賛否両論?イケダハヤトが物申す

「わたしはもっとできるはず」という危険なうぬぼれ

こちらの記事が素晴らしいので、思うところを書いてみます。

逃げろ、そして生き延びろ – インターネットの備忘録


危険なうぬぼれが身を滅ぼす

記事は実際に過労とストレスで休職をなさった方が、リアルに過去を振り返る形で綴られています。読んでいて胸が苦しくなります。

わたしは自己評価が低く、同時に完璧主義者なこともあり、自分の仕事に対して、常に自分で批判的でした。

120%の力を出して仕上げた仕事でも、もっとできたのではないか、もっとこうすべきだったのではないか、そんなことばかり考えていました。

「自分の仕事に100%の自信が持てない」そのために自分の時間をつぎ込んで、補填しようとしていたのです。裏を返せば、「わたしはもっとできるはず」といううぬぼれが招いた、自業自得の事態でした。

逃げろ、そして生き延びろ – インターネットの備忘録

この発想、とても危険だと思います。

高校時代、吹奏楽部で日々練習に励んでいたのですが、明らかに自分よりも優秀なプレーヤーに囲まれていて、常に劣等感に苛まれていたことを覚えています。何を演奏するにしても、自分の下手さを痛感することになり、練習や本番は常に苦痛でした。

きっかけは思い出せないのですが、あるとき閃いたように考え方が変わり、僕は劣等感から抜け出すことができました。

それまでは優秀なプレーヤーたちを見て、「俺は彼らのように、もっとうまくなれる」と考えていました。が、あるとき、どうやっても彼らには敵わないであろうことに、心底納得することができたのです。彼らは僕より才能も情熱もあるし、何より努力の量や、取り巻く環境が違いすぎました。

僕はそのことを知り、冷静に、短期的な成長を諦めることができました。自分の限界を正確に把握できるようになった、ともいえるかもしれません。


今の自分はここが限界

僕は楽器の演奏を通して、「自分はまだまだできる」といううぬぼれを捨て、「自分は”常に”自分なりの限界のパフォーマンスを出している」という冷静な直観にたどり着くことができました。これは演奏に限らず、何をするときにも通底する、僕の仕事上の価値観です。


例えばこの記事も、もっともっと質が良くなるかもしれません。理論上はそうです。実際、文章構成の見直しや、手の込んだイラストの挿入などで、記事の質は高まるでしょう。

でも、この記事をそのまま公開してしまう、ということに、僕の限界点があるわけです。今できていないということは、頑張っても難しいのです。これが僕の、現時点の限界なのです。

そんなわけで、僕は毎日ブログを更新し、トレーニングを積み重ね、この限界点は徐々に上方シフトさせようと努力しています。これまでの経験を振り返っても、やはり書けば書くほど、できることは増えていっています。5年後あたりには、イラストなんかも自前で書くようになるかもしれません。


ファイナルファンタジーで考える

無料
(2012.10.03時点)
posted with ポチレバ

ちょうど今ハマっているファイナルファンタジーで例えれば、「わたしはもっとできるはず」と考えて無理をするのは、「MPの最大値が低いのに、強力な魔法を使おうとする」状態に近いと思います。

頑張れば強力な魔法は出せるんですが、継続性はありません。MPの最大値が100しかないなら、消費MP99の「アルテマ」は1回しか打てません。

すぐに使い物にならなくなるよりは、無難に消費MP10の「ファイラ」を連発しておく方が、自分のためにも周囲のためにもなるでしょう。レベルがあがって、MPの最大値が700くらいになったら、ようやく「アルテマ」を連発できるようになるわけです。


自分は自分以上の存在に、短期的にはなれない

自分の限界を知ることは非常に重要です。今できないなら、それはできないんです。チェックが甘かった、気を抜いてしまった、そういうことも含めて、それは自分の限界です。トレーニングを重ねて、チェック能力を鍛えるか、気を抜いても質の高いものを生産できるようになりましょう。

僕が推奨したいのは、「自分は自分以上の存在に、短期的にはなれない」という諦めを胸に抱きつづけることです。自分の無力を実感したら、それをそのまま、自分の限界として諦めて、受け止めましょう。

「自分はもっとできる(できた)はずだ」なんてことを考えて、ムチを打つ必要はありません。足りない部分が分かっているのなら、冷静にそこを補うトレーニングを積み重ねるだけです。


トレーニングを積んでも一流になれないなら、逃げる

さらに言うと、自分の限界点が明らかに頭打ちであることが分かる場合は、トレーニングそのものをやめて、別の道を模索するべきです。

例えば僕は「営業」に関しては、トレーニングを積み重ねても、一流になる前に自分が壊れてしまう確信があります。

身体的能力や性格、外部の環境によっては、どうあっても「一流にはなれない」領域があると僕は考えます。僕が取り組んでいる「ブロガー」という仕事は、捨てて捨てて逃げて逃げ回って…ようやく残った領域なのです。


関連本。こういう考え方はアスリートの方にも通じるところがある気がします。こちらの一冊は激しくおすすめ。

(プレゼント付き)自力で稼ぐ力を付ける!1年間の無料メール講座。

イケハヤです。

収入に不満がある

不労所得がほしい

自力で稼げるようになりたい

そんなあなたのために!

「ゼロから自力で稼ぐ力を付ける」をテーマにした無料メール講座を作りました。

一応注意すると、甘い話は書いてありませんよ。けっこう厳しめに教えてます。

優しく教えても、なかなか変わりませんからね……。

途中で嫌になって解約する人もけっこういますw

 

無料でいつでも解約できるのでご安心を!

このメール講座をしっかり受講し、提案される行動を取ってもらえれば……。

1年間で月2〜3万円稼げるようになるはずです

人によっては、もっといけるとも思います。

本メール講座では、以下のような内容を収録しています。

  • 有料販売している教材のプレゼント
  • 稼ぐためのマインドセット
  • 情報商材詐欺にあわないための知識
  • 初心者がまずやるべきこと
  • ツイッターの使い方(課題達成者には無料コンサル1回
  • ブログアフィリエイトの始め方
  • コンテンツ販売で稼ぐノウハウ
  • YouTubeで稼ぐ方法
  • 最新おすすめ副業徹底解説
  • 副業を始めるときのベストな考え方
  • 資産運用の基礎的な知識
  • 絶対にやっておくべき節約術

 

などなど……。

伝えておくべき内容が出てきたときは、号外で最新情報も提供します。

繰り返しですが、すべて無料です。

noteなどで有料販売している教材をちょくちょくプレゼントしてるので、ぶっちゃけかなりお得です……。

最初のメール講座にもプレゼント教材(ブログ、SNS、YouTube「最初の1円」を稼ぐためのルートガイド)入れてあるので、ぜひご活用ください〜。

 

 

 

【YouTube攻略の秘訣を教えるメール講座】

メール講座が非常に反響がいいので、追加でもうひとつ作りました。

YouTubeで稼ぎたい方はこちらもどぞ!

 

Secured By miniOrange