み」を無料で診断しよう。

3. おすすめグッズ、家電製品 by イケダハヤト

4. 移住初心者は「福岡」にいけ!

 

今日も元気にツイート中。


 

Instagramやってます

スポンサーリンク